◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0627 2018/12/6)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
つい先日、完全受注生産の幻のポテトチップスで世間を騒がせた湖池屋ですが、主力ブラントの一つ「PRIDE POTATO」がまた魅惑的な新商品を発売するそうです!!
なんと金箔の散りばめられたポテチ!『KOIKEYA PRIDE POTATO 金沢 金箔塩』ですって。
金沢の老舗の金箔専門店「箔一」(←TOCOMスクエアでも販売している、あの“日米首脳会談でトランプ大統領に贈呈された金箔ボールペン”が箔一の製品です(^_^)v)の金箔と、淡路島の藻塩とのコラボレーションです。
12月10日(月)から全国コンビニエンスストアで販売開始。12月17日(月)からは、スーパーマーケット等の一般の小売店でも販売を始めるそうです。
そしてここからが本題!実は本日よりオンラインショップで、限定400箱の特別セットの予約受付が開始されたんです。 http://shop.koikeya.co.jp/shop/g/g80163-c/
これがですね、なんと「追い金箔」付きなんです!?「PRIDE POTATO」3袋に「追い金箔」付きの特別セットで、化粧箱に入って2,000円。限定400箱だそうです。
ポテトチップを九谷焼のお皿にでも盛って、追い金箔を振りかけたら華やかでお正月の来客へのお茶請けにもぴったりではないでしょうか!
話題性もあるし、自宅用だけでなくお歳暮にもいいと思いません?
私も早速ポチっとやりました(笑)
さて、本日のTOCOMマーケット、海外市場高と円安を受けて堅調にスタートしましたが、その後円の引き締まりを受けて上げ幅を削り、原油や白金、とうもろこしはマイナス圏に沈みました。大豆は、米国産大豆の中国向け輸出が再開するとの期待で急騰しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
コメンテーター:小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「カタールは1月19日にOPECから脱退することを表明しました。今後は天然ガスへ注力するという長期戦略に基づくものとしており、アルカービ・エネルギー相は「政治的ではない」と発言していますがメディアではサウジとの対立との観測も。
そもそも価格カルテルとしてのOPECは従来からサウジ一強だったが、ムハンマド皇太子が産油政策でも実験を握ってからよりサウジの存在感はより強固となっています。
今年の原油相場急落も、サウジの独断による大規模増産が理由でした。従来はイランが牽制役を果たしていたのですが、イランは米国から再制裁。発言力も低下してしまっています。小規模産油国はサウジの指示に従うだけで、不満の高まりが特にサウジとの関係悪化が進むカタールで顕在化したものとみられます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/12/player-2018125-1.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは締め切りとなりました。大勢のご参加ありがとうございました。
コンテストの期間も残り一か月を切りました。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181203/
ただ今、レギュラー放送の他に、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大さんをお迎えして、特別企画「ワールド・ゴールド・カウンシル 2018年第3四半期・需給統計解説」を公開しています。どうぞご覧ください。
https://tocomsquaretv.com/20181127wgcspecial/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/11/29/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/12/6
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、小幅続落
取引中のNY原油相場の堅調を受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りしましたが、その後は、NY原油の軟化と円相場の上昇を眺めて水準を切り下げマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2019年5月限)は、130円安の41,760円。その他限月は440円~140円安。

☆金、小幅反発
NY金相場の堅調と円安でTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後更なるNYの上昇を眺めて上げ幅を拡大する場面もありましたが、円相場の引き締まりを受けて水準をやや下げました。中心となる先限(2019年10月限)は、6円高の4,481円。その他限月は、5円~9円高。ゴールドスポットは10円高の4,493円。金現物取引100gは10円高の4,550円。

☆白金、小幅続落
NY白金相場の底堅さを好感してTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後NYの軟化や円の上昇を受けて水準を切り下げ、小幅ながらマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2019年10月限)は、2円安の2,878円。その他限月は、7円~3円安。プラチナスポットは4円安の2,883円。パラジウム中心となる先限(2019年10月限)は53円高の4,129円。

☆ゴム、TSR続落、RSS続伸
夜間の海外高を受けてTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしましたが、その後円の引き締まりを眺め上げ幅を縮小し、TSRはマイナス圏に沈みました。中心となる先限、TSR(2019年6月限)は70銭安の144円90銭。その他限月は90銭安~変わらず。RSS(2019年5月限)は、50銭高の164円00銭。その他限月は10銭安~1円50銭高。

☆とうもろこし、小幅反落
円相場の軟化を受けTOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、円の引き締まりを眺めて上げ幅を縮め、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2019年11月限)は10円安の24,250円。その他限月は、変わらず~130円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +5.55%
2位 パラジウム +1.30%
3位 中京ガソリン +0.55%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン -0.98%
2位 バージ灯油 -0.71%
3位 ゴム(TSR) -0.48%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 20,923枚
2位 金標準取引 19,865枚
3位 白金標準取引 10,785枚

全商品合計取引高(先物) 70,987枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 262.52(前日比: -0.36)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米国の原油と石炭の消費量
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36297

<参考ニュース>
・株、「ファーウェイ・ショック」で吹き飛ぶ平穏ムード「12月に年初来安値」の声も(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HF4_W8A201C1000000/

・NY商品、原油が小反落 産油国の会合控え様子見、金は反落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W8A201C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿