◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0621 2018/11/28)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
食器って基本は白のイメージがありますが、黒っていうのも、意外にお料理が映えるし、高級感があるものです。
ものづくりのまち、新潟県の燕三条で新しいブランドが誕生しました。株式会社テーエムの手掛ける『96(KURO)』。http://www.96bst.com/
写真で見ると、まるで陶器のように見えますが、実はこれステンレスなんです。ステンレスを黒く染めたものなのですが、金属の上に塗料を染め付けるのではなく、金属そのものの色を変色させるもの。ステンレスの黒染めって全国的にも珍しいのだそうです。
塗料を使っていないので人体にも影響がないし、ステンレスなので軽くて丈夫。落としてももちろん割れません。
環境にも考慮しているのだそうです。まず、金型の再利用。同じ燕三条エリアで、かつて使われていた金型から作られています。新たに金型を起こさずに眠っていた金型を生き返らせているのです。そしてパッケージは、紙ではなくて織布。開封後に捨てられてしまう紙製の箱ではなく、布で包むことで、手ぬぐいや布巾などとして再利用できるんです。
キャッチフレーズは「黒染めで新たな価値を。」
実はブランドロゴを数字で『96』としたのも、黒染めのクロを当てたのは勿論、使われなくなった金型を繰り返し再利用するという事から、逆さまにすると新しい意味・価値に置き換えられる9と6の数字を使っているのだそうです。
今日の第1弾発売は、プレート3種・タンブラー1種ですが、眠っている金型はたくさんあるので、まだまだラインナップは増えそうです。楽しみですね。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は取引中のNY相場の堅調と円安進行で続伸、ガソリンは大幅に反発しました。金とは金は海外安を円安でサポートしきれずに続落しました。パラジウムは続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
コメンテーター:山内弘史さん(エネルギー情報ネットワーク 共同代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson16「移動平均線大循環分析の法則とは?」
コメンテーター:小次郎講師
「大循環分析には6つのステージがあります。
使用するのは3本の移動平均線。その並び順は6通りありますが、その6つのステージは
基本的には時計回りに循環します。これを順行と呼びます。
しかしながら、必ず順行するわけではありません。逆に進むことも。これを逆順、逆行と呼びます。
ステージ1は安定上昇期。ステージ2が上昇相場終焉。ステージ3になると下降相場の入り口となります。このサイクルを知ると相場の流れが見えてきます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/11/player-20181127.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181126
ただ今、レギュラー放送の他に、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大さんをお迎えして、特別企画「ワールド・ゴールド・カウンシル 2018年第3四半期・需給統計解説」を公開しています。どうぞお楽しみに!!

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/11/22/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/11/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、続伸
今夜発表の米石油在庫統計を前に持ち高の調整が入り、昨日のNY原油相場は反落しましたが、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は円安の進行を受けて高寄りしました。その後も、NY相場の水準切り上げと円の引緩みを眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年4月限)は、940円高の42,330円。その他限月は40円~940円高。

☆金、続落
前日のNY金相場が対ユーロでのドル高で続落した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後は、決め手材料を欠き、狭い範囲でのもみ合いが続きました。中心となる先限(2019年10月限)は、13円安の4,433円。その他限月は、18円~11円安。ゴールドスポットは16円安の4,448円。金現物取引100gは20円安の4,490円。

☆白金、続落
NY相場安を眺めてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、手掛かり材料難から狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2019年10月限)は、28円安の3,035円。その他限月は、34円~26円安。プラチナスポットは25円安の3,054円。パラジウム(2019年10月限)は34円高の3,903円。

☆ゴム、反発
夜間の海外安を円安がサポートしてTSRは小高く寄り付きその後も上げ幅を拡大しました。RSSは小安く寄り付いたのちプラス圏に浮上し、上海の上昇を眺めて水準を切り上げました。中心となる先限、TSR(2019年5月限)は1円40銭高の144円40銭。その他限月は変わらず~1円40銭高。RSS(2019年5月限)は、1円50銭高の157円50銭。その他限月は10銭~1円70銭高。

☆とうもろこし、反発
シカゴとうもろこし相場は小幅高でしたが、円相場の軟化を受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後は、円安に下支えされたもののシカゴの軟化に圧されてやや水準を切り下げました。中心となる先限(2019年11月限)は100円高の24,240円。その他限月は、90円~210円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン +2.64%
2位 プラッツドバイ原油 +2.27%
3位 バージ灯油 +1.87%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 -0.91%
2位 プラチナスポット -0.81%
3位 ゴールドスポット -0.36%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 31,942枚
2位 プラッツドバイ原油 14,611枚
3位 ゴム(RSS) 10,555枚

全商品合計取引高(先物) 80,216枚
〃 (オプション) 122枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 264.25(前日比:+3.17)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・来年ドル高はドル安に転じるか?
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/36174

・市場とは何か その25
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/36167

・トランプ大統領の原油関連ツイートを分析 1
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36157
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 在庫統計控え持ち高調整の売り、金は続落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y8A121C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿