◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0667 2019/2/8)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

マニアによるイベントなども開催され、空前の“文房具ブーム”
昨年末に開催された日本最大の文具の祭典と言われている「文具女子博」は、来場者数が前年を10,000人上回る35,000人を記録したそうです。https://bungujoshi.com/
文具“女子”博だけに、注目を集めたのはマスキングテープ。大賞を始め上位5位までに3つのマスキングテープ関連の商品が選ばれていました。
そして、今日発表された「文房具屋さん大賞」
http://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu/#award
こちらは、人気文房具メーカーの社員が審査委員を務め、この1年に発表された文房具の中からプロの目利きで、デザイン、機能、アイデア…総合的に一番優れている文房具を選ぶというもの。文学界の「本屋さん大賞」みたいなものですね。
大賞に選ばれたのはコクヨの「GLOOスティックのり」でした!
これ、本当にのり?って思ってしまう、洗練されていてとってもオシャレなデザイン。そして何より評価されたポイントは「四角いスティックのり」だということ。
確かにスティックのりは丸い形状が常識でしたよね。でも、使う時をイメージしてみると丸より四角の方が、隅まできちんと濡れて使い勝手がいいですよね?
今まで封筒などをのり付けするときは、下に紙を敷いて汚さないように工夫しながら使っていましたもん。何で今まで四角いスティックのりがなかったのかと言いますと、実は四角い形状だと構造上気密を保ちにくく、これまでどこのメーカーも上手く作れなかったんですって。それを、丸と四角を組み合わせた形状にすることで克服することが出来たのだそうです。アイデアですよね。しかも片手で蓋を開け閉めできるという使勝手の良さ。
一見すごく高そうに見えるんですけれど、Sサイズは130円ですって!
https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/gloo/
文具マニアのみなさん、要チェックですよ!

さて、本日のTOCOMマーケット、世界的な景気減速による重要停滞への懸念などから原油は反落。金はNY相場の戻りを眺めて反発しました。白金は需給の緩みが警戒されて3日続落。パラジウムは5日続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「米中貿易摩擦で急落した大豆 ここから」
コメンテーター:松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
「米中の貿易協議に関するニュースには依然として敏感に反応するものの、一方では中国が米産大豆の大口買い付けを行うなど、状況は徐々に変わりつつあります。
中国は米産の買い付け停止以降、ブラジル産を主に買い進めていましたが、南米産の供給だけでは国内需要を十分に見たすることは難しいのが実情です。
そのブラジルではここへきて乾燥気候が強まっており、干ばつによる作柄の悪化や生産の減少など、供給不安が高まっており、価格も上昇してきました。
一方で、米国の大豆輸出は中国に対する依存度が高いこともあり、中国側が米中競技の交渉カードの切り札として、米産大豆の買い付けを使用する可能性は高いと見られます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-201927.html

来週の放送予定
2月12日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson9「適切な取引量ユニットとは?」
小次郎講師

2月13日(水)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

2月14日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

2月15日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190204

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2019/01/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/8
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
世界的な景気減速による需要停滞への懸念などから、昨日のNY原油相場は反落しました。その流れを引き継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引は、その後、NY原油の軟調を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年7月限)は、870円安の40,790円。その他限月は920円~650円安。

☆金、3日ぶり反発
取引き中のNY金相場の戻りを受けてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後NY相場が再び軟化したのを眺めて上げ幅を縮めました。中心となる先限(2019年12月限)は、9円高の4,609円。その他限月は、9円~15円高。ゴールドスポットは7円高の4,612円。金現物取引100gは10円高の4,680円。

☆白金、3日続落 
昨日のNY白金相場が続落した流れを受けてTOCOM 白金市場の日中取引は安寄りしました。その後もNY相場の軟調を眺めて水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2019年12月限)は、46円安の2,803円。その他限月は、45円~35円安。プラチナスポットは33円安の2,806円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、30円高の4,464円。

☆ゴム、反落
原油相場の軟化を受け、TOCOMゴム市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後も円相場の引き締まりなどを眺め、下げ幅を広げました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は1円70銭安の149円50銭。その他限月は、1円80銭安~変わらず。RSS(2019年7月限)は、1円40銭安の177円80銭。その他限月は1円60銭~80銭安。

☆とうもろこし、変わらず
米中貿易協議の先行き懸念を背景に昨日のシカゴとうもろこし相場が続落。その流れ受けTOCOMとうもろこし市場の日中取引は、安寄りしました。その後は今夜の米需給報告を控えた様子見で小動きを続け、昨日の終値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2020年1月限)は変わらずの23,650円。その他限月は、210円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +2.88%
2位 パラジウム +0.68%
3位 金 +0.20%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.09%
2位 バージガソリン -1.70%
3位 白金 -1.62%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,435枚
2位 プラッツドバイ原油 19,097枚
3位 白金標準取引 11,081枚

全商品合計取引高(先物) 67,867枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 263.64(前日比: -3.05)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・記録的な寒波で足元の暖房油・留出油の消費は増えている
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/37139

・ベネズエラの石油掘削のための稼働リグ数
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37268

<参考ニュース>
・日経平均大引け 続落、418円安 米中の貿易協議難航に警戒(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LTSEC1_Y9A200C1000000/?nf=1

・北日本寒波で灯油値上がり 海上スポット3%高(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41064370Y9A200C1QM8000/

・NY商品、原油が反落 リビア油田再開の観測で、金は小幅続落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A200C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿