◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0579 2018/9/27)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

三越伊勢丹ホールディングスが、構造改革のため昨日発表した閉店計画。その3店舗の中に私の地元の新潟三越が含まれていました。2020年3月に閉店とのこと…ショックです。
この夏に、東京での東京タワーにあたる、新潟市のシンボル「レインボータワー」が老朽化のため解体され、大きな悲しみに包まれたばかりだったのに。昨日のSNSには三越閉店を惜しむ声が溢れていました。
新潟市の中心、古町に1936年「小林百貨店」として開業。その前身「小林呉服店」の開業が1907年からで、去年開業110周年を祝ったばかりでした。1980年に「三越百貨店」に改名し、私の思い出にはこの名前が刻まれています。
三越百貨店は新潟ではナンバーワンのデパート。子供の頃、年に1度あるかないかですが、大切な買い物があると家族全員で約1時間電車に乗って出かけたものでした。買い物が終わると7階の食堂でお子様ランチを食べて、その同じ階にあった屋上遊園地でゴーカート(パンダに跨ってお金を入れるとぱーぽー・ぱーぽ―動き回る“メロディーペット”なるものは、まだ無かった)に乗って…と夢のような楽しい一日で、忘れられない大切な思い出です。そういえば大学の入学式で着たワンピースも、成人式で着たワンピースも、三越で買いました。もしかして小学校の入学式のワンピースも三越だったかもしれません。
しかし、三越の閉店は新潟市の古町にとっては大きな痛手です。2010年に大和デパートも閉店し、数年前にラフォーレ原宿・新潟も閉店。三越が無くなると新潟市一番の繁華街で百貨店がゼロになっちゃうんです。待ち合わせのスポットだった老舗書店も、名物喫茶店も閉店。シャッター街と化し、県外の観光客から「新潟市の繁華街に行きたいのですが…」と古町に居ながら尋ねられる始末。かつては北前船の寄港地として栄え、新橋、祇園と並ぶ日本3大花街と呼ばれた古町なのですが…。
地方都市の中心市街地衰退問題が叫ばれるようになってもう30年ほど。国土交通省でも「まちづくり三法」など制定し街の再生に取り組んでいますが、衰退の一途をたどるばかり。本当に寂しいです。
皆さんの故郷はどうでしょう。元気ですか?
さて、本日のTOCOMマーケット、円高で全般に頭を押さえられましたが、原油は海外相場の上昇を眺めて続伸。ガソリンとともに約3年10か月ぶりの高値を更新しました。金、白金は円高を嫌気して下落。とうもろこしは、シカゴ安を受けて安寄りしましたが、その後、堅調に推移して4日続伸となりました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
コメンテーター:山内弘史さん(石油ガス・ジャーナル 顧問)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「TSR上場~ゴム市場の今後のポイント」
コメンテーター:小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「10月9日TOCOMに新しいゴム先物としてTSRが追加上場します。現在は天然ゴム先物としてRSSが上場していますが、今後のゴム先物市場はRSSとTSRの二本立てとなります。
元々、世界的にはTSRが主流で、欧州系のタイヤメーカーはTSRを使用することが多いのですが、日本は伝統的にタイ産への依存度が高く、タイで主流だったRSSの輸入量が多かったため、これまでTOCOMではRSSが取引されていました。近年、インドネシア産への依存度が高まってきたおり、TSRへの需要シフトが発生、TOCOMにTSRも追加上場することとなったのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/09/player-2018926.html

【お知らせ】
「コモディティ フェスティバル2018」のスピンオフ企画
天然ゴムTSR上場記念セミナー『勝つトレーダーになるために必要なこと<実践編>』を
10月6日(土)13:30~16:00、TOCOMスクエアセミナールームで開催します。
勝つトレーダーになるための普遍的な取引手法・戦略、マーケットで生きていくための重要なポイントについて、商品アナリスト 小菅努氏、バーグインベストCEO吉中晋吾氏にお話いただきます。ただ今お申込み受付中です。
https://cfes.jp/tsr/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180925/

【お知らせ】
TOCOMスクエアTVでは、特別企画として、10月9日に上場が予定されている天然ゴムTSR(技術的格付けゴム)について、シリーズで基礎編~取引の魅力まで、広くご紹介していきます。
第1回TSRの基礎・第2回TSRの需給・第3回TSRの価格・第4回TSRの要所は公開中です。どうぞご覧ください!
https://tocomsquaretv.com/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/9/27
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、3日続伸
EIAの発表で米原油在庫が予想に反して増加したため前日のNY原油は反落。その流れを引き継いで、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小安く寄り付きましたが、その後NY相場の戻りを眺めて堅調に推移しました。一時、54,250円と2014年12月3日以来、約3年10か月ぶりの高値をつけました。中心となる先限(2019年2月限)は、300円高の54,130円。その他限月は30円~310円高。ガソリンも3年10か月ぶりの高値水準です。

☆金、反落
ドル高で前日のNY金相場が反落したことに加え、円相場が上昇したためTOCOM金市場の日中取引も反落して始まりました。その後は、円がやや軟化し水準を切り上げる場面もありましたが、引けに掛けて円相場が再び上昇し、下げ幅を広げました。中心となる先限(2019年8月限)は、30円安の4,319円。その他限月は、30円~27円安。ゴールドスポットは、30円安の4,334円。

☆白金、3日続落
前日のNY白金相場は3日ぶりに反発しましたが、円高に頭を押されてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、プラス圏に切り返す場面もありましたが、終盤は再びマイナス圏に値を沈め始値の水準で取引を終えました。中心となる先限(2019年8月限)は、4円安の2,976円。その他限月は、7円~1円安。プラチナスポットは5円安の2,999円。パラジウム(2019年8月限)は、20円高の3,621円。

☆ゴム、3日続落
夜間取引の堅調を引き継ぎ、TOCOMゴム市場の日中取引は小幅高で寄り付きましましたが、寄り付き後に円高を嫌気して一段水準を切り下げ、マイナス圏で推移しました。中心となる先限(2019年3月限)は、1円90銭安の167円10銭。その他限月は3円60銭~2円60銭安。

☆とうもろこし、4日続伸
前日のシカゴ相場がこのところの上昇の反動で下落したのを眺めて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は反落しこの日の安値で寄り付きました。その後はもみあいながら徐々に水準を切り上げ、小幅ながらプラス圏に浮上して取引を終えました。中心となる先限(2019年9月限)は30円高の23,640円。その他限月は、100円安~450円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +0.64%
2位 プラッツドバイ原油 +0.56%
3位 パラジウム +0.56%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -1.12%
2位 金 -0.69%
3位 ゴールドスポット -0.69%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 34,487枚
2位 プラッツドバイ原油 14,791枚
3位 ゴム 14,672枚

全商品合計取引高(先物) 90,155枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 303.27(前日比:+0.13)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米中貿易戦争と毎年8月の世界の石油消費量
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35105

・米シェールオイル主要地区のDUCが増加中
【著者】吉田 哲

米シェールオイル主要地区のDUCが増加中

<参考ニュース>
・車関税上げ回避も薄氷続く 日米が物品貿易協定交渉 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35810230X20C18A9000000/

・NY商品 原油が反落、原油在庫の増加を嫌気 金も反落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X20C18A9000000/

・FRBが3カ月ぶり利上げ 20年中の打ち止めも示唆 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35806270X20C18A9000000/?n_cid=SPTMG053

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿