今年も良い季節がやってきましたねぇ。

寒風吹きすさぶ毎日ですが、寒くなるとともに色々な食材が旬を迎えてきました。

皆さん、いくら食事が美味しいからといって、この忘年会シーズン食べ過ぎには注意ですよ!

今週はインベスター俳優の私、廣瀬瞬がお送りしていきますTOCOM投資スクールレポート。
投資スクール20181211-1

 

そうそう。小次郎講師の一番好きな食べものって「冬の鍋」なんですよ。

冬料理の代表格、お鍋。

ということで、小次郎講師と鍋に行ってきました!2人で男鍋。

 

投資スクール20181211-2
あ、僕はたくさん食べても大丈夫なのです!一応まだ若い部類ですから 笑

運動も日頃からしていますし。

 

いやぁ、沁みますねお出汁が。うま、はふはふ。

この時期の鍋は「日本人でよかった」と次々と人口に膾炙するのにも納得です。

 

 

 

トレーダーとしてはこんな感じで世界中の相場もホットになれば良いのに…と、期待してしまいますが、12月も折り返しに差し掛かろうとする今現在、米中首脳会談以後の下降の大きな流れは未だ継続しています。

 

やはり世界の中心的存在であるアメリカの株式指数NYダウを見てみてもそれは顕著で。
投資スクール20181211-3.jpg
未だステージ4継続なことは言わずもがな、それよりも日々のボラティリティーたるや。

平均的な値動きを表す指標「ATR」を見ても、その水準が今年2月にあった株式相場の急落ぐらいに増えてきていまして、1日に500ドル以上動いてもそれは平均的で平常運転、という認識に変わりつつあることがここからも読み取れます。

また、ロウソク足をとってみても最近は特にヒゲの長い日が多いですね。つまり、これだけ1日の中で上へ下へ価格が大忙しということです。師走か!

 

通常12月はトレーダーの多くが休暇に入り、市場からいなくなってしまうので、

「12月は閑散相場だね」なんて言われることが多いのですが

(上のチャートで昨年12月のATRを確認すると、その数字の低さからもこの現象が容易に確認できることでしょう)、

今年は例年にないぐらい年末まで荒い相場が続きそうですね。

 

チャート分析的にはダブル底を付けたかと思いきやの、長い下ヒゲ陽線で切り返しのトリプル底か。

もちろん、それはここから価格が上昇してくれば結果そう、という話ではありますが。

 

 

さらに最近では聞かない日がないというぐらい、このアメリカと一緒に取り沙汰にされるのが中国の通信会社「ファーウェイ」。

副社長が逮捕されて、いよいよ本格的な米中ハイテク戦争に突入、といったリスクが、どうしてもこの世界株安に歯止めをかけてくれないのです。

 

ファーウェイ自体の株価はというと、こんな感じ。
投資スクール20181211-4.jpg
先の問題で当然と言えば当然なのですが、もう少し大きく全体像を見てみても、こう。
投資スクール20181211-5
2017年以降、特に今年に入ってからもずーっと下げ相場が継続しているのは、中国の株価指数である上海総合と一緒ですね。
投資スクール20181211-6
ただし、上海総合はここへ来て高値切り下げなものの、安値も切り上げる三角保ち合いの局面に来ています。

今年5度目のステージ6入りを果たしたら、そこから初のステージ1(上昇トレンド)復帰なるか、に年末といえども注目が集まります。

 

 

 

ヨーロッパはフランスの暴動や、イギリスのブレグジット問題でしばらくは安定しそうにありません。

特にイギリスはブレグジット案の議会承認をメイさんが先延ばしにしてしまったり、北アイルランド問題について何の解決策もなかったりという状況を鑑みると、小次郎講師の言うように「国民投票をやり直してEU残留!?」といった可能性も出てきましたので、しばらくは不安定な要素が付きまといそうです。

 

 

ということからも、まずはアメリカや中国あたりから経済が持ち直してくれることが今後の世界経済の雪解けに繋がっていくことでしょう。(季節的にはまだまだ冬ですが)
投資スクール20181211-7
アメリカの長期金利動向からしても、決して企業を圧迫するような状態ではないことがわかりますし、日本でも2012年から始まった今の景気拡大が「いざなぎ景気」を超え戦後2番目になることも、意外や意外、つい最近公式認定されました。(ちなみに、年明けの1月まで続けば戦後最長であった「いざなみ景気」も超えてくるとのことです。)

 

ちなみに日本的には今月19日にある「ソフトバンク」のIPOに注目が集まっておりますが、上記のファーウェイとつながりが深い他にも先日大規模な通信障害を引き起こしてしまったので、なんとも間が悪いと言いましょうか…

厳しい上場になるかもしれませんね。

 

(ちなみに僕は抽選外れました 笑 実質倍率1.1倍で外れるってどういうことよ…!! 証券会社によっては当選発表後数度に渡って補欠当選を出していますので、ここからもハード上場具合が伺えます。僕も人よりかなり遅く補欠当選の通知が来ていましたが、時すでに遅し、でした。)

 

 

今年は年の暮れの暮れまで気が抜けない相場となりそうですが、

トレーダーとしてはそれはそれでチャンスが多い、とも言い換えられますので、お時間のある方はトレード三昧としけ込みましょう!

 

 

 

 

今週は前回告知のありました通り、TOCOM投資スクールに参加してくださった方に、CX手帳のプレゼントがございました!

会場にいらっしゃった皆様も楽しみにしていたようで、授業中からウズウズしていましたもの 笑

 

このブログをいつもご覧になっている方はご存知の通り、本丸はツリーの根元に隠されているというなんとも胸アツ演出が!郁さん、ラッピングありがとうございます!
投資スクール20181211-8
少し早めのTOCOMからのクリスマスプレゼントでございます。

どうぞお納めください。
投資スクール20181211-9
投資スクール20181211-10
そして今週のクイズ対決、

 

負けた方の学級委員長は12/12に発表される「今年の漢字」を当てる!というものでしたが(投資スクールがあったのはその前日12/11)、

私が負けてしまいましたので自ら予想を書く羽目に。とほほ…

 

まぁあれですよ。負けたと言っても、ほぼ皆さん全問正解のアレでしたので。全然負けた感じでもないですね。僅差、僅差。人数差で生じたイレギュラーの範囲内ですので、僕の連敗じゃありませんね決して。むしろ、気持ちの部分では勝っていましたから、勝ちもさもありなん、という程です。

 

でも僕はもう大人ですので、そこらへんはぐっと我慢して翌日清水寺で書かれる漢字の大胆予想を。
投資スクール20181211-11
書き書き。

ハズしたら翌日恥ずかしいぞ。

家で「あぁ、あいつ外したな…」と後で思われるから余計嫌だぞこれは。

 

 

そして僕の予想は「災」。
投資スクール20181211-12
もうね、今年はズバリこれでしょう、と。

 

暑さの衰えない夏の異常気象やら集中豪雨やら大型台風やら地震やらで、ネガティブな文字ではありますが、2018年を象徴する漢字はこれで決まりですよ。

 

そうしたら、ななみんも「私もそれでした!それ考えてました!本当です!本当です!」と急に乗っかってきたので、我々の公式見解は

 

「災」

 

これで決まりだ!!

どうだ!!
投資スクール20181211-13
ということで翌日蓋を開けてみたら
投資スクール20181211-14
ビンゴ!!

 

 

 

いやぁスカッとしましたね!!気持ちいい。

 

今年も気持ちよく終われそうです 笑

(ななみん曰く「今年は例年より習字の液ダレが少ない。」)

 

 

ちなみに、この廣瀬直筆の色紙は欲しい方にプレゼント、と散々言っていたにも関わらず誰も受け取りに来てくれなかったので、最後まで残っていた方に半ば強引に押し付………んんっ、プレゼントさせて頂きました。
投資スクール20181211-15
貴重な直筆なのに全くもって不思議ですね。

ソフトバンクと違って応募倍率100倍は行くと踏んでいたんですがね。字がネガティブだったからかな?うん、きっとそう。

 

 

ということで、来週もTOCOM投資スクールお越しくださいませー!

 

投資スクール20181211-16
(最後にツリーのインスタな映えの為に頑張るななみんの女の子らしい一面を添えて。角度がガチよ。)

 

 

 

廣瀬 瞬

 

 

関連投稿