◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0235 2017/4/26)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

何であんなことを言ったのでしょうか。「まだ東北で良かった」という今村氏の発言。呆れるよりも先にとにかく驚きました。そして、がっかりしました。あんな風に思っていた人が復興大臣を務めていたんだと。
人はよく失言した時に、うっかり…とか、たまたま発した言葉…と言い訳するけれど、その言葉はそれを発した人間の世界の中から出てくるものであって、例えうっかりでも、無いものは出てこないわけです。
先日亡くなられた詩人で随筆家の大岡信さんが「言葉の力」というエッセイの中で言葉を桜の花びらの色に例えて書かれています。言葉というのはその言葉を発した人の日々生きている世界全体を表すのだと。http://www.za.ztv.ne.jp/iguchi/monooki/kotobanotikara.html
美しく温かい言葉を話せる人間になりたい。そんな生き方をしたいとつくづく思います。
さて、今日は円安が進み、TOCOMマーケットは原油も金もトウモロコシも上昇しました。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
Lesson 4『一目均衡表の骨格「半値線」の秘密』
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
「半値線とは、ある一定期間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。
ある一定期間の価格変動の中心を「相場水準」と呼びますが半値線はある一定期間の相場水準、買勢力の均衡点、トレンドを教えてくれるのですが、実は一目均衡表は「半値線」で出来ていると言っても過言ではありません。
何故半値線が重要で、それを描く一目均衡表をどのように見れば相場が解ってくるのかを解説します。読んで字のごとく「一目」で「均衡」点が解るチャートなんです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/04/player-2017425.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
https://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/4/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、3日ぶり反発
米国の長期金利上昇を受けて為替が円安・ドル高に振れたことから、TOCOMドバイ原油の日中取引は高寄りし、その後も円安進行とNY原油の上昇を眺め上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2017年9月限)は、470円高の36,000円。その他限月は80円~520円高。

☆金、堅調
為替が円安に振れたのを受けて、TOCOM金市場の日中取引は値を上げて寄り付き、その後も円安を眺め大引けにかけて強含みに推移しました。中心となる先限(2018年4月限)は、4,511円。その他限月は12円~17円高。ゴールドスポットは、10円高の4,517円。金現物取引(100g)は、10円高の4,580円。

☆白金、上伸
円相場の軟化を受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後も円安進行を材料に上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年4月限)は3,418円。他限月は7円~14円高。プラチナスポットは、6円高の3,418円。パラジウムは先限(2018年4月限)は2,834円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の弱地合を引き継ぎ安寄りしましたが、円安を眺めて水準を切り上げ、前日の帳入値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2017年10月限)は、50銭高の218円80銭。他限月は、1円20銭安~1円70銭高。

☆とうもろこし、3日続伸
前日のシカゴとうもろこしが降雨予報で上昇したことや、円相場が軟化したことを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は値を上げて始まりました。その後も円の更なる軟化とシカゴの堅調を眺め水準を切り上げました。中心となる先限(2018年5月限)は、540円高の21,800円。他限月は、330円~520円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 東京灯油 +3.63% ※新甫
2位 とうもろこし +2.54%
3位 パラジウム +2.20% ※新甫

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -0.47% ※新甫
2位 小豆 -0.43% ※新甫
3位 大豆 -0.39%

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,996枚
2位 ゴールドスポット 16,085枚
3位 白金標準取引 10,748枚

全商品合計取引高(先物) 87,269枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 238.57 (前日比: +2.12)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米国の原油生産量は6ヵ月前のシェール主要地区の稼働リグ数に依存!?
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/25768

・天然ゴム生産国の対策
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/25759

・原油は2016年来の需給緩和へ
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/25753

・閑話休題
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/25745

<参考ニュース>
・東証大引け 今年初の4日続伸、米税制改革案への期待で 全業種が上昇 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_W7A420C1000000/

・米、政府閉鎖リスク浮上 28日予算失効 「壁」巡る対立激化 (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM25H5E_V20C17A4FF2000/

・NY商品 原油が小反発、米在庫の減少観測で 金は2週ぶり安値 (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W7A420C1000000/

・米国株、続伸 ダウ2カ月ぶり高値、ナスダックは初の6000台(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LANY02_W7A420C1000000/

・今村復興相、辞任へ 大震災「東北で良かった」と発言(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK4T64WWK4TUTFK01H.html?ref=yahoo
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿