◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0272 2017/6/23)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

癌で闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなりました。友達でも知り合いでもなく、共通点といえば同じ女性であることくらいですが、彼女の訃報を知り、今、想像していた以上の悲しみに襲われています。
彼女のブログは、闘病の辛さや弱音も綴りながらも、生きる喜びに満ちていました。決して希望を失わなかった姿は本当に尊く、輝いていましたよね。
麻央さんはBBCの「100Women」人の心を動かす女性100人に選ばれ、その公式サイトに「私の人生はいろどり豊かな人生だ」と言葉を寄せています。http://www.bbc.com/news/magazine-37861457
麻央さんの遺した言葉を、今日改めてしっかりと心に刻み込みました。
さて、今日のTOCOMマーケット、原油が反発、穀物は下落しました。
(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:袰川有希

昨日の番組から
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「ここからのカギは米トランプ政権の動向と金融政策。6月14日のFOMCで米利上げが実施され、バランスシート縮小のロードマップも示されました。金融引き締め政策継続はドル高思惑につながりやすく金は下落基調に。金利上昇の環境下でも株高傾向が続き、金投資は回避される傾向にあります。ただし、年内の利上げもバランスシート縮小着手時期も、今後の米経済指標次第。まずは7月7日に発表される6月の米雇用統計の数字に注目です。
5日には今月13、14日に開催されたFOMCの議事録が公表されますのでこの内容にも注目です。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/06/player-2017622.html
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
https://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/6/23
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
このところの世界的な原油相場安の反動でNY原油が反発した上、円相場が軟化したことを受けて、TOCOMドバイ原油の日中取引は反発しました。高寄り後もNYの堅調を眺め上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2017年11月限)は、480円高の31,630円。その他限月は190円~520円高。

☆金、小幅続伸
前日のNY金相場が対ユーロでのドル安で上昇。また、ドル円相場での円安を受けてTOCOM金市場の日中取引は小幅に値を上げて寄り付きました。その後、取引中のNY相場とドル円相場が共に動意が薄いため材料に乏しく小幅にもみ合った末、やや上げ幅を広げて取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は、7円高の4,473円。その他限月は7円~11円高。ゴールドスポットは、8円高の4,478円。金現物取引(100g)は10円高の4,540円。

☆白金、反落
前日のNY白金相場が反落したことを受けて、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、一時下げ幅を縮小する場面もありましたが、終盤には日中の始値の水準に値を戻しました。中心となる先限(2018年4月限)は15円安の3,325円。その他限月は17円~6円安。プラチナスポットは、17円安の3,320円。パラジウム(2018年4月限)は、13円高の3,049円。

☆ゴム、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の軟調地合いを引き継いで安寄りしました。午後に入って水準を切り上げプラス圏に届く場面もありましたが、大引けは小幅にマイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2017年11月限)は、20銭安の189円30銭。他限月は、2円80銭~1円00銭安。

☆とうもろこし、4日続落
米中西部の産地での熱波による天候リスクが後退したため豊作の観測が強まり、シカゴとうもろこしは下落。それを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄り後、更に水準を切り下げました。その後、大引けにかけてやや下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年7月限)は、240円安の22,000円。他限月は、240円~140円安。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.54%
2位 バージガソリン +0.91%
3位 バージ灯油 +0.89%
値下がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 -1.86%
2位 とうもろこし -1.08%
3位 プラチナスポット -0.51%

取引高ランキング
1位 金標準取引 15,412枚
2位 プラッツドバイ原油 10,544枚
3位 プラチナスポット 6,641枚

全商品合計取引高(先物) 57,240枚
〃 (オプション) 108枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 222.05 (前日比: +1.45)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・パラジウム証拠金7150ドルへ、米国株ダウ30上昇停止
【著者】郷右近 要
 http://column.cx.minkabu.jp/27088

・海外原油は出直りか?米国のガソリン需要改善をキッカケに
【著者】斎藤和彦
http://column.cx.minkabu.jp/27080

・コストプッシュ型のインフレ鎮静化など大きな流れに巻き込まれているゴム市場
【著者】小針秀夫
 http://column.cx.minkabu.jp/27060

・陰の極みに接近か?原油市場見通し
【著者】菊川弘之
http://column.cx.minkabu.jp/27066

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 持ち高調整の買い戻し、リグ稼働数に関心(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T20C17A6000000/

・小林麻央さん死去 闘病、ブログで発信 共感の輪、読者258万人(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20170623/dde/041/200/052000c

・100 Women 2016: Kokoro – the cancer blog gripping Japan(BBC NEWS Magazine )
 http://www.bbc.com/news/magazine-37861457

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿