◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0494 2018/5/28)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
今朝インターネットを立ち上げて、ギョッとしたネットニュースが「“つけ置き洗い”は汚れも落ちず病気のもとに?」というもの。 http://www.jprime.jp/articles/-/12428
衛生微生物研究センターの調査によると、食後に10時間ほど漬け置きした食器は菌が7万倍に増殖、最大140万個もの細菌が残留。スポンジと洗剤で洗い流したところ、平均10万個の残留細菌が確認された…のだそうです!!
ぞっとしました。だって、私よくやってたんですもん、“つけ置き”。
新潟ではお茶碗を水に漬け置くことを「ひやかす」といいます。「食べ終わった食器、流しに運んでひやかしておいてね…」というように使います。そんな言葉があるくらいだから、どこの家でもやっていると思うんですけど。
茶碗についたご飯粒をそのままにしておくとカピカピにこびり付いてちょっとやそっと擦っただけでは落ちやしない。だけど水に漬けて置けば、スポンジで擦るとするりと汚れが落ちるし…。そうです、簡単に汚れが落ちるからこそ、すすぎも割と簡単にやっちゃっていた気がします…涙。
皆さんもやってません?朝は何かと忙しいから朝食後は洗い桶に食器を突っ込んで慌ただしく仕事に出かけ、食器洗いは帰宅してから…って。朝8時につけ置きしたら、夕方6時には菌が7倍に繁殖しているってことです!!
細菌140万個…怖いです。東京の梅雨入りも間近。ただでさえ菌が繁殖しやすい環境です。これからは食べ終わったら即、お茶碗を洗うことにしましょうね。
さて、今日のTOCOMマーケット、産油国の減産緩和観測と米国の増産観測で、ドバイ原油が大幅に続落。約10日ぶりに5万円台を割り込みました。金は米朝会談の開催を巡って反落。白金も金の下落に連れて反落となりました。パラジウムは反発しています。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「原油高、金安の行方は?」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
キャスター:山本 郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/05/player-2018525.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180521-2/

特別企画 『ワールド・ゴールド・カウンシル 2018年第一四半期
“ゴールド・ディマンド・トレンド”』の需給分析
コメンテーター:ワールド・ゴールド・カウンシル 顧問 森田隆大(もりた・たかひろ)氏
https://tocomsquaretv.com/wgc_q1_2018/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/05/22/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/5/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、急落
産油国の減産緩和観測と、米国の増産観測で、原油相場が急落。TOCOMドバイ原油市場も夜間取引中に約10日ぶりに5万円台を割り込み、日中取引は大幅に水準を切り下げて寄り付きました。その後、円相場の引き締まりを映して下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年10月限)は、2,180円安の48,020円。その他限月は2,160円~390円安。

☆金、反落
米朝首脳会談の開催を巡って、先週末にリスク回避で投資資金が流入した金相場ですが、会談実現の可能性が強まったため軟化。TOCOM金市場の日中取引もNY金の下落を受けて安寄りし、その後、円の上昇を眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2019年4月限)は、19円安の4,557円。その他限月は、25円~16円安。ゴールドスポットは26円安の4,565円。金現物取引 100gは20円安の4,620円、1kgは4,600円。

☆白金、反落
米朝関係を巡る不透明感の緩和で、投資家のリスク回避姿勢が後退し、金相場が下落したことが白金相場に波及しNY白金相場が下落。TOCOM白金市場の日中取引も安寄りし、その後日中の始値を挟んで小幅にもみ合いを続けました。中心となる先限(2019年4月限)は、22円安の3,191円。その他限月は、28円~19円安。プラチナスポットは27円安の3,192円。パラジウム(2019年4月限)は9円高の3,351円。

☆ゴム、軟調
TOCOMゴム市場日中取引は原油相場の急落を受けて軟調にスタートしましたが、その後、上海相場の上昇と円安の綱引きとなり小幅にもみ合いながら、大引けにかけてやや水準を切り上げました。中心となる先限(2018年11月限)は193円40銭、その他限月は2円30銭~1円40銭安。

☆とうもろこし、3日続落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、夜間の軟調地合いを引き継ぎ安寄りしました。その後は材料が見当たらず、小幅な値動きで推移しました。中心となる先限(2019年5月限)は110円安の25,730円。その他限月は、120円安~50円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +0.69%
2位 パラジウム +0.27%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -4.34%
2位 バージガソリン -4.03%
3位 バージ灯油 -2.82%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 31,482枚
2位 金 26,223枚
3位 ゴールドスポット 15,425枚

全商品合計取引高(先物) 106,395枚
〃 (オプション) 151枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 286.18(前日比: -8.06)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/33034

・“悪いサウジ”に逆戻り!? 2
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/33024

・ゴムは202円10銭で頭を打つ
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/33005

<参考ニュース>
・原油、減産緩和検討で急落 早晩下げ止まりの見方も (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31036540Y8A520C1000000/

・NY商品 原油が続落、減産緩和の思惑で 金は反落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W8A520C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿