◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0572 2018/9/14)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

「今日はセプテンバー・バレンタインです!!」
朝からなんだかワイドショーがうるさいなぁ…と思っていたのですが、2月14日のバレンタインデーに続き、3月14日がホワイトデー、4月14日がオレンジデーだとかで、(どうせ、どこかの団体が何かの商品を買わせるためのキャンペーンの日だろう…)って聞き流していたのです。
ところが、TOCOMスクエアのコミュニケーションロボット「パルロ」まで、「今日はセプテンバー・バレンタインって知っていましたか?女性から別れ話を切り出してもよいとされる日なんだそうです。」なんて言い出すものだから、驚いて調べてみたんです。
すると確かに出てくる出てくる。色んなサイトに「9月14日、バレンタインデーから丁度半年で女性から別れを言い出してもよい日」と書かれています。
しかも、別れを切り出すにはそれなりの流儀があるのだとか。紫色のアイテムを身につけて、白いマニキュアを塗り、緑のインクで書いた別れの手紙を手渡すというもの。
なかなか難易度が高いですね。紫のアイテムっていうのも結構センスが必要なのに、その一方で秋なのに、白いマニキュアって…思いっきり夏の色。そもそも今はジェルネイルが主流だから、この日の為だけに高い施術料を払って白くするなんて不経済だし。緑のインクは目に優しい色だから、せめて最後の思いやりってところでしょうか。
今日は、紫のアイテムを持って白い爪をしている女性がいるかどうか、観察しながら過ごそうと思います。
ところで、セプテンバー・バレンタイン、いつ頃からあるものなのでしょうか?
北海道を拠点に活動しているシンガーソングライターの佐々木幸男さんの1978年リリースの曲「セプテンバー・バレンタイン」の歌詞を見ると確かに女性から別れを切り出した曲のようです。 http://j-lyric.net/artist/a051253/l021fbc.html
けっこう前からあった記念日なんですね。驚きました。
ちなみにバレンタインデーは1958年から、ホワイトデーの前身と言われるマシュマロデーが1978年からと言われていますが、ホワイトデーよりも歴史が古いのかもしれませんね。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は、ハリケーンへの警戒などが薄れてNY原油が反落したため、その流れを受けて続落しました。石油製品も下落しています。白金はNY高を受けて4日続伸です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「新興国通貨がもたらすコモディティ安」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「2018年、インフレ台頭が予想されていましたが、米国の利上げでドル高進行。新興国通貨の下落がコモディティ市場にも大きな影響を及ぼしています。特に8月に大きく下落したトルコリラに連れて、新興国通貨が軒並み安となり、通貨安となった国の農業や産業の分野での生産シェアの大きいコモディティの下落を促してしまいました。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/09/player-2018913.html

【お知らせ】
9月8日に開催された「コモディティ・フェスティバル2018 in 大阪」の模様が、マーケット・トレンドブログに紹介されました。
http://blog.radionikkei.jp/trend/cfes2018_osaka.html
いよいよ9月22日は東京開催です。皆様のご参加をお待ちしております!
お申し込みはこちら→ http://cfes.jp/
□■セミナー情報 □■
コモディティフェスティバル2018のスピンオフ企画 TSR上場記念セミナー「勝つトレーダーになるために必要なこと<実践編>」を10月6日(土)13:30~16:00、TOCOMスクエアセミナールームで開催します。
勝つトレーダーになるための普遍的な取引手法・戦略、マーケットで生きていくための重要なポイントについて、商品アナリスト 小菅努氏、バーグインベストCEO吉中晋吾氏にお話いただきます。ただ今お申込み受付中です。
https://cfes.jp/tsr/

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180910/

【お知らせ】
TOCOMスクエアTVでは、特別企画として、10月9日に上場が予定されているTSR(技術的格付けゴム)について全5回シリーズで、基礎編~取引の魅力まで、広くご紹介していきます。第1回TSRの基礎・第2回TSRの需給は公開中です。どうぞご覧ください!
https://tocomsquaretv.com/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/08/30/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/9/14
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、続落
ハリケーンへの警戒感の後退などで需給ひっ迫観測が薄れ、前日のNY原油が反落。その流れを受けて、TOCOMドバイ原油の日中取引は安寄りしました。その後はNY相場の軟調を映して下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年2月限)は、530円安の51,020円。その他限月は560円~220円安。

☆金、4日続伸
米中貿易協議再開への期待で米株式が上昇したことから昨日のNY金相場は反落しましたが、円安にサポートされてTOCOM金相場日中取引は高寄りしました。午後に円がやや引き締まり上げ幅を削る場面もありましたが、NY相場の戻りを眺め水準を切り上げました。中心となる先限(2019年8月限)は、21円高の4,322円。その他限月は、14円~20円高。ゴールドスポットは、15円高の4,336円。金現物取引 100gは20円高の4,390円。

☆白金、4日続伸
前日のNY白金が4日続伸。加えて円の下落を受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後もNYの堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年8月限)は、31円高の2,894円。その他限月は、30円~43円高。プラチナスポットは41円高の2,907円。パラジウム(2019年8月限)は、14円高の3,310円。

☆ゴム、4日続伸
円安を受けてTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしましたが、その後は連休前の様子見で小幅レンジで推移し、やや上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年2月限)は、30銭高の167円90銭。その他限月は20銭安~20銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反発
前日のシカゴ相場安を円安が打ち消し、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後は、シカゴ相場・円相場ともに動意に乏しく狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2019年9月限)は20円高の23,380円。その他限月は、40円安~80円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +1.43%
2位 白金 +1.08%
3位 小豆 +1.02%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.03%
2位 バージ灯油 -0.72%
3位 バージガソリン -0.54%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 38,902枚
2位 プラッツドバイ原油 15,588枚
3位 白金標準取引 10,674枚

全商品合計取引高(先物) 81,961枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 292.18(前日比: -1.05)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・トウモロコシ、豊作の下でのハーベストプレッシャーを浴びて一段安へ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/34869

・原油など強気相場と白金など弱気相場に二極化するコモディティ
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/34850

・サウジの増産示唆をきっかけに、OECD石油在庫の減少が止まっていた
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/34855

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 ハリケーンへの警戒感が後退 金も反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U8A910C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿