◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0476 2018/4/27)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

昨夜、少しだけ残業をしたのでTOCOMを出たのが夜8時すぎでした。そうだ!この時間ならあそこ、空いてて入れるかも…。4月11日にTOCOMすぐそばにオープンした「串カツ田中 研修センター」です。https://kushi-tanaka.com/restaurant/detail/kodenmacho
連日行列だったのですが、オープンから半月です。そろそろ…と思ったんです。が、残念!やっぱりまだ外に入店待ちの人が並んでて諦めました。
でも大丈夫。もうひとつお目当てがあるんです♪同じ人形町通りに、今週月曜日、あの、ミスターラーメンこと前島司さんが率いる「せたが屋グループ」の「塩専門ひるがお」がオープンしたんです♪♪♪ www.setaga-ya.com/
月・火は、オープン記念で通常850円の塩玉らーめんが500円で振舞われていたので、昼も夜も大行列になっていたのですが、通常料金になった昨夜は大丈夫だろうと行ってみたら、やはり外に行列が…。もうしばらく待つことにします。
さて日本橋のグルメつながりで、もう一つグルメ情報を。
GW明け、水天宮のロイヤルパークホテルで、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会主催の「Best Dish for 2017」でシルバーアワードを受賞した、総料理長の飯村功氏の作品「オマールブルーと里芋のガトーキャビア添え ターメリックの香るエッセンス」が5月7日(月)~6月30日(土)の期間限定で商品化・提供されるのだそうです。 https://www.jiji.com/jc/article?k=000000101.000017277&g=prt
ロティスール協会といえば「素晴らしい料理とワインの真価を認める、世界中の料理人や美食家達からなる、伝統と格式を持った国際美食団体…」だそうで、本部はフランス。会員になるには2名の会員の推薦を必要とし、指名を受けた後、フランス評議会において正式に就任を認められなければならないそうです。www.rotisseurs-kanto.jp/about/ それくらい格式の高い協会のコンテストで入賞したお料理なんて聞いたら食べてみたくなりません? 2日前までの予約制で、一皿5,702円(サービス料・税込)。こちらは行列を作る必要ないですよ。ちなみに私、スポンサー大募集中です♪
さて、本日のTOCOMマーケットは、連休前であまり大きな動きが見られませんでした。原油も金もNY相場の弱さと円の引き締まりで反落しました。ただ、とうもろこしは2年半ぶりの高値を今日も更新しました。

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター:林知久さん(投資日報社)
「東京金の今後展望する際にはドル円相場の動向を分析しなくてはなりません。
年初ドル/円相場は1ドル=113円付近でしたが3月23~26日にかけて104円60銭付近まで下落しました。しかし、現在は円安に転換し、109円台へ上昇しています。これに反応して東京ゴールドスポットも現時点で最大235円戻っています。
ドル/円相場が104円台から円安基調に変わった3月23日が、水星が逆行を開始した時間帯でした。水星逆行中は乱高下し相場の方向感が定まらない期間ですが、実際にこの時からドル円相場は下げ止まり、日替わりで上昇下落を繰り返すことに。
水星逆行期間の中間点も重要ですが、今回中間点となった4月2日からドル円相場は急反発。さらに、逆行終了となった4月15日からドル円は上昇を加速させており、まさに水星逆行に支配された値動きが確認されました。
次の注目点は「シャドウ抜け」という時間帯。今回は5月2~3日に該当します。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-2018426.html

来週の放送予定
5月1日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期 Lesson5「逆指値注文1」
小次郎講師

5月2日(水)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180423/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/4/27
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反落
イラン核合意に関連して中東情勢の緊迫が高まり、原油の供給が細るとの懸念が広がったため、NY原油が続伸しました。この流れを受けてTOCOMドバイ原油の日中取引も高寄りしましたが、その後、NY相場の軟化と円相場の引き締まりを眺めてマイナス圏に値を沈め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年9月限)は190円安の46,530円。その他限月は220円~50円安。

☆金、反落
対ユーロでのドル高でNY金相場が続落。TOCOM金市場の日中取引は大幅に水準を切り下げて寄り付きました。午前中はNY金の弱地合いと円の上昇を映して下げ幅を広げましたが、午後は再び円安が進んだため、下げ止まりました。中心となる先限(2019年4月限)は、28円安の4,614円。その他限月は、32円~26円安。ゴールドスポットは32円安の4,624円。金現物取引、100gは30円安の4,680円。

☆白金、続落
NY白金安を映してTOCOM白金市場の日中取引も安寄りし、その後もNYの軟調を眺めて弱含みに推移しました。中心となる先限(2019年4月限)は、16円安の3,197円。その他限月は、27円~12円安。プラチナスポットは29円安の3,202円。パラジウム(2019年4月限)は、25円高の3,315円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引は決め手材料が無く昨日の帳入値と同値で寄り付きましたが、上海の下落を眺めて寄り後に水準を切り下げ、マイナス圏でもみ合った後、安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2018年10月限)は、1円50銭安の185円60銭、その他限月は1円80銭~1円10銭安。

☆とうもろこし、3日続伸
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、大型連休前の様子見で動意に乏しく、小幅に高寄りして始まりましたが、その後、シカゴの堅調を眺めて上げ幅を拡大し、一時、25,420円と2015年10月23日以来、約2年半ぶりの高値を昨日に続き更新しています。中心となる先限(2019年5月限)は90円高の25,330円。他限月は、300円安~210円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京ガソリン +1.13%
2位 パラジウム +0.76%
3位 大豆 +0.60%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット -0.90%
2位 銀 -0.86%
3位 ゴム -0.80%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 28,074枚
2位 プラチナスポット 14,531枚
3位 ゴム 12,147枚

全商品合計取引高(先物) 96,690枚
〃 (オプション) 60枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 280.25(前日比: -1.01)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・関心が高まっている6月のOPEC総会
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/32583

・“洋上在庫”は原油市場に波風を立てる要因になるか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/32589

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 イラン核合意巡る警戒感で 金は続落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X20C18A4000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿