◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0681 2019/3/1)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
世界一“耳”に優しいライブ「耳フェス」が開催されるそうです。
「mimifes Vol.1〜SAVE THE EAR LIVE〜」
ライブって大抵は爆音を全身で浴びるため、ライブの後しばらく耳に靄がかかったような感じになりますよね。耳に優しいライブって一体???
実は、SONORITY F804(ソノリティ)という最新のスピーカーを使用するライブなのです。SONORITY F804「拡声」ではなく、「明瞭度」によって実現した画期的なシステムを採用したスピーカーで、高い音源分割能力で明瞭度を極限まで高め、歪みの少ないクリアな音をつくりだす…のだそうです。
スマートフォンや携帯音楽プレーヤーの普及などにより、大音量で音楽を聴く人が増え、今や世界の若者11億人が難聴になるリスクがある!!と世界保健機関では警鐘を鳴らしています。
そこで、音楽が大好きな人の耳を守ってあげたいと、この耳フェスが企画されたのです。
主催は、難聴者向けスピーカーの研究開発や、難聴についての理解を深めるセミナーなどを開催しているNPO法人 日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会と耳フェス実行委員会。3月12日(火)開場は18:00、開演18:30です。場所は麹町の東京FMホール。
出演アーティストは、耳に優しい音に徹底的にこだわるという趣旨に賛同したTOSHI NAGAI・33サーティスリー・団長&Kyrie from NoGoD・麦野 優衣・安藤 一成・REATMO・橋本 桃子・KINGの8組。
耳に優しいライブ、体験してみたい方、いかがでしょうか?チケットの販売はもう始まっています。https://eplus.jp/sf/detail/2855790001-P0030001P021001?P1=1221
ちなみに、あさって3月3日は耳の日です。
さて、本日のTOCOMマーケット、為替の円安・ドル高でTOCOMマーケットはほぼ全面高。白金、ゴムRSSの上昇トレンドが際立っています。

(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「金相場は、昨年11月半ばに押し目底を形成後、米連邦準備制度理事会(FRB)が2019年の利上げ継続に慎重姿勢を示したことから上昇基調に転換しました。1月25日にドル建て現物相場ベースで1,300ドルを突破。1,300ドル乗せ後も一段高となり、今月20日には昨年4月以来の高値となる1,346ドル台まで上昇。1,350ドル超えとなると、昨年4月11日の高値1,364ドルを目指すチャートになります。21日から修正安局面入りしていますが、25日移動平均線が支持線になっており、上昇基調を維持しています。」http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-2019228.html

来週の放送予定
3月4日(月)
「米欧中銀のハト派化、日銀は?」
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)

3月5日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson12「適切なロスカットラインの考え方」
小次郎講師

3月6日(水)
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)

3月7日(木)
「専門家の目~世界の金の動き」
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

3月8日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190225/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2019/02/22/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /3/1
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、堅調
前日に発表された米国国内総生産(GDP)統計が市場予想を上回ったことを受けNY原油が上昇、TOCOMドバイ原油日中取引も高く寄り付きました。その後は堅調なNY相場と円安の高進を受けて上伸。引けにかけて値を伸ばしました。中心となる先限(2019年8月限)は、45,290円。その他限月は740円~810円高。

☆金、小反発
米GDP統計発表を受けての米金利の大幅に上昇を眺め、NY金は下落しました。しかし、為替が円安・ドル高に振れたことからTOCOM金市場の日中取引は小高く寄り付き、午前中は4,700円を上回る水準まで上伸。午後は4,700円を挟んで横ばいの推移となりましたが、引けにかけやや値を下げました。中心となる先限(2020年2月限)は、12円高の4,696円。その他限月は、12円~14円高。ゴールドスポットは15円高の4,702円。金現物取引100gは10円安の4,760円。

☆白金 連騰
連騰を続けるTOCOM白金市場の日中取引は、NY高と円安を受けて、先限が前日比35円高の3,106円で寄り付きました。その後、3,127円まで値を伸ばしましたが小反落後は横ばいに。引けにかけてやや値を下げたものの上昇基調を維持しています。中心となる先限(2020年2月限)は、39円高の3,110円。その他限月は36円~44円高。プラチナスポットは42円高の3,107円。パラジウムは中心となる先限(2020年2月限)は68円高の4,998円。

☆ゴム、堅調
上海相場高と円安を受けてTOCOMゴム市場の日中取引はRSS、TSRともに高く寄り付きました。RSSはその後も堅調に推移して引けにかけて一段高となり、先限は昨年5月の高値202円10銭を終値で上回りました。中心となる先限、TSR(2019年9月限)は172円40銭。その他限月は、2円20銭~3円80銭高。RSS(2019年8月限)は、3円20銭高の204円。その他限月は2円80銭~3円30銭高。

☆とうもろこし、小幅反発
TOCOMとうもろこし市場の日中取引はシカゴ安を受けて小安く始まったものの、その後は円安の進展を映し高引けとなりました。中心となる先限(2020年3月限)は120円高の24,710円。その他限月は、60円~170円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン +1.96%
2位 ゴム RSS       +1.59%
3位 パラジウム     +1.38%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀        -0.18%
2位 大豆      -0.14%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引    32,105枚
2位 白金標準取引   19,290枚
3位 ゴールドスポット 10,473枚

全商品合計取引高(先物) 86,024枚
〃 (オプション)      120枚
金現物取引出来高        1枚

日経・東商取商品指数 284.83( 前日比:+3.52)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・引き続き、原油市場はトランプバズーカを警戒しなければならない
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37609

<参考ニュース>
・NY商品、原油が3日続伸 予想上回る米GDP受け(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R00C19A3000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012  東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿