◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0599 2018/10/26)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

ゴールドマニアの方に是非手に入れて頂きたいポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 幻の今金男しゃく 北海道の塩」がいよいよ10月29日(月)に発売になります!!
美味しさとその拘りでポテチ界に大きな衝撃を与えた、あの「湖池屋プライドポテト」のラインナップで、この秋収穫された「今金(いまかね)男爵」の新ジャガだけを使った、年に一度、期間の限られたお楽しみの逸品なんです。
「今金男爵」は日本で生産されるジャガイモの中でわずか0.3%の生産量という大変希少な品種で「幻のジャガイモ」と呼ばれ、その幻のジャガイモをつくる生産農家は「大地の職人」と呼ばれているそうです。 http://ja-imakane.or.jp/potato/
希少品である上、男爵は馬鈴薯に比べてでんぷんが多く焦げやすいのでポテトチップスには向かないとされ、それまで今金男爵でポテトチップスは作られていなかったのですが、「最高のジャガイモで最高のポテトチップスを作りたい」との湖池屋の思いが通じて、今金男爵を使ったポテトチップスを2015年から湖池屋オンラインショップのみで販売開始。そして昨年からJA今金の全面協力のもと、一般店舗でも販売出来るようになったそうです。 https://koikeya.co.jp/news/detail/960.html
ご覧いただくと分かると思うのですが、パッケージが今金の金!ゴールドに輝いているんです!!  ね、ゴールドマニアの方、欲しくないですか?
週明け月曜日、TOCOMに出勤する前に「KOIKEYA PRIDE POTATO 幻の今金男しゃく 北海道の塩」探してみようと思います。上手く手に入れることが出来たら、TOCOMスクエアの金のキョロちゃんの隣に並べて飾っておくので、皆さん是非見に来てください♪
さて、本日のTOCOMマーケット、昨日、米国株が大幅に反発したため、投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、原油は反発。金は反落しました。銀、パラジウム、白金も続落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター: 林知久さん(投資日報社)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター: 林知久さん(投資日報社)
「ドル指数には16.5年サイクルが存在しています。現在は2008年3月の71.15から10年7カ月経過していますが、8年10カ月目にあたる2017年1月に103.82をつけて以降、ドル指数相場は下降トレンドに入っており、この基調は現在も継続しています。仮に103.82が天井であれば、大底は早くても2022年ごろになります。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/10/player-20181025.html

来週の放送予定
10月29日(月)
「株式市場の動向と今後の見通し」
鎌田伸一さん(ラジオNIKKEI 記者)

10月30日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson13「移動平均線の基礎」
小次郎講師

10月31日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

11月1日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

11月2日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/10/25/

□■2018年度第2回 東京商品取引所検定試験の結果について□■
2018年度第2回検定試験の結果が公表されました! 今回は52名の方が合格されました。
詳細はこちら
https://www.tocom.or.jp/jp/news/2018/20181025.html
なお、第3回検定試験は2019年1月実施(12月受付開始)を予定しています。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/10/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
米株式が大幅反発したため昨日のNY原油相場が反発したことに加え、円相場の下落を受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY原油の伸び悩みを眺めて、上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年3月限)は、260円高の51,500円。その他限月は190円~420円高。

☆金、3日ぶり反落
取引中のNY金相場の軟調を眺め、TOCOM金市場の日中取引は、安寄りしました。その後も円相場の上昇に頭を押さえられ水準を切り下げました。中心となる先限(2019年8月限)は、14円安の4,433円。その他限月は、17円~11円安。ゴールドスポットは10円安の4,448円。金現物取引100gは変わらずの4,500円。

☆白金、続落
TOCOMは金市場の日中取引は安寄りした後、NY相場の軟調や円相場の引き締まりを眺め、下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年8月限)は、22円安の2,960円。その他限月は、49円~15円安。プラチナスポットは13円安の2,980円。パラジウム(2019年8月限)は、36円安の3,689円。

☆ゴム、小動き
TSRは小幅高で寄り付きましたが、その後円の引き締まりを眺め、やや水準を切り下げました。今日発会のRSSは小動きながらも始値からやや水準を切り上げました。中心となる先限、TSR(2019年4月限)は50銭高の150円00銭。その他限月は変わらず~80銭高。RSS(2019年4月限)は、166円30銭。その他限月は10銭安~3円00銭高。

☆とうもろこし、続落
昨日のシカゴ相場が低調な輸出統計や米国での収穫作業の加速を背景に続落したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、決め手材料を欠き、もみ合いが続きました。中心となる先限(2019年11月限)は150円安の24,610円。その他限月は、270円~190円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +0.51%
2位 ゴム(TSR) +0.33%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.32%
2位 パラジウム -0.97%
3位 白金  -0.74%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 26,544枚
2位 プラッツドバイ原油 11,501枚
3位 白金標準取引 6,480枚

全商品合計取引高(先物) 68,632枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 295.47( 前日比:+0.06)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・原油を取り巻くファンダメンタルズは弱い
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/35633

・原油の需給が緩和している以上、先高と考えるのは難しい
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/35604

・中東情勢混迷の中、米国の原油在庫がジワリ増加
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/3560

<参考ニュース>
・東証大引け 続落 米株安を警戒 一時2万1000円割れ (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_W8A021C1000000/

・NY商品、原油が続伸 米株反発し、買い安心感 金は反発 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W8A021C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿