CHECK

チャレンジしやすい駐車場運営!知っておきたい駐車場運営の豆知識を紹介!

有効活用されていない所は課税金額が高いですから駐車場運営として利用した方がいいのです。
このことは豆知識の基本で知っておいたほうがいいです、常識的なことでもあります。
万が一運営が成り立たなくなっても損失額が小さいため金銭的な負担を強いられることがないのです。
小さなスペースでも活用できますから、まずこの方法から行ってみるのが妥当なと考えられるのです。
土地の活用も、もっともポピュラーなものでもあります。

チャレンジしやすい駐車場運営!知っておきたい駐車場運営の豆知識を紹介!

駐車場運営をする際の豆知識で知ってほしいのは、損失額が小さいことであり、小さなスペースでも活用できるということです。
駐車場運営には人件費がかからないことも大きな理由の1つでもあります。
駐車場運営は成功率が高いとも言えますが、まずは専門家らに尋ねてみるといいかもしれません。
周りの環境や人口移動などを勘案していきながら、相場も決めていくからです。
ある程度の輸入が得られるようになる活用になるといいかもしれません。

駐車場運営の手続きに届け出などは不要

コインパーキングや月極駐車場などの駐車場運営に関しては、原則的には手続きに届け出は必要ありません。
管理委託方式および一括借上方式による駐車場運営であれば、業務委託であるため知識や資格がなくても運営可能です。
届け出が必要となる駐車場としては、次の要件を全て満たしていることが条件となります。
駐車場の車室が500平方メートル以上あって、不特定多数が自由に利用できる上に都市計画区域内にあるコインパーキングが条件です。
これらを全て満たすような駐車場を運営している、事業者ではなく個人の方は少ないです。
500平方メートル以上であっても、従業員専用駐車場など限定的なものであれば、これには該当しません。
ただ土地の面積がある程度広い場合は、手続きが必要となる可能性が出てくるため一応調べてみることをおすすめします。
なお駐車場運営を始めるにあたって、特別な資格も必要としないため安心してください。
小規模の駐車場であれば、設備を整えればすぐにでも始められます。
ちなみに経営を行うにあたって日商簿記やファイナンシャルプランナーなどの資格があれば、有利に経営できるようになるでしょう。

駐車場運営は少ない初期費用で始められる

土地活用にも様々な種類がありますが、最近はアパートやマンション経営をする人も増えてきています。
長期に安定した利益が期待できますが、建物を建てる必要があるので、初期費用も多く発生します。
数千万円などまとまった金額を用意することも多く、誰もが気軽に始められる方法ではありません。
その点、駐車場運営なら建物を建築する必要がないので、少ない初期費用でスタートできます。
コインパーキングの場合は設備の導入費用も発生しますが、それでも建物を建てることを考えるとかなり費用の負担は少なく抑えることができます。
アパートやマンションを建築した場合は、老朽化に伴いリフォームも必要になりますが、もともと建物がない駐車場運営ならそうした心配もありません。
利用者からのクレーム対応も少なく済むのも駐車場経営の良いところです。
駐車場運営の場合は、途中で土地を別の用途に使いたい売却をしたいという場合はすぐに更地に戻せるという安心感もあります。

駐車場運営は狭い土地を有効活用できる

駐車場運営と聞くとある程度以上の広さの土地が必要と考え勝ちですが、狭小な場所でも収益をあげることが出来るチャンスがあります。
地価が高額になる都市部では狭い物件でもそれなりの固定資産税負担が毎年のようにかかってきます。
住宅を建築できるほどの広さがあれば、購入希望者が見つかるかもしれません。
しかし狭すぎるとなると極めて制限された間取りになったり、都市計画法などの規制により新築住宅を建築できないなどの条件では売却により処分するのも困難です。
この点コインパーキングに代表される都市部での駐車場運営では、数台以上の自動車が止まることができるスペースがあれば十分です。
大きな収益を期待することはできなくても、固定資産税相当分を賄える収益を想定すればそれほどハードルが高いわけではありません。
固定資産税は土地の資産価値に比例して高くなるので、都市部では税額が高額になりがちな傾向があります。
駐車場運営で税負担分を収益でカバーできるばかりか、安定した収入源を手にすることもできるのはおおきなメリットです。

駐車場運営は管理会社の選び方が重要

使っていない土地を有効に利用したいときには、駐車場経営を始める方法があります。
しかし安定した料金収入を得るためには、管理運営のノウハウを持つ会社を見つけて契約を結ぶことも重要です。
様々な駐車場の管理会社がありますが、コストだけではなくて実績も重視して選ぶのが理想的です。
とりわけ地域の駐車場への需要をリサーチしてくれる会社は、遊休地の効率的な活用でもやくだちます。
様々な会社に見積もりを依頼すると、オーナーのニーズに合った駐車場運営のプランを提案してもらえます。
また遊休地の活用を検討している企業の経営者は、数年程度で投資資金を回収できる駐車場運営のプランに興味を持っています。
宣伝と集客にも強い管理会社と契約を結ぶのが、数年程度でも効率性の高い駐車場経営を実現するためのポイントです。
事前に経営セミナーに参加してオーナー自身が知識を身に着けると、契約先を選んだり安定した収益を得るために役立てることができます。

駐車場運営に関する情報サイト
知っておきたい駐車場運営の豆知識

有効活用されていない所は課税金額が高いですから駐車場運営として利用した方がいいのです。このことは豆知識の基本で知っておいたほうがいいです、常識的なことでもあります。万が一運営が成り立たなくなっても損失額が小さいため金銭的な負担を強いられることがないのです。小さなスペースでも活用できますから、まずこの方法から行ってみるのが妥当なと考えられるのです。土地の活用も、もっともポピュラーなものでもあります。

Search