◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0688 2019/3/12)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
耳かきをしていて、大きな耳垢が取れた時のあの快感…たらないですよねぇ…。思い出しただけでうっとり。でも、私もそうなのですが完璧主義なところがある人などは、更なる奥地を追及して、ついついやり過ぎてしまい耳を傷つけてしまったことがある…という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
実は耳って結構デリケートな場所で、素人が触るのはとても危険な場所なんですってね。
耳の汚れというモノは何もしなくても自然に外に排出される仕組みになっている…と、耳かき不要論を唱えているお医者さんもいるようです。耳かきで無理に耳垢を掻き出そうとすると耳の中を傷つけることが、また綿棒だと、耳垢を耳の奥に押し込むことがあるので、使うなら入口だけで奥を攻めるのはやめた方がいいのだそうです。
とはいえ、そのまま放置しているのは耳がなんだかむず痒い。それに耳の汚れが体臭の原因という説も。耳の穴には皮脂を分泌する「皮脂腺」や「耳垢線」があってここからの分泌液が臭いの原因なんだとか。
そこで、今、耳専用クリーナーが注目を集めているのです。
ピュアスマイル 耳クリーナーシリーズ。耳まわりに溜まりやすい汚れやアカを爽快ローションと綿棒ですっきりと取り除く耳そうじセットで、これまで皮脂の分泌を抑制する成分の大豆種子エキスやハトムギ種子エキスを配合したタイプ「SO!!KAIKAN爽快さっぱり」https://hands.net/goods/4526371059523/
潤い成分にヒアルロン酸・コラーゲンを使用した肌に優しいタイプ「SO!!KAIKAN爽快しっとり」https://hands.net/goods/4526371059516/ がありましが、これに加えて最新作の「SO!!KAIKAN 超爽快すっきり」が登場しました!!
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4976090?news_ref=50_50
先月25日に発売になったばかりですが、その爽快感が半端ないと評判です。これから暖かくなって汗ばんでくる季節。身だしなみのケアの一つとしてこんなアイテムを上手く使いこなして爽やかに過ごしたいですね。
さて、本日のTCOOMマーケット、日米株価の上昇で投資家の姿勢がリスクオンに傾き、白金とパラジウムが上昇しました。原油もサウジアラビアの減産継続を好感し続伸。一方金からは投資資金が逃げて安寄りしましたが、円の軟化を眺めて昨日の水準まで戻して引けました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson13「銘柄分散の考え方」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「女性が働きやすい会社はココだ」
コメンテーター:田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「東洋経済新報社では「CSR企業総覧」という書籍を出しているのですが、その中に「女性が働きやすい会社ランキングというページがあります。
有名大手企業が上位にランクインするのは当たり前なので、あえて、売上高3000億円未満の企業の中からピックアップ。
共通点は産休や育休期間が長いなど、子育てに理解のある会社が多いようです。産休後の復職率が100%の企業も珍しくなく、女性の平均勤続年数が男性と変わらない企業、女性の管理職が50%以上という会社もあります。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/03/player-2019311.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【金・原油】春に向けて金・原油の買い圧力強まる!
ゲスト:日産証券株式会社・菊川弘之氏
【CX&FX】米株下落で世界経済への懸念強まる!
【金】国家が『金』買いに走っている!
【原油】株高に連れて上昇を強める原油相場
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190311/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2019/03/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /3/12
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
サウジアラビアによる協調減産の継続方針などを好感して、昨日のNY原油相場が上昇した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後、上げ幅を拡大する場面もありましたが、NY相場の軟化を眺め午後に入って上げ幅を削りました。中心となる先限(2019年8月限)は、400円高の45,180円。その他限月は280円~470円高。

☆金、変わらず
米株の上昇を受けて昨日のNY金相場が下落したのを眺め、TOCOM金市場の日中取引は反落して寄り付きました。その後は、円相場の軟化やNY相場の戻りを映して昨日の終値まで水準を戻しました。中心となる先限(2020年2月限)は、変わらずの4,627円。その他限月は、1円安~6円高。ゴールドスポットは6円高の4,636円。金現物取引100gは10円高の4,690円。

☆白金 続伸、パラジウム 反発
取引中のNY白金相場が引き締まるのを眺め、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後も円相場の下落を映して上昇を続け、水準を切り上げました。中心となる先限(2020年2月限)は、40円高の2,951円。その他限月は36円~48円高。プラチナスポットは51円高の2,962円。パラジウムは急伸。中心となる先限(2020年2月限)は78円高の4,984円。

☆ゴム、続伸
海外ゴム相場の上昇や円安を映してTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後も、海外相場の堅調を眺め上げ幅を拡大しました。RSSは3日ぶりに一時200円を回復しました。中心となる先限、TSR(2019年9月限)は2円10銭高の170円30銭。その他限月は、20銭~2円30銭高。RSS(2019年8月限)は、2円00銭高の199円20銭。その他限月は50銭~1円20銭高。

☆とうもろこし、反落
昨日のシカゴとうもろこし相場、円相場ともに小動きで決め手を欠き、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後は始値をはさんでの小動きに終始しました。中心となる先限(2020年3月限)は90円安の23,770円。その他限月は、80円安~130円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +1.75%
2位 パラジウム +1.59%
3位 白金標準取引 +1.37%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.38%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 26,021枚
2位 プラッツドバイ原油 21,612枚
3位 白金標準取引 12,901枚

全商品合計取引高(先物) 76,989枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚
日経・東商取商品指数 281.46(前日比:+1.66)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・2020年12月、米国の原油生産量は日量1350万バレルへ!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37758

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 主要産油国の減産拡大や継続で、金は反落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R10C19A3000000/

・米石油輸出、ロシア抜き世界2位に IEA予測(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42333510S9A310C1000000/

・米農務省、ブラジル産大豆の生産見通し下げ(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42309280R10C19A3QM8000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿