◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0563 2018/9/3)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

始めにお知らせです。台風21号が明日本州に上陸する見込みで、関東地方も明日の夕方から深夜に警戒の必要が出てきました。毎週火曜日にTOCOMスクエアで開催している「TOCOM投資スクール」は、明日9月4日は休講いたします。ご了承ください!!

「サラダチキン」の売れ行きが、好調だそうです。
脂の少ない鶏の胸肉を、柔らかく蒸して、薄く味付けをして、真空パックにしたもので、100gあたり約105kcalと低カロリー。それでいて高タンパク。ダイエットにとても適している上に、コンビニエンスストアで手軽に手に入る…というわけです。
2013年にセブンイレブンが発売して、その後、ローソン、ファミリーマートが追随し、今では、ほとんどのスーパーでも扱うようになっているそうです。サラダチキンの需要増加によって、国産鶏むね肉の価格も上昇。昨年度の平均価格は前年度に比べて2割ほど上がり、もも肉との価格差が縮まってきているとか。
精肉価格に変化を与えるほど大ヒット商品となったサラダチキン。私も、昨年約一年間、糖質制限ダイエットをしていた時にとてもお世話になりました。ただ、ずっと食べ続けていると、薄い味付けが裏目に出て、飽きちゃうんですよね…。で、最近は殆ど手を出していなかったのですが、昨日、セブンイレブンで何気なく棚を見ていて発見!サラダチキン専用の合わせ調味料が販売されているんですね。
サラダチキンで作る「参鶏湯」、「スンドゥブチゲ」、「ミネストローネ」、そして今人気の「チーズタッカルビ」風スープ。これならサラダチキン、飽きずに食べられそうですね。
調べてみたら、サラダチキンをメイン食材とした料理を集めた料理サイトやレシピ本もあるんですね。
「サラダチキンをもっと楽しむアレンジレシピ」http://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00547.html
「サラチキめし(セブン&アイ出版)」https://7net.omni7.jp/detail/1106879677
「サラダチキン 効果絶大ダイエット (タツミムック)」http://www.tg-net.co.jp/item/4777816192.html
私もサラダチキンダイエット、再チャレンジしてみようかな。でも、去年のように完全な糖質カットをするとまた身体を壊してしまうので、今度は必要な糖質や油はちゃんと摂るつもりです。
さて本日のTOCOMマーケット、貿易摩擦の不安による海外相場安と円相場の引き締まりでほぼ全面安となりました。とうもろこしと大豆は、先週末のシカゴ高の流れを受けて反発しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「今から考えたい、役職定年と運用環境」
コメンテーター:野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
キャスター:山本 郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「今週も新興国通貨の下落がとまりません。アルゼンチンの政策金利は60%。ここまで金利をあげても、海外資金が集まるのか疑問が残ります。そもそもこんなに金利が高くて借金を返せるはずがありません。
トルコやアルゼンチンを始めとした新興国通貨の下落は、米金利の上昇というより、債務残高の高さや政治など、その国自体に原因があります。
一方この新興国通貨の下落の動きに対して、動かないのがドル円。今週もみごとなレンジ相場です。ドルも円もどちらも【安全資産】として意識され、リスク回避の「円高、ドル高」の綱引きとなっていることが理由です。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/08/player-2018831.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

【【【TOCOMリアルトレードコンテスト入賞者を悪用したウェブサイトに関するご注意】】】
第1回TOCOMリアルトレードコンテスト2位入賞者の名前を悪用したウェブサイトが存在しています。
入賞者ご本人および当社とは一切関係がございませんので、ご注意ください!

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180827/

【お知らせ】
TOCOMスクエアTVでは、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大氏を迎え、四半期に一度のゴールド特別番組を公開中です。是非ご覧ください!
『WGC2018年第2四半期・需給分析レポート解説』
https://tocomsquaretv.com/20180822wgcspecial/
『リーマンショックから10年 金市場を俯瞰する』
https://tocomsquaretv.com/20180822special/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/08/30/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/9/3
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、軟調
米国と各国の貿易摩擦の不安から原油需要が細るとの観測が広まり先週末のNY原油相場が反落。その流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油の日中取引は寄り付きから軟調に推移しました。昼過ぎに、一時、下げ止まる場面もありましたが、終盤に再び下落に転じました。中心となる先限(2019年2月限)は、50,300円。その他限月は350円~250円安。

☆金、続落
NY金相場が先週の大引けの水準を下回っていたため、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。寄り付き後にNY金の軟化を眺め、下げ幅を拡大する場面もありましたが、その後、NYの戻りを映して始値近辺まで戻しました。中心となる先限(2019年8月限)は、14円安の4,271円。その他限月は、24円~8円安。ゴールドスポットは、6円安の4,288円。金現物取引 100gは変わらずの4,330円、1kgは4,310円。

☆白金、続落
NY白金安を眺め、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りし、その後、NY白金の軟化と円の引き締まりを背景に水準を切り下げました。中心となる先限(2019年8月限)は、24円安の2,802円。その他限月は、31円~8円安。プラチナスポットは16円安の2,811円。パラジウム(2019年8月限)は、変わらずの3,266円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、円相場の上昇を受けて安寄りし、その後、上海相場の軟調や原油安を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年2月限)は、4円60銭安の169円10銭。その他限月は4円50銭~3円70銭安。

☆とうもろこし、反発
前週末のシカゴとうもろこし相場高を受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、円の引き締まりなどに頭を押さえられました。中心となる先限(2019年9月限)は250円高の23,610円。その他限月は、220円~350円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +1.07%
2位 大豆 +0.02%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -2.65%
2位 プラッツドバイ原油 -1.22%
3位 銀 -1.15%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 32,735枚
2位 白金標準取引 13,134枚
3位 ゴム 10,596枚

全商品合計取引高(先物) 82,801枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 288.19(前日比: -1.48)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・イランの貿易収支と原油価格
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/34672

・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/34663

・世界の天然ゴム需給は供給不足!!
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/34633

<参考ニュース>
・今夏のガソリン出荷3%増 好天・猛暑が消費押し上げ (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34899540T00C18A9MM0000/

・NY商品、原油が反落 持ち高調整の売り、貿易摩擦も警戒 金は小反発 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R00C18A9000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿