◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0545 2018/8/8)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

料理に関するちょっと驚きの事実を知りました。
「男性の8割近くが週に一回、35%が毎日一回は料理をしている」んですって!
特に週末の夕食はお父さんが腕を奮うことで、家族のコミュニケーションの手段として活用されている…そんな傾向があるんだそうです。
確かに最近、男友達と話をしていると、ペニンシュラのXO醤が美味しいんだ…とか、燻製オリーブオイルをハムやチーズにかけると高級な味になる…とか、よく知っているなぁと感心することが多いです。
お料理レシピに関しても、女性のニーズと男性のニーズとではちょっと違っているみたいで、今、こんな専用サイトが出来ているんですね!
「オリーブオイルをひとまわし」 https://www.olive-hitomawashi.com/
“男の料理は知識でうまくなる”がコンセプトの男性向けの料理メディアで、3ステップで完成するレシピや、知っているだけで料理がうまくなるコツなどを紹介しています。
2016年12月のサービス開始以降、着実にユーザー数を伸ばし、今や月間ユーザー150万人を突破。国内最大級の男性向け料理メディアに成長しているんだそうです!
覗いてみると、生活や健康についての豆知識など、料理以外の分野の情報も豊富で、かなり充実しています。実は、冒頭のアンケート調査も、このサイトが手がけたもの。私も今日覚えた「切れ味の悪くなった包丁を復活させる裏技」早速試してみるつもりです。
苦手だから…なんて家事を全くしない方、ノータッチでいると家族からリストラされちゃうかもしれませんよ。こんなサイトを利用して、週末のお料理から始めてみてはいかがでしょう?
さて本日のTOCOMマーケット、原油は米国の対イラン制裁再開で続伸。一時、約1週間ぶりに節目となる5万円台を回復しました。ゴムは上海高を眺め、3日続伸。金・白金は、決め手材料に欠き、まちまちな結果となりました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「オプション取引の基礎知識」
コメンテーター:伊藤祐輔さん(シンプレクス・インスティテュート 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson1「ファンダメンタルズ分析とチャート分析」
コメンテーター:小次郎講師
「価格は何によって動くと思いますか?最終的には、売り手と買い手の力関係が価格を動かすのですが、売り手と買い手の力関係は何によって変化するでしょうか。
ファンダメンタル(企業業績・景気等に影響する材料)要因が70%、トレンド20%、人気思惑が10%。そしてそれを分析する手法は、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の大きく2つに分けられます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/08/player-201887.html
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180806/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/08/02/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/8/8
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、続伸
前日のNY原油が、米国のイラン制裁再開などを背景に上昇した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油の日中取引は高寄りしました。その後、NY原油の堅調を眺めて上げ幅を拡大し、一時1週間ぶりに5万円台を回復すると、その反動と円の引き締まりで、大引けにかけて水準を切り下げました。中心となる先限(2019年1月限)は、320円高の49,950円。その他限月は300円~340円高。

☆金、小幅反発
前日のNY金相場が小幅ながら反発した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後、NYの堅調を映し水準を切り上げましたが、終盤に円の引き締まりを眺めて上げ幅を削りました。中心となる先限(2019年6月限)は、2円高の4,327円。その他限月は、変わらず~9円高。ゴールドスポットは1円安の4,335円。金現物取引 100gは10円高の4,380円。

☆白金、続落
NY白金高を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、取引中のNY高を眺め、上げ幅を拡大する場面もありましたが、終盤に円高に押されてマイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2019年6月限)は、5円安の2,964円。その他限月は、3円安~24円高。プラチナスポットは34円高の2,979円。パラジウム(2019年6月限)は6円安の3,085円。

☆ゴム、3日続伸
夜間取引の堅調地合いを引き継ぎ、TOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後、上海相場高を眺めて水準を切り上げ、一時、174円50銭と7月19日以来、約3週間ぶりの高値を付けました。中心となる先限(2019年1月限)は、2円60銭高の174円00銭。その他限月は10銭~1円90銭高。

☆とうもろこし、反落
前日のシカゴとうもろこし相場が、米国の産地の降雨予報を材料に下落した流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。寄り付き後は、取引中のシカゴ相場の値動きを映して、始値をはさんでのもみ合いに終始しました。中心となる先限(2019年7月限)は150円安の24,060円。その他限月は、90円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.52%
2位 プラチナスポット +1.15%
3位 プラッツドバイ原油 +0.64%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.62%
2位 小豆 ー0.30%
3位 パラジウム -0.19%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 25,450枚
2位 金標準取引 14,785枚
3位 ゴム 8,139枚

全商品合計取引高(先物) 65,720枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 288.01(前日比:+1.07)

<参考コラム>
みんコモ
・市場とは何か その9
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/34192

・NY金に対するファンドの空売り残が多くなっている
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/34183

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 米のイラン制裁再開で、金は小反発 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y8A800C1000000/

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿