◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0540 2018/8/1)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今日から8月。そう聞いても、今年はずっと暑い日が続いてうんざりしているので「いよいよ夏本番か♪」なんて気分にはなりませんね。今日は昨日よりも暑くなり、北海道から沖縄にかけて42の都道府県に対し、気象庁から高温注意情報が発表されました。最高気温が35℃以上になるので熱中症にならないように気を付けましょう…と。
42都道府県…ほぼ全国です。北から南まで35度以上の猛暑日なんですから、たとえ明治生まれの頑固おやじでも「エアコンは贅沢」なんてもう言っていられないですよね。
私も長年、エアコンは使わない主義で通してきたのですが、一昨年、仔猫を貰ってきてからその考えを改め、猫の為に、夏も冬もエアコンを使うようになりました。
しかし、一昨年の夏、スイッチをこまめに切ったり入れたりした結果、電気代がひと月2万円近くかかってしまったのです。これはマズイ。エアコン使わないわけにもいかないし…。そこで、去年の夏、以前から気になっていた噂、「エアコンは24時間つけっぱなしがお得」を検証してみたのです。「エアコンは、スイッチを入れて立ち上げた時が一番電気を使うから、運転しっぱなしの方が、電気代が安くて済む」という噂です。7月から9月の半ばまで、一度も電源を切らずに28度設定で自動運転を続けました。すると、電気料金がなんと前年の半額で済んだのです!!大喜び!
しかし、そこには大きな代償が。エアコン、壊れた…。
冬になって、夏と同じように入れっぱなし運転しようとしてみたら、エアコンが言うことを効かないんです。コンセントをさしておくと、こっちのコントロールを全く無視して、勝手にエアコンを運転したり運転をやめたりと暴走するようになってしまったのです。
「24時間つけっぱなしがお得」説の検証記事 https://nikkan-spa.jp/1497246 に載っていましたが、エアコンはそもそも24時間運転の設計になっていないので、メーカーとしてはつけっぱなしはお勧めしないとのことでした。電気料金についても、最新のエアコンは様々な新機能がついているし、加えて、電気の契約プランによっても変わって来るので一概にお得とは言い切れないのだそうです。ご注意くださいね!!
さて、本日のTOCOMマーケット、日銀が昨日、当面は低金利を維持するとの方針を示したことなどで円安が進み貴金属は上昇しました。原油とガソリンは、OPECの7月の生産量が過去最高になったことや、米国とイランの緊張が後退していることなどで需給が緩むとの観測が広まり軟調に終わりました。大豆が米中貿易協議再開期待で大きく上昇しています。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期 Lesson17「先物取引 2」
コメンテーター:小次郎講師
「ヘッジというのは、リスクを回避するための防止策。商品の生産者は(プラチナや金の採掘、原油の掘削、穀物農家など)現物を生産し供給する役割がありますが、将来現物価格が下落して、コストを下回るリスクにさらされています。
現物を生産、保有し売却するまでの間の下落リスクを避けるために先物市場で、先にコストに見合う価格で売る権利を獲得することで価格下落リスクを回避するのがヘッジです。
現物保有の生産者が先物で売りを作るのが基本ですね。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/07/player-2018731.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180730/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/07/26/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/8/1
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、軟調
NY原油が供給ひっ迫懸念の後退で下落した流れを引き継いで、TOCOMドバイ原油の日中取引は軟調に始まりました。その後もNYの軟化を眺め、弱地合いが続きました。今日発会の先限(2019年1月限)は、49,710円。その他限月は600円~490円安。

☆金、続伸
NY金相場の上昇と円安を受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後は、円安進行とNYの軟化の強弱材料の交錯で横ばいで推移しました。中心となる先限(2019年6月限)は、26円高の4,389円。その他限月は、26円~29円高。ゴールドスポットは26円高の4,397円。金現物取引 100gは、30円高の4,440円。

☆白金、続伸
NY白金高を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後も円安上昇に支えられ、高値圏で推移しました。中心となる先限(2019年6月限)は、38円高の3,011円。その他限月は、31円~46円高。プラチナスポットは39円高の3,011円。パラジウム(2019年6月限)は55円高の3,207円。

☆ゴム、4日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、手掛かり材料を欠き前日と同値で始まりました。寄り付き後、上海の下落を受けて水準を切り下げると、そのまま安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2019年1月限)は、50銭安の169円90銭。その他限月は60銭~10銭安。

☆とうもろこし、3日続伸
シカゴとうもろこしの上昇と円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後もシカゴ相場の底堅さを眺めて強含みに推移しました。中心となる先限(2019年7月限)は330円高の24,740円。その他限月は、290円安~440円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +2.85%
2位 パラジウム +1.74%
3位 とうもろこし +1.35%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン -1.04%
2位 バージ灯油 ー0.96%
3位 小豆 -0.30%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 30,886枚
2位 白金標準取引 11,821枚
3位 プラッツドバイ原油 11,460枚

全商品合計取引高(先物) 80,275枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 289.00 (前日比: -1.13)

<参考コラム>
・金の工業用途
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/34061

・市場とは何か その8
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/34053

・OPECの減産順守率は予定通り低下中
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/34042

<参考ニュース>
・長期金利、0.120%に上昇 「緊急証拠金」2年ぶり発動 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33662010R00C18A8EE8000/

・円、1ドル=112円05銭近辺に一段安 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL01HM8_R00C18A8000000/
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿