◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0564 2018/9/4)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

難聴、耳鳴りといった、耳のトラブルを抱えている人は、全国に2,000万人以上いるんですって。
難聴なんていうと、歳を重ねたから…と思う方も多いかもしれませんが、今むしろ問題になっているのは、若い人たちの難聴。スマートフォンや携帯ゲーム機が普及したことで、大音量やイヤホンで音を聴き続けることが増え、若くして「スマホ難聴」「イヤホン難聴」を患ってしまう人が増えているのだそうです。
かく言う私も、突発性難聴や耳鳴りに悩まされた経験あり。まあ、私の場合は、繊細なので、精神的ストレスによるものだということですけれど…まあその真偽はさて置いて、難聴や耳鳴りの経験がある方はお分かりだと思いますが、初期にステロイド剤を処方されて上手く症状が治まる場合もあるのですが、そのタイミングを外すと、後は、血行を良くする漢方薬を飲んだり、睡眠をたっぷりとり、なるべく身体を冷やさないよう言われたりするくらいで、まあ地道に治療を続けて行かなくてはならない…というものだったのですが、今、CDを聴くだけで、耳の不調を改善し、耳の老化や難聴、耳鳴りを防ぐという聴力回復メソッド「聴くトレ」が話題になっているんですって。
今まで独自のメソッドで3万人の耳の不調を改善したという、凄腕の先生が監修したCD
『聴くだけで自律神経が整い耳がよくなるCDブック』価格:本体1200円+税
https://www.amazon.co.jp/dp/4058009527/
どの周波数まで聴こえるかで自分の耳の老化度もチェックできるそうです。
耳のトラブルで悩んでいる方、もしかしてちょっと難聴になっているかなって気になっている方、試してみてはいかがでしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケットは、円安を好感してほぼ全面高となりました。原油はイランからの供給が減少するとの観測で反発。金・白金も3日ぶりに反発しました。唯一ゴムは、上海の軟化を眺めて3日続落しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson5「天井圏の上ヒゲ・底値圏の下ヒゲ、連続陽線・連続陰線」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「今から考えたい、役職定年と運用環境」
コメンテーター:野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「役職定年という言葉を耳にする機会が最近増えてきました。役職手当が外れる、ボーナスの査定が変わる…と家計を直撃するのは勿論、働き方が変わって心理的な影響も及ぼす制度と言えます。
実際の定年よりも数年前にやってくる役職定年。その時期を迎えて、こんなはずじゃなかった!想定外だった!!と慌てても遅いのです。老後に向けてのプランは40代から考えておきましょう。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/09/player-201893.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

【【【TOCOMリアルトレードコンテスト入賞者を悪用したウェブサイトに関するご注意】】】
第1回TOCOMリアルトレードコンテスト2位入賞者の名前を悪用したウェブサイトが存在しています。
入賞者ご本人および当社とは一切関係がございませんので、ご注意ください!

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
【商品先物】新興国通貨が急落中!
【金】信用不安懸念でGOLD価格は?
【原油】米国ガソリン価格4年ぶりの高値!
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20180903/

【お知らせ】
TOCOMスクエアTVでは、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大氏を迎え、四半期に一度のゴールド特別番組を公開中です。是非ご覧ください!
『WGC2018年第2四半期・需給分析レポート解説』
https://tocomsquaretv.com/20180822wgcspecial/
『リーマンショックから10年 金市場を俯瞰する』
https://tocomsquaretv.com/20180822special/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/08/30/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/9/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反発
取引中のNY原油が前日の大引けの水準を上回っていたことから、TOCOMドバイ原油の日中取引は高寄りしました。その後は手掛かり材料を欠き、狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2019年2月限)は、630円高の50,930円。その他限月は570円~800円高。

☆金、3日ぶり反発
円安を受けてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、取引中のNY金相場の軟化を眺め一時マイナス圏に値を沈める場面もありましたが、大引けにかけて為替が円安に振れたため始値の水準に値を戻しました。中心となる先限(2019年8月限)は、6円高の4,277円。その他限月は、変わらず~15円高。ゴールドスポットは、変わらずの4,288円。金現物取引 100gは10円高の4,340円。

☆白金、3日ぶり反発
円安を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後、一時マイナス圏に沈む場面もありましたが、円の軟化を眺めて大引けにかけて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年8月限)は、13円高の2,815円。その他限月は、13円~22円高。プラチナスポットは13円高の2,824円。パラジウム(2019年8月限)は、27円高の3,293円。

☆ゴム、3日続落
上海ゴム相場の下げ一服と円の軟化を受けてTOCOMゴム市場の日中取引は小高く寄り付きましたが、その後、上海相場が再び軟化したのを眺めてやや水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2019年2月限)は、30銭安の168円80銭。その他限月は30銭~10銭安。

☆とうもろこし、続伸
円安を好感してTOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、決め手材料を欠き、狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2019年9月限)は150円高の23,760円。その他限月は、10円~170円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.25%
2位 バージガソリン +1.15%
3位 バージ灯油 +1.08%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -0.18%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 18,757枚
2位 プラッツドバイ原油 9,833枚
3位 ゴム 7,613枚

全商品合計取引高(先物) 55,529枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.60(前日比:+2.41)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ニュース>
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿