◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0451 2018/3/23)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

明日の夜8時30分から1時間、皆さんは何をする予定ですか?
もし、自由に過ごせる時間だとしたら、地球の未来を想って「EARTH HOUR」に参加してみてはいかがでしょう?  https://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/
「EARTH HOUR」は、パンダのマークでお馴染みのWWF(世界自然保護基金)が行っている「世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示す」というソーシャルグッド(社会課題の解決)プロジェクトです。
昨年は187の国と地域が参加し、東京タワー(日本)、エッフェル塔(フランス)、ロンドンアイ(英国)、アクロポリス(ギリシャ)など世界各地を代表する12,000を超えるモニュメントが消灯しました。
日付変更線に近い南太平洋諸国から、現地時間の20:30を迎えた地域から順に消灯を行い、消灯リレーが地球をぐるりと1周します。消灯のウェイブですね♪
イベントを盛り上げるサポーターズには、今年はなんと上野動物園のパンダのシャンシャン、シンシン、リーリー親子が選ばれたんですよ♪このイベントのサポーターズに動物が選ばれたのは世界初なのだそうです。
電気を消すというだけではなく、旬の食材を食べるとか、ごみの分別に気を付けてリサイクルしやすいようにするとか、絶滅危惧種や環境について勉強するというのも参加アクションの一つ。「青い地球を守る」って意思を示すために青いものを身につけるというのも。私も明日は青いワンピースを着て仕事に出かけ、夜はキャンドルを灯して過ごそうと思います。
皆さんも、家に眠っているキャンドルを探してみて下さい。そしてお出かけの方は、夜8時半にライトアップや照明が消えても驚かないでくださいね。どんなところが「EARTH HOUR」に参加しているんだろうってウォッチしてみて下さい。
福島県、横浜市、広島市、富山市、酒田市、岐阜市は自治体として参加しますし、東京スカイツリー、東京タワー、東京駅、コスモクロック21、通天閣、原爆ドーム等々のランドマークが8時30分に一斉消灯。シェラトン、ヒルトン、コンラッドといったホテルなどでもキャンドルナイトを実施するそうです。
さて、今日のTOCOMマーケットは1年4か月ぶりの円高で全面安です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『岡安盛男のFXトレンド』
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
『専門家の目~金がわかれば世界が見える』
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト))
「FOMCを前に既に弱含みに推移していたゴールドですが1,300ドル大台はキープ。2月27、28日のパウエルFRB新議長の議会証言を受けて弱含んでいたのですが1,300ドル大台を割れずに高値圏を保っていた背景には、ゲーリー・コーン氏辞任やティラーソン氏解任などトランプ政権の政権運営への先行き不安や、保護貿易主義が世界経済へ与える悪影響などを嫌気し、リスク資産が一部ゴールドにも流れ込んでいるものとみられます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/03/player-2018322.html

来週の放送予定
3月26日(月)
「米追加利上げと国際商品相場」
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

3月27日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第17回「大循環分析MACDの仕掛けと手じまい」
小次郎講師

3月28日(水)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
山内弘史さん(石油ガス・ジャーナル 顧問)

3月29日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

3月30日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180319/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/3/23
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、5日ぶり反落
米中貿易摩擦による景気の冷え込みで原油の需要が細るとの警戒で、前日のNY原油が反落した流れを引き継ぎ、加えて円高が急速に進んだため、TOCOMドバイ原油の日中取引はこの日の安値で寄り付きました。その後、NYの戻りを眺めて下げ幅を縮める場面もありましたが、円高と株安を眺め軟調に推移しました。中心となる先限(2018年8月限)は、520円安の42,020円。その他限月は550円~190円安。

☆金、3日ぶり反落
米利上ペース加速の観測が後退し、前日のNY金は続伸しましたが、急速な円の引き締まりで打ち消され、TOCOM金市場の日中取引は大幅に値を下げて始まりました。その後、NYの上昇を眺め下げ幅を半値ほど戻しました。中心となる先限(2019年2月限)は、13円安の4,505円。その他限月は、14円~10円安。ゴールドスポットは13円安の4,513円。金現物取引100gは20円安の4,560円。

☆白金、3日ぶり反落
NY白金安と円高を受け、TOCOM白金市場の日中取引は、大きく安寄りしました。その後、取引中のNYの上昇と円安の強弱材料の綱引きで、小幅もみ合いで推移しました。中心となる先限(2019年2月限)は、47円安の3,223円。その他限月は51円~41円安。プラチナスポットは45円安の3,235円。パラジウム(2019年2月限)は、42円安の3,306円。

☆ゴム、大幅反落
TOCOMゴム市場日中取引は円高を受けて安寄りしました。その後、米中貿易摩擦による中国の先行きの不透明感から上海相場が下落したのを眺め、下げ幅を拡大。一時174円40銭と2016年10月以来、1年5か月ぶりの安値をつけました。中心となる先限(2018年8月限)は、12円80銭安の174円50銭。他限月は、13円20銭~10円50銭安。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
前日のシカゴとうもろこし相場は続伸しましたが、円相場が大きく引き締まったため、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、一段水準を切り下げて寄りつきました。その後は決め手材料に欠き、小幅なレンジでもみ合いました。中心となる先限(2019年3月限)は、210円安の23,330円。他限月は、540円~80円安。
◆騰落率・取引高ランキング◆

値上がり商品(先限、騰落率)
※本日、値上がり商品はありません。

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -6.83%
2位 白金 -1.44%
3位 プラチナスポット -1.37%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 33,957枚
2位 ゴールドスポット 14,264枚
3位 ゴム 13,950枚

全商品合計取引高(先物)106,802枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 261.68 (前日比: -2.23)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・上海原油先物のスタートと中国の原油輸入事情
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/31943

・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
https://column.cx.minkabu.jp/31934

・割高な東京トウモロコシは修正安へ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/31924

・上海ゴムの安値更新で覆された今後の相場シナリオ
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/31905

<参考ニュース>
・米鉄鋼輸入制限、日本も対象「極めて遺憾」 経産相(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28478540T20C18A3EAF000/?nf=1

・米大統領補佐官を解任 後任に強硬派ボルトン氏(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28476430T20C18A3000000/

・ 円、続伸し104円台後半で始まる 1年4カ月ぶり高値圏(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0IMF01_T20C18A3000000/

・NY商品、原油が反落 利益確定売り優勢、金は続伸 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T20C18A3000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿