◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0584 2018/10/4)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

資生堂が「ストレス臭」を発見したと10月2日に発表し、世のサラリーマンを中心に激震が走ったようです。ネット上に驚愕の声がたくさん上がっていました。それもそのはず。ストレス臭は「ラーメンの上に浮いたネギ」のような臭いだというんですもん。
ラーメンの匂いではないですよ。ネギの臭いですから!
以前から体臭が強くなる原因の一つにストレスがあることは指摘されていましたが、この度、その原因と正体を資生堂が突き止めたのだということです。
その正体とは「ジメチルトリスルフィド」と「アリルメルカプタン」
資生堂によると、人は皮膚表面から「皮膚ガス」なるものを放出しているのですが、その匂いが、食べ物や体調、心理状態によって変化するのだそうです。
緊張状態になると出る臭いが「ストレス臭」。強いストレスを受けるとネギやニンニク、また獣のような臭いをもつ「ジメチルトリスルフィド」と「アリルメルカプタン」の硫化化合物が発生するのだとか。
初対面のインタビュアーからの質問に20分間回答し続ける…といったストレス実験によると、個人差はあるにしても、被験者全員からこの硫化化合物が検出されたのだそうです。そして、男女、年齢の別は関係ないそうです。
「ストレス臭」が一般的に使われるようになったら、「今日は上司のパワハラによるストレス臭がひどいので休みます」なんていう若者が出てきたリするのでしょうか…。
ちなみに今では一般用語として使われている「加齢臭」という言葉も、実は2001年に資生堂が命名したものなのだそうですね。
資生堂では、ニオイそのものを包み込み、嫌なニオイを目立たなくする技術を開発し、来年の春には商品化されるそうですよ。
あまり気にすると余計ストレスになるので、心配しないでくださいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は、米国のイラン制裁で需給が逼迫するとの見方が強まり大幅反発。石油製品も軒並み高くガソリンは11日続伸しました。とうもろこしも堅調。一方貴金属は、軒並み反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター: 小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~穀物市場の現状と見通し」
コメンテーター: 茅野信行さん(コンチネンタルライス 代表取締役)
「米穀物市場は天候相場から需給相場に移行する時期です。9月半ばにはいると、米国産トウモロコシは収穫期に入ります。今年は6年連続の豊作が目される米国産の大豆、コーンなどの穀物市場。
米農務省から発表される9月の需給報告発表のころから、市場は天候相場から需給相場に移行するとされていますが、天候相場は穀物の生産高・供給量が重要視される相場であるのに対し、需給相場は消費・在庫など需要量が重要視される相場となります。ここから相場の流れがガラリと変わることも少なくありません。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/10/player-2018103.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181001

【お知らせ】
TOCOMスクエアTVでは、特別企画として、10月9日に上場が予定されている天然ゴムTSR(技術的格付けゴム)について、シリーズで基礎編~取引の魅力まで、広くご紹介しています。
第1回TSRの基礎・第2回TSRの需給・第3回TSRの価格・第4回TSRの要所・第5回TSRの上場と取引要綱。どうぞご覧ください!
https://tocomsquaretv.com/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/09/26/

【お知らせ】
「コモディティ フェスティバル2018」のスピンオフ企画
天然ゴムTSR上場記念セミナー『勝つトレーダーになるために必要なこと<実践編>』を
10月6日(土)13:30~16:00、TOCOMスクエアセミナールームで開催します。
勝つトレーダーになるための普遍的な取引手法・戦略、マーケットで生きていくための重要なポイントについて、商品アナリスト 小菅努氏、バーグインベストCEO吉中晋吾氏にお話いただきます。ただ今お申込み受付中です。
https://cfes.jp/tsr/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/10/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、大幅反発
米国のイランへの制裁を巡って、国際司法裁判所の判決が制裁に与える影響は限られ、需給が逼迫するとの見方が強まったことなどから、昨日のNY原油相場は反発し、一時76.90ドルと約4年ぶりの高値をつけました。その流れを引き継いで、TOCOMドバイ原油の日中取引は急反発して寄り付き、上げ幅を拡大しました。尚、夜間取引では、一時58,300円を付け2014年10月27日以来の高値を更新しました。中心となる先限(2019年3月限)は、1,180円高の57,860円。その他限月は1,110円~1,230円高。

☆金、4日ぶり反落
昨日のNY金相場はドル高で反落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は、円安にサポートされ小幅続伸して始まりました。その後、円相場の引き締まりを映してマイナス圏に沈みましたが、終盤に取引中のNY金の底堅さを眺めて下げ幅を縮めました。中心となる先限(2019年8月限)は、6円安の4,390円。その他限月は、7円~3円安。ゴールドスポットは5円安の4,407円。金現物取引100gは変わらずの4,460円。

☆白金、4日ぶり反落
NY白金相場の軟化と円安の強弱材料の交錯で、TOCOM白金市場の日中取引は小安く寄り付いた後、更なるNYの軟調や円の上昇を眺め、下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年8月限)は、17円安の3,007円。その他限月は、21円~10円安。プラチナスポットは17円安の3,033円。パラジウム(2019年8月限)は、17円安の3,555円。

☆ゴム、変わらず
円安や原油相場の上昇を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は反発して始まりました。その後、円の引き締まりを眺めて上げ幅をすっかり削り、前日の帳入値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2019年3月限)は、変わらずの169円50銭。その他限月は変わらず~90銭高。

☆とうもろこし、9日続伸
前日のシカゴ相場が反落したものの、円安が進んだことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小幅高で始まりました。その後、午前中は始値を挟んでもみ合いましたが、午後はシカゴの堅調をながめて強含みに推移しました。中心となる先限(2019年9月限)は160円高の24,720円。その他限月は、変わらず~160円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.08%
2位 バージ灯油 +1.43%
3位 バージガソリン +1.30%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 -0.56%
2位 プラチナスポット -0.56%
3位 パラジウム -0.48%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,636枚
2位 プラッツドバイ原油 17,390枚
3位 ゴールドスポット 7,024枚

全商品合計取引高(先物) 70,342枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 319.14(前日比:+3.61)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・原油相場の材料整理(2018年10月3日)
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35219

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 一時4年ぶり高値 イランの供給減見越し (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U8A001C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿