◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0623 2018/11/30)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
お家でカラオケが楽しめるって知りませんでした♪ 昔あった8トラ(8トラック・カートリッジテープ)の話ではありませんよ。第一興商の「通信カラオケDAM」です。
家のパソコンやPlayStation4などのゲーム機で専用アプリをダウンロードすると、何とカラオケマシンに変身しちゃうんですって。  https://www.clubdam.com/app/dam/ouchi_karaoke/index.html
アプリのダウンロードは無料。利用チケットをクレジット、ウォレットなどで決済するという仕組みです。
搭載楽曲数は約13万曲以上で、今後さらに毎週約200曲が追加されます♪
しかも、12月3日からは「カラオケ@DAM for スマホ」もラインナップに加わってiPhoneで、お家でも友達の家でもどこでもカラオケが出来ようになるのだそうです!!
テンポ変更は出来ないんですけれど、キー変更は可能!イヤホンジャックに「イヤホン」か「マイク付ヘッドセット」を接続することで、採点機能も使うことが出来ます。
7日間利用チケットは600円、30日間利用チケットは1,080円、365日間利用チケットは10,800ですって!「カラオケ@DAM for スマホはアプリ内科金で決済できます。
新しい曲を覚えようと思って家で一生懸命YouTubeに合わせて練習しても、いざカラオケで歌ってみると勝手が違って上手く歌えずがっかりしたこと…ありますよねぇ。
忘年会シーズンです。二次会のカラオケで新しい曲を披露したいなんて方、いかがでしょう?ただし、大きな声を出し過ぎてご近所トラブルにはならないようにご注意くださいね!!
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はロシアが減産に踏み切るとの報道を受けて需給の緩みに対する警戒が後退し大きく反発しました。金は、FRBの利上げ打ち止めが近いとの見方が広まり、小幅続伸。一方、白金は米経済の先行き不透明が懸念され続落しました。パラジウムは昨日に引き続き史上最高値を更新しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品相場の現状と見通し」
コメンテーター:江守 哲さん(エモリキャピタルマネジメント 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~商品相場の現状と見通し」
コメンテーター:江守 哲さん(エモリキャピタルマネジメント 代表取締役)
「パウエルFRB議長の講演から米国の早期利上げ打ち止め観測が台頭。ドルが急反落となる一方でダウ平均は600ドル超の急反騰。リスク選好の値動きが広がりましたが、米株も原油もトップアウトした可能性があり、パウエル発言を受けてのリスク選好の流れが続くことへは懐疑的です。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/11/player-20181129.html

来週の放送予定
12月3日(月)
「家計に起こる変化のきっかけと対処法」
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)

12月4日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson17「移動平均線大循環分析まとめ」
小次郎講師

12月5日(水)
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)

12月6日(木)
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

12月7日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで。いよいよ今週いっぱいで締め切りです。
コンテストの期間も残り一か月。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181126
ただ今、レギュラー放送の他に、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大さんをお迎えして、特別企画「ワールド・ゴールド・カウンシル 2018年第3四半期・需給統計解説」を公開しています。どうぞご覧ください。
https://tocomsquaretv.com/20181127wgcspecial/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/11/29/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/11/30
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反発
ロシアが減産に踏み切るとの報道を受けて需給の緩みに対する警戒が後退し、昨日のNY原油が反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も大きく水準を切り上げて寄り付きました。その後もNY相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年4月限)は、900円高の41,440円。その他限月は10円~920円高。

☆金、小幅続伸
前日のパウエルFRB議長の発言で利上げ打ち止めが近いとの見方が広まり、昨日のNY金相場は小幅ながら上昇。TOCOM金市場の日中取引は、小安く寄り付いた後、プラス圏で小幅にもみ合いました。中心となる先限(2019年10月限)は、1円高の4,451円。その他限月は、1円~5円高。ゴールドスポットは1円高の4,462円。金現物取引100gは変わらずの4,520円。

☆白金、4日続落 パラジウム、4日続伸
FRBによる利上げの早期打ち止め観測が、米経済への先行き不透明感、ひいては白金の産業用需要の減少につながるとの観測で、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りし、その後もNY相場の軟化を眺めて下げ幅を広げました。一時2,955円と10月30日以来約1か月ぶりの安値を更新しました。中心となる先限(2019年10月限)は、50円安の2,959円。その他限月は、51円~46円安。プラチナスポットは46円安の2,970円。パラジウムは昨日に続き史上最高値を更新しました。中心となる先限(2019年10月限)は58円高の4,015円。

☆ゴム、3日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の海外高を受けて小確りで始まり、その後も海外相場や原油の上昇を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年5月限)は1円60銭高の147円00銭。その他限月は変わらず~1円90銭高。RSS(2019年5月限)は、2円90銭高の161円00銭。その他限月は1円00銭~2円80銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、決め手材料を欠く中、小高く寄り付きましたが、。その後、水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終えるました。中心となる先限(2019年11月限)は330円安の23,970円。その他限月は、250円~120円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.22%
2位 ゴム(RSS) +1.83%
3位 パラジウム +1.47%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 -1.66%
2位 プラチナスポット -1.53%
3位 とうもろこし -1.36%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 25,026枚
2位 プラッツドバイ原油 20,959枚
3位 白金標準取引 14,689枚

全商品合計取引高(先物) 89,565枚
〃 (オプション) 121枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 260.90(前日比:+2.29)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・海外原油の下値リスク警戒は続く
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/36212

・原油相場を俯瞰すると大局的なトレンドは下向き
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/35973

・歴史的水準に達した“米石油製品輸出量”
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36199

<参考ニュース>
・原油、1バレル50ドル割れ 需給緩和で投資マネー流出 (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38341120Z21C18A1EA1000/

・為替市場、「パウエル・プット」に期待 円高進まず(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38368080Q8A131C1000000/

・株、期待先行の自動車買い 米中会談後の上昇にらむ(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HDT_Q8A131C1000000/?nbm=DGXLAS3LTSEC1_Q8A131C1000000

・NY商品 原油が反発 ロシアの減産観測で、金は上昇(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q8A131C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿