◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0608 2018/11/8)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
日本の国民食と言えば、カレー? ラーメン?
私はカレーです!もちろんラーメンも好きですけれど、ラーメンは三日続けて食べたら飽きますが、カレーは飽きないですよね♪
そしてカレーはハズレが無い。どこで食べてもカレーが不味いってことは先ずないですもん。欧風カレーも、インドカレー、タイカレーも、蕎麦屋のカレーも、お家カレーもみんな美味しい♪
しかしカレーはラーメンに比べてお店が少ないことがネック。コンビニでは売っているけど、匂いのことを考えると、テイクアウトはし辛いし。
そんな私は、我慢できなくなると、大抵、TOCOM斜め向かいの吉野家の黒カレーで、カレー欲を沈めています。
いつでも手軽にカレーを食べることが出来たら…って思っていたのですが、やはり同じようなことを考える人はいるんですね。「飲むカレー」が出来たんだそうです♪
「飲むカレー CARRY CURRY」 https://feli.jp/s/pr18110703/1/
ゆっくり食事をする暇のない売れっ子のデザイナーさんが、食欲とカレー欲を満たすために、移動の時にレトルトのカレーを人目に隠れてこっそりそのまま飲んでいる…という体験談に発想を得て開発されたこの商品、スクリューキャップの缶入りのカレーで、見た目もスタイリッシュ。何より‟常温で飲んで美味しい”んですって!
今のところEVERYTHING FROM .JPによる通販のみ。170g×3缶で1,231円+送料と考えると1缶450円くらい。ちょっとお高めですが、カレー屋さんで食べることを考えたらうんとリーズナブルですよね。
今回は1作目として限られた数量での販売となるそうですが、今後は風味を変えるなどシリーズ化を予定しているそうです♪とりあえず6本注文してみました。TOCOMスクエアでカッコよくさりげなくカレーを飲んでみたいと思います。15本以上注文すると送料がタダになるそうなので、もし興味がある方いらっしゃったら声をかけて下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、円安と株高でおおむね上昇しました。安寄りしたTSRもプラス圏に浮上しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~世界の金の動き」
コメンテーター:池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
キャスター:大橋 ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
コメンテーター:芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査主任研究員)
「大統領と上院・下院の多数派政党が違うというねじれ議会になると、法案審議が行き詰まり新たな政策が導入されにくくなります。
マーケットにとっては、極端な政策が出てきにくいことで、長期金利の大幅上昇などが起こりにくく、悪くはない環境との見方もあります。
トランプ政権が狙っていたオバマケアの廃止、金融規制のさらなる緩和、国防の強化などは困難となりますが、これらがマーケットを動揺させることはありません。しかしながら、外交に関しては大統領の権限が強いため、外交での存在感を示すため、より強硬姿勢を強めることに…。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/11/player-2018117-1.html
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181105

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/11/8
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反発
為替相場が円安・ドル高に振れたのを受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、NY原油と円相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジでもみ合いました。中心となる先限(2019年4月限)は、460円高の49,810円。その他限月は110円~400円高。

☆金、上伸
昨日のNY金相場の反発と円安を受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、取引中のNY金相場、円相場ともに小動きで、決め手材料難からもみ合いとなりました。中心となる先限(2019年10月限)は、3円高の4,456円。その他限月は、2円安~5円高。ゴールドスポットは2円高の4,478円。金現物取引100gは10円高の4,530円。

☆白金、続伸
昨日のNY白金相場の続伸と円安で、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後は手掛かり材料を欠いたことから狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2019年10月限)は、15円高の3,172円。その他限月は、10円~16円高。プラチナスポットは12円高の3,191円。パラジウム(2019年10月限)は、59円高の3,777円。

☆ゴム、TSR続伸、RSS反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、上海相場安を眺めて安寄りしましたが、その後円安と株の上昇を受けてプラス圏に浮上しました。RSSは終盤マイナス圏に沈みました。中心となる先限、TSR(2019年5月限)は10銭高の146円10銭。その他限月は変わらず~1円30銭高。RSS(2019年4月限)は、90銭安の159円40銭。その他限月は70銭~20銭安。

☆とうもろこし、上伸
昨日のシカゴ相場が下落した流れを引き継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしましたが、その後、為替が円安に振れたのを眺めてプラス圏に切り返しました。中心となる先限(2019年11月限)は10円高の25,040円。その他限月は、10円~170円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.59%
2位 バージ灯油 +1.19%
3位 プラッツドバイ原油 +0.93%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -0.84%
2位 ゴム(RSS) -0.56%
3位 バージガソリン -0.27%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 27,543枚
2位 金標準取引 21,432枚
3位 白金標準取引 6,654枚

全商品合計取引高(先物) 73,134枚
〃 (オプション) 162枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 291.21(前日比:+1.23)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・足元の供給過剰拡大は将来の供給不足への布石!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35828

・市場とは何か その22
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/35818

・フランス中央銀行の金 その1
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/35811

<参考ニュース>
・NY商品、原油が8日続落 米原油在庫の増加嫌気、金は反発 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y8A101C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿