◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0587 2018/10/10)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

260年以上の歴史を誇る、オーストリアの老舗ワイングラスブランドのリーデル。
世界中のワイン愛好家から愛されている秘密は “ブドウ品種ごとに理想的な形状を開発した”というこだわりにあるんだそうです。https://www.riedel.co.jp/about-riedel/
リーデルのショップに行くと、色んな形のワイングラスがあって、見ているだけも楽しいんですけど、単にデザインを変えているわけではないんですね…知らなかった!
同じワインでも、グラスの形が違うと香りや味わいが変わるというところに着目して、ブドウの品種ごとにグラスの形を変えることを1973年に世界で初めて行ったんだそうです。
リーデルでは定期的に、同じワインをグラスを変えて味わってみるテイスティングセミナーを行っているので、皆さんの中でも実際に体感したことがあるという人もいらっしゃるでしょうね。 https://www.riedel.co.jp/whatsnew/181021_marunouchi/
そこにプラスαで、光学効果を取り入れた「パフォーマンス シリーズ」が、今日発売されました!
グラス内側の表面積を拡大させてあるため、見た目が美しいだけでなく、ワインがより多くの空気と触れ合って、芳醇な香りと繊細なニュアンスを表現できるのだそうです。
グラスの種類は全7種類。「カベルネ/メルロ」「リースリング」「シャンパーニュ」「シラー/シラーズ」「スピリッツ」「ピノ・ノワール」「シャルドネ」
グラスの高さは皆245mmなのですが、形状が違うので容量も皆違っていて、一番小さい「スピリッツ」用は210ml。一番大きい「カベルネ/メルロ」用は834ml。価格は一律各4,320円です。全部揃えて、ワインの楽しみ方を覚えてみたいものです。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は、イランの原油輸出の減少やハリケーンの接近により、供給が細るとの思惑で3日ぶりに反発しました。貴金属はまちまちで、金はNY相場安と円高で続落し、白金はNY高を眺めて反発しました。パラジウムは続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
コメンテーター:石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期   Lesson10「エリオット波動」
コメンテーター:小次郎講師
「エリオット波動は、上昇相場においては、上昇5波、下降3波の計8波が基本の形です。上昇5波は、3つの推進波と2つの訂正波からなり、下降3波は、2つの推進波と1つの訂正波からなっています。
上昇の5波動下降の3波動で全部で8波動。この3、5、8という数字全てがフィボナッチですね。また、エリオット波動は細分化されますが、そのすべてがフィボナッチです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/10/player-2018109.html
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
【商品先物】ゴムTSRが取引開始!
【金】金価格と雇用統計・米国債金利
【原油】ハリケーンがフロリダに接近中!
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20181009

【お知らせ】
TOCOMスクエアTVでは、特別企画として、本日上場した天然ゴムTSR(技術的格付けゴム)について、シリーズで基礎編~取引の魅力まで、広くご紹介しています。
第1回TSRの基礎・第2回TSRの需給・第3回TSRの価格・第4回TSRの要所・第5回TSRの上場と取引要綱。どうぞご覧ください!
https://tocomsquaretv.com/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/09/26/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/10/10
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反発
イランの原油輸出の減少やハリケーン接近で供給が細るとの見方が強まり、昨日のNY原油が反発した流れを引き継いで、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後は手掛かり難から狭いレンジで推移し、始値と同水準で取引を終えました。中心となる先限(2019年3月限)は、170円高の56,720円。その他限月は20円~190円高。

☆金、4日続落
円高とNY金の軟化を受けてTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後は、NY相場、円相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2019年8月限)は、3円安の4,316円。その他限月は、4円~11円安。ゴールドスポットは9円安の4,328円。金現物取引100gは変わらずの4,380円。

☆白金、4日ぶり反発
前日のNY白金高を受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後もNY相場の堅調を眺め、もみ合いながらやや水準を切り上げました。中心となる先限(2019年8月限)は、14円高の2,991円。その他限月は、8円~18円高。プラチナスポットは11円高の3,006円。パラジウム(2019年8月限)は、38円高の3,647円。

☆ゴム、TSR下落、RSS続伸
TSR日中取引は昨日の帳入値と同値で寄り付き、その後、狭い範囲でもみ合いながら下げ幅を拡大しました。RSSは上海ゴム相場の底堅さを映して小幅高で寄り付き、その後も上海の堅調や原油高を眺め、プラス圏で推移しました。中心となる先限、TSR(2019年4月限)は1円20銭安の158円80銭。その他限月は3円00銭~60銭安。RSS(2019年3月限)は、70銭高の172円70銭。その他限月は90銭安~80銭高。

☆とうもろこし、反発
前日のシカゴ相場が生産増見通しを背景に下落した流れを引き継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしましたが、その後はシカゴ相場の底堅さを眺めて小幅ながらプラス圏へ切り返しました。中心となる先限(2019年9月限)は40円高の24,570円。その他限月は、10円安~80円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +2.16%
2位 パラジウム +1.05%
3位 白金0.47%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -0.76%
2位 ゴムTSR -0.75%
3位 ゴールドスポット -0.21%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 25,424枚
2位 プラッツドバイ原油 25,002枚
3位 白金標準取引 7,853枚

全商品合計取引高(先物) 78,917枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 313.31(前日比:+0.87)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・市場とは何か その18
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/35305

・世界の石油需給バランスは、供給過剰へ向かいつつある
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35291

<参考ニュース>
・NY商品 原油が反発、イラン輸出量の減少受け 金も反発 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q8A011C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿