◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0651 2019/1/17)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
ここ数年、固形石鹸人気が高まっています。「赤箱女子」なんて言葉もあるんですって!この言葉のタネ明かしは、また後ほど。
長い歴史を持つ固形石鹸は完全な成熟市場で、1991年をピークにその後は徐々に市場を狭め続けてきました。固形石鹸のライバルは、おそらく皆さんご想像の通り、70年代に登場したボディーソープなどの液状石鹸です。最近では泡立てなくても容器から出した瞬間に泡になるタイプもあって非常に便利であるのですが、逆に固形石鹸のひと手間かかるところが、生まれた頃からボディーソープ世代の若い女性には新鮮に映るそうで、ネットを使って丁寧にしっかりと泡立てるという行為や、使用することによって徐々に小さくなっていくのが目に見える点が達成感に繋がるのだそうです。
特に人気を集めているのが、牛のマークの老舗の石鹸メーカーの主力商品「牛乳石鹸」
パッケージデザインは、2016年にグッドデザイン賞も受賞しています。そんなところも人気に一役買っているのでしょうか? http://www.g-mark.org/award/describe/44651
牛乳石鹸は「赤箱」と「青箱」がありますが、その違いをご存知ですか?
「赤箱」は、うるおい成分のスクワランが配合されていてしっとりとした洗いあがりで、バラの香り。「青箱」は、さっぱりとした洗い上がりで、ジャスミンの香り…なんです。https://www.cow-soap.co.jp/akabako-digest/
冒頭の「赤箱女子」というのはこの、牛乳石鹸の「赤箱」を愛用している女性のこと。1個100円の石鹸を、洗顔石鹸として愛用している人が多いんですって!!化粧品クチコミサイト『@cosme』の2015ベストコスメアワードで、赤箱が「ベスト洗顔料」に選ばれたそうです。余談ですが、昔は全国向けの「白箱」と、九州地方限定の薬用せっけん「緑箱」もあったのだそうです。覚えているって方、いらっしゃいますか?
そこにプラスして明日から「橙箱」が販売されるんです。
「BEAMS」と「牛乳石鹸」がコラボした銭湯イベント『BEAMS JAPAN「銭湯のススメ。」』の限定商品。薬用デオドラント成分配合で、爽やかなシトラスフローラルの香り。税別370円ですって。https://www.beams.co.jp/special/teamjapan/project/#item/31
ちなみに今日1月17日(木)上野の寿湯で「銭湯のススメ。」のトークショーが開催されます。18:30開場で19:00から。先着50名様ですって。
さて、本日のTOCOMマーケット、米株の上昇で投資家心理が強気に傾き、リスク資産とされる原油は続伸。また安全資産の金も、英国のEU離脱を巡る不透明感で上昇しました。パラジウムはNY高を映して大幅続伸。史上最高値を更新しています。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「2018年5月の高値202.1円から半年もの下落相場が続いた東京ゴム先物相場ですが
11月21日の151.0円を底値に、1月9日の187.2円まで36円の上昇(上昇率24%)を見せました。
2018年6月以来、約7カ月ぶりの高値示現となりましたが、この上昇はウインタリング前の季節的要因に対する早織り込みによる上昇パターンであり、例年みられる1月高アノマリ―に沿ったもの。ここからの需給、ファンダメンタルズ材料としては弱気材料満載、テクニカル的にも、3段上げ完了に見えるチャートです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/01/player-2019115.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190115/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2019/01/10/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /1/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、小幅続伸
米株高や円相場の下落で、昨日のNY原油相場が上昇した地合いを引き継いで、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後NY相場の軟化と円相場の引き締まりを眺め、上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年6月限)は、90円高の40,120円。その他限月は110円~240円高。

☆金、反発
英国のEU離脱交渉を巡る不透明感は続くとの見方から安全資産の金は上昇。昨日のNY相場高を受けてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。寄り付き後に上げ幅を拡大する場面もありましたが、午後はNY金の水準切り下げと円の上昇に頭を押さえられ水準を切り下げました。中心となる先限(2019年12月限)は、22円高の4,515円。その他限月は、18円~22円高。ゴールドスポットは18円高の4,521円。金現物取引100gは40円高の4,590円。

☆白金、3日ぶり反発 
NY白金相場高や円の下落を眺めて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、NY相場の軟化や円の引き締まりで上げ幅を徐々に縮めました。中心となる先限(2019年12月限)は、17円高の2,815円。その他限月は、13円~19円高。プラチナスポットは11円高の2,819円。パラジウムは続伸。一時4,330円を付け、8日連続で史上最高値を更新しました。中心となる先限(2019年12月限)は、104円高の4,311円。終値でも昨日に続き史上最高値を更新しています。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、TSRは安寄りしたものの海外高と原油高を眺めて堅調に推移。この日の高値で取引を終えました。RSSは小幅ながら高寄りし、その後も上海高を受けて上げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年7月限)は40銭高の152円50銭。その他限月は変わらず~2円10銭高。RSS(2019年6月限)は、1円20銭高の184円80銭。その他限月は1円80銭安~1円10銭高。

☆とうもろこし、変わらず
韓国による米国産トウモロコシ買い付けが市場に伝わったことによる輸出増加期待で、昨日のシカゴとうもろこし相場が上昇。その流れを引き継ぎ、TCOOMとうもろこし市場の日中取引は反発して始まりました。しかしその後は、円の引き締まりを眺めて下落に転じ、上げ幅をすっかり消して取引を終えました。中心となる先限(2020年1月限)は変わらずの22,870円。その他限月は、10円~100円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +2.47%
2位 ゴム(RSS) +0.65%
3位 白金 +0.61%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -0.73%
2位 小豆 -0.22%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 33,731枚
2位 プラッツドバイ原油23,441枚
3位 白金標準取引 8,782枚

全商品合計取引高(先物) 87,601枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 259.00(前日比:+1.04)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・「2019年展望」
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/36892

・4カ月ぶりに供給不足に転じた世界の石油需給バランスの今後
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36881

・過去の出来事や不況と金価格の動き
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/36866

<参考ニュース>
・ガソリン店頭価格142.8円 1年ぶり安値 (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40112340X10C19A1000000/

・円安招くユーロ安 欧州の正常化期待後退で(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40104450X10C19A1I00000/

・NY商品、原油が続伸 米株高受け買い 金は反発 (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C19A1000000/

・英EU離脱、出口なき混迷 合意なしか7月延期か (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40074180W9A110C1MM8000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿