◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0249 2017/5/23)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

この時期のお楽しみ、第一生命のサラリーマン川柳が、昨日発表になりました!今年でもう30回を迎えるんですね。全国から寄せられた55,067句の中からベスト10に選ばれた作品は「君の名は」「シンゴジラ」「ピコ太郎」など、去年から今年の流行を題材にするなど、どれも素晴らしい作品ですがテレビなどの報道でご存知の方も多いと思うので、敢えて11位以下の作品の中から、私のベスト3を選んでみました!
19位/守ろうと 誓った嫁から 身を守る(恐妻家)
50位/ポケモンで 希望者増えた 外回り(人事課長)
59位/KSK 今日・すぐ・帰れ 妻ライン(六郎丸)
面白いですねwww
100位まで掲載されていますから帰宅時の電車の中でお楽しみください♪
第一生命サラリーマン川柳コンクール http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/
さて、今日のTOCOMマーケット、ゴムと貴金属が上昇。円高局面でしたが海外高にサポートされました。(郁)
【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期 第7回「『基準線』を究める」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
「商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「先週に続いて、日曜日の夕方、休場中に実施された北朝鮮の弾道ミサイルの実験発射ですが、先週のミサイル発射は「まさか?」でしたが、今週は「またか!」と。市場の反応は限定的で、リスク回避が一気に高まるような動きにはならず、ドル円はリスク回避の円高にはならず円安気味となりました。この背景は、マーケットの材料としては、新鮮味に欠けた…マーケット自体が慣れたということ、またレッドラインとされる核実験ではなくミサイル発射であった事、あと、トランプ大統領が外遊中で急速なリスクの高まりには繋がらないだろうとの見方も強かったことが円高一服の理由の一つだと思います。
さらに先週、「ロシア・ゲート」疑惑」の高まりで、一気に円高に動きましたから、週末段階で少しリバウンド動きに入っていた流れが優先されたような感じがしますね。ただ、北朝鮮問題もこれでおしまいというわけではなく、Xデーに向けてまだ材料になってくるということは気をつけた方がよいでしょう。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-2017522.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
https://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/5/23
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反落
OPECの協調減産で、サウジ、ロシアに続いて、今朝、イラクも譲歩したというニュースを受けて、昨日の欧米市場の原油相場は堅調でしたが、為替が円高に振れたことでTOCOMドバイ原油の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の伸び悩みと円の引き締まりを眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2017年10月限)は、260円安の36,860円。その他限月は390円~110円安。

☆金、続伸
TOCOM金市場の日中取引は、取引開始時にドル円が111円を割るなど円高に振れていましたが、昨日のNY金相場の堅調にサポートされて高寄りしました。その後は、イギリスのコンサート会場の爆破事件でリスク警戒が強まり、強含みで推移しました。ただ、再び円が引き締まったのを眺めて終盤に上げ幅を削りました。中心となる先限(2018年4月限)は、13円高の4,491円。その他限月は13円~18円高。ゴールドスポットは、15円高の4,499円。金現物取引(100g)は10円高の4,560円

☆白金、続伸
NY白金高でTOCOM白金市場は夜間取引から大きく水準を切り上げました。日中取引では、円の引き締まりとNY高を眺め、高値圏でのもみ合いとなりました。中心となる先限(2018年4月限)は33円高の3,398円。その他限月は26円~37円高。プラチナスポットは、29円高の3,406円。パラジウムは先限(2018年4月限)は25円高の2,722円。

☆ゴム、3日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間取引での強地合いを引き継ぎ値を上げて寄り付きました。その後も上海の上昇などを眺めて上げ幅を大きく拡大しました。中心となる先限(2017年10月限)は、5円40銭高の233円10銭。他限月は、7円30銭~20円00銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
昨日のシカゴ相場が米国の産地の降雨での作付けの遅れが懸念され値を上げたため、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、シカゴ相場の軟化と円の引き締まりで弱含み、終盤に急落して取引を終えました。中心となる先限(2018年5月限)は、200円安の22,180円。他限月は、370円~60円安。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +2.37%
2位 中京灯油 +1.82%
3位 白金 +0.98%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.89%
2位 バージ灯油 -0.78%
3位 プラッツドバイ原油 -0.70%

取引高ランキング
1位 金標準取引 25,019枚
2位 プラチナスポット 9,579枚
3位 ゴム 9,430枚

全商品合計取引高(先物) 72,501枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 241.18 (前日比: -0.32)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・世界の原油在庫の取り崩しには、対米原油輸出の減少が必要
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26343

・ユーロ円124越え維持なら、TOCOM原油、メタルは買い目線で
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/26337
<参考ニュース>
・ビットコイン2200ドル台到達、日本人も一役 FX市場から資金流入(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23H5W_T20C17A5000000/

・高まる「ドイツ発円高リスク」の不安(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16728120T20C17A5000000/

・A・グランデの英コンサート会場で自爆攻撃か、19人死亡(REUTERS)
http://jp.reuters.com/article/britain-security-manchester-bang-idJPKBN18I2SX

・NY商品、原油が4日続伸 減産延長を期待、一時1カ月ぶり高値(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T20C17A5000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿