◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0664 2019/2/5)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
朝の天気予報では「今日は雨が降らない」と言っていたのですが人形町の辺りでは夕方にぱらっと振りました。大した雨じゃないけど、今日は寒いので濡れて風邪をひいてはいけないからと傘を買ったという方も多かったようです。
昔、お天気お姉さんをやっていた…というプライドにかけて、絶対に雨に濡れたくない私。いつも鞄に折り畳み傘を入れているのですが、それでも時々忘れてビニール傘を買わざるを得なくなることも年に1~2度。
ほんの5分、駅まで歩くだけなのに…。絶対あと1時間もしない内に雨はやむから、傘は要らなくなるのに…。本当に悔しいですよね。
そんな中、こんなサービス見つけました。傘シェアリングサービス「アイカサ」。
http://100banch.com/news/?newspost=15050#post15050
1日70円で傘を借りることができる、日本で初めての傘のシェアリングサービスです。12月にスタートしたばかりの新しいサービスで、これまでは傘を借りたり返したりする「アイカサスポット」は渋谷を中心とした約90か所だったのですが、この度「メガネスーパー」もこの「アイカサ」を導入することになり、三鷹、高円寺、大宮、横浜など都心近郊の30店舗でも利用できるようになったんです。LINEで「アイカサ」と友達になり、情報
登録をして、「アイカサスポット」にある傘を開錠して使うシステムです。この先、もっともっと利用できる場所が増えると使い勝手が良くなりますよね。
2月1日(金)から、2月28日(木)まで、記念キャンペーンで、アイカサ利用料金3日間分(210円)が無料になるそうです。使えそうな「アイカサスポット」を探して試してみてはいかがでしょう?TOCOMの近くでは、日本橋駅近くと神田駅近くと秋葉原のビックカメラ近くにスポットがありますよ!
さて、本日のTOCOMマーケット、ドル高による海外安を円安がサポートして小高く取引が終わる展開が多く見られました。原油、金、白金は続伸。ゴムは株価の反転下落を受けて反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson8「資金管理の基礎、ATR」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「今年のCESが示す技術見本市としての存在感」
コメンテーター:関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
「毎年CES(ラスベガスで開催される北米最大の家電IT見本市)に取材に行っているのですが、気になったことが日本の存在感の弱さ。
家電、車といえば、かつて日本は世界をリードしていましたが、もう20年以上も前の話。
今年から主催団体がこのCESに合わせて各国の国際競争力の発表を始めたのですが、それによると日本の順位は61か国中30位。真ん中辺りなのです。
その評価指標は様々ありますが、最新技術への取り組みの他、研究開発投資や企業家活動、また想定時価総額が10億ドルを超す未公開企業「ユニコーン」の数も評価の対象なのだそうです。
日本の国際競争力を高めるためには政府の支援、そして規制の緩和が必要なのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-201924.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
「金・原油は上昇トレンド継続か」フジトミ・齋藤和彦氏
【CX】上昇の金相場と横ばいの原油相場
【金】“V字回復”している金価格はこれからが本格上昇
【原油】強材料もあるが先安感残る原油市場
ゲスト:株式会社フジトミ・齋藤和彦氏
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190204

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2019/01/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
この所の高値の反動とドル高で昨日のNY原油相場は反落しましたが、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は円安に支えられて小高く寄り付きました。その後、円相場・NY相場ともに小動きだったため、始値を挟んで狭いレンジでもみ合い、やや上げ幅を広げて取引を終えました。中心となる先限(2019年7月限)は、150円高の41,880円。その他限月は110円~170円高

☆金、3日続伸
ドル高で昨日のNY金は続落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は円安にサポートされて高寄りしました。その後、NY金相場の上昇を背景に上げ幅を拡大しましたが午後に入って円の引き締まりを眺めてやや水準を切り下げました。中心となる先限(2019年12月限)は、15円高の4,633円。その他限月は、11円~17円高。ゴールドスポットは10円高の4,636円。金現物取引100gは10円高の4,690円。

☆白金、3日続伸 
昨日のNY白金相場はドル高で5日ぶりに反落しましたが、TOCOM白金市場の日中取引は為替が円安に振れたため高寄りしました。その後NY相場のもどりを映し上げ幅を拡大しましたが、終盤に円の引き締まりを受けて上げ幅を削りました。中心となる先限(2019年12月限)は、8円高の2,904円。その他限月は、6円~17円高。プラチナスポットは20円高の2,915円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、88円高の4,358円。

☆ゴム、3日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは株価の上昇と円安で高寄りしましたが、その後、株価の反転下落と円相場の引き締まりを眺めてマイナス圏に値を沈めました。TSRは小安く寄り付いた後、下げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は3円10銭安の150円60銭。その他限月は、3円00銭安~10銭高。RSS(2019年7月限)は、3円60銭安の179円10銭。その他限月は3円40銭安~30銭高。

☆とうもろこし、5日続伸
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、決め手材料を欠き、小動きで取引が始まりましたが、その後、シカゴの堅調を眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2020年1月限)は310円高の23,400円。その他限月は、250円安~160円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京灯油 +2.15%
2位 パラジウム +2.06%
3位 とうもろこし +1.34%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) -2.02%
2位 ゴム(RSS) -1.97%
3位 バージ灯油 -0.36%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,761枚
2位 プラッツドバイ原油 10,596枚
3位 白金標準取引 7,180枚

全商品合計取引高(先物) 61,248枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 268.30(前日比:+0.83)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・合意内容の削減率を基準に、減産順守率を計算する
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37208

<参考ニュース>
・昨年末以来の円安水準、米利下げ観測後退で(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40900790V00C19A2I00000/

・NY商品、原油が反落 ドル高が重荷、利益確定売りも(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V00C19A2000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿