◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0690 2019/3/15)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
3月1日からロッテ・グリコ・森永・明治など大手メーカーのアイスクリームが10円から50円値上げになりました。乳製品などの原材料の価格も上がっていることに加え、人手不足に伴う物流費や人件費の上昇が主な理由で、このような大規模な値上げは2015年以来、4年ぶりのことだそうです。ただでさえ悲しかったのに、6月からは大好きなハーゲンダッツまでもが!!
ハーゲンダッツジャパンは主力のアイスリーム約20品目を6月1日出荷分から20~100円値上げする値上げするんですって…。
理由はバニラが品薄状態になったから。日本の輸入元の約9割を占めるのがマダガスカル産のバニラビーンズ。2017年の夏にマダガスカルを襲った双子の台風で、マダガスカルのバニラ産業は大打撃を受けました。バニラの苗は植えてから約2~3年で花をつけということで来年以降はまた収穫出来るようになるのではないかとも言われているそうですが、日本の輸入価格は、5年前は1キロあたり20ドルだったのが、2018年6月には515ドルまで膨れ上がって、銀の価格よりも高くなった!「バニラ・クライシス」だ…と騒がれているわけで…。
「白い恋人」の石屋製菓は北海道産バニラの栽培に乗り出すそうです。原料の安定調達につなげるとともに、道産素材にこだわってブランド価値を高めるのも狙いとのこと。マダガスカルのバニラの産地は高温多湿気候なので、北海道よりもむしろ東京などで栽培した方がいいのかも…。通販のサイトで調べてみたら、マダガスカル産バニラビーンズ100グラムで 12,500円(内税)ですって!バニラ栽培でも始めようかなぁ…というのは冗談ですけれど、バニラはとても貴重品のようです。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はロンドン原油相場安の流れを受けて5日ぶりに反落。ガソリンも反落です。金は、英国のEUからの合意なき離脱の懸念が後退したことから3日ぶりに反落。ゴムは、米中首脳会談が3月中には開かれないと伝わったことで自動車向け需要が細るとの観測が広まり続落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「英国石油開発企業大手のBPが2月14日発表した2019年版の「BPエネルギーアウトルック」。世界の1次エネルギー消費は、中国、インドをはじめアジア全域での生活水準向上により、2017年の135億1,100万トン(石油換算)から2040年には178億6,600万トンへ32%増加するものの、年平均の伸び率は、1995~2017年までの約20年間の年平均伸び率2.1%から、2017~2040年の次の約20年間では1.2%へと大きく減速するとしています。
長期ファンダメンタルズ要因には不安材料が多いのですが原油価格は上昇基調を強めているのは何故でしょうか。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/03/player-2019314.html

来週の放送予定
3月18日(月)
「株式市場の動向と今後の見通し」
鎌田伸一さん(ラジオNIKKEI 記者)

3月19日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson14「増し玉の仕方」
小次郎講師

3月20日(水)
「2018年の金の需要動向とトピックス」
森田隆大さん(森田アソシエイツ 代表)

3月21日(木)
春分の日

3月22日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190311/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2019/03/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /3/15
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、5日ぶり反落
ロンドン原油相場安の流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、円相場の動きを映して小動きし、やや水準を切り上げました。中心となる先限(2019年8月限)は、320円安の45,620円。その他限月は370円~200円安。

☆金、反落
英国のEUからの合意なき離脱への警戒感が後退したことから、安全資産とされる金から投資資金が流出し、昨日のNY金相場は3日ぶりに反落。その流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は、安寄りしました。その後、円相場を眺めて小幅にもみ合いましたが、終盤にNY金相場の引き締まりを映して水準を切り上げました。中心となる先限(2020年2月限)は、10円安の4,656円。その他限月は、18円~10円安。ゴールドスポットは21円安の4,652円。金現物取引100gは20円安の4,710円。

☆白金 変わらず、パラジウム 反発
NY白金安を眺めてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の戻りや円の緩みを眺め徐々に水準を切り上げ、昨日の終値まで水準を戻して取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、変わらずの2,976円。その他限月は11円~1円安。プラチナスポットは16円安の2,963円。パラジウムは反発。中心となる先限(2020年2月限)は30円高の5,044円

☆ゴム、続落
貿易問題を巡る米中首脳会談が3月中には開かれないと伝わったことで、中国の自動車向けゴム需要が今後伸び悩むとの思惑から海外ゴム相場が下落。加えて原油相場安でTOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後は海外相場の軟化と円の下げ止まりを受けて安値圏で揉み合いました。中心となる先限、TSR(2019年9月限)は1円60銭安の169円00銭。その他限月は、3円10銭~50銭安。RSS(2019年8月限)は、3円50銭安の193円00銭。その他限月は4円30銭~3円80銭安。

☆とうもろこし、3日続伸
米国南部の産地で作付けが遅れていると伝わり、きのうのシカゴとうもろこし相場が上昇した流れを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場の軟化やシカゴ相場の堅調推移を眺めて上げ幅を拡大する場面もありましたが、週末を控えた様子見で上値は重く、大引けはやや水準を切り下げました。中心となる先限(2020年3月限)は20円高の24,060円。その他限月は、20円~90円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +0.60%
2位 大豆 +0.21%
3位 とうもろこし +0.08%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -1.78%
2位 ゴム(TSR) -0.94%
3位 プラッツドバイ原油 -0.70%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 37,307枚
2位 白金標準取引 12,561枚
3位 プラッツドバイ原油 8,652枚

全商品合計取引高(先物) 78,699枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 283.54(前日比: -1.31)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・中国の需要後退懸念から東京ゴムは下値探りへ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/37808

・石油市場を取り巻く悪材料の折り込みは完了したのか
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/37791

・米原油生産量、見通し下方修正の裏側
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37797

<参考ニュース>

・NY商品、原油が4日続伸 在庫減を受けた需給引き締まり観測続く(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V10C19A3000000/

・EU、英離脱延期「理由」明示を要求(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42491520V10C19A3000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿