◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0593 2018/10/18)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

牡蠣に合うワイン…といえばシャブリが有名ですが、昔、「美味しんぼ」で、山岡士郎が「ワインでは牡蠣の臭みは消えない、日本酒の方が牡蠣には合う」というようなことを言っていたっけ…。でも、やっぱり生牡蠣を食べるときには白ワインを合わせるのが主流なようです。シャブリの他にもリースリング、ミュスカデ、サヴニエールなどなど試してみると美味しいワインはたくさんあるそうです。
牡蠣が美味しくなるこの時期に合わせて去年から“真のオイスターワインを決める品評会”「オイスターワインコンテスト」が開催され、世界各国から200以上のワインがエントリーし、ワインのプロがブラインドテイスティングで試飲した結果、今年はmoulla「ダヴィッド エルメル リースリング・レゼルヴ」というワインが、『岩牡蠣特別賞』を受賞したそうです。どんな味のワインなんでしょうね。試してみたい方どうぞ!
https://shop.moulla.jp/shopdetail/000000000001/ct7/page1/recommend/
ちなみに、去年の結果一覧はこちらに紹介されています。
http://column.tokyowinecomplex.com/competition/20171018.html
ところで、ワインと一緒に生牡蠣を食べるとき、牡蠣を食べてワインで流し込んでいませんか?どうやら牡蠣を美味しく味うなら、牡蠣とワインは一緒に流し込まない方がいいみたいです! http://www.oysterbar.co.jp/oyster/wine.php
まず、ワインを一口飲んでワインの風味を楽しみ、それからレモンを絞った牡蠣を一口で食べちゃうんです。すると「レモンに含まれるクエン酸の効果で牡蠣の旨味が引き立ち、白ワインの酸味とも絶妙なバランスをとる」んですって。その後、まだ牡蠣の風味が口に残っている間に、またワインを一口。これが正しい牡蠣とワインの楽しみ方のようです。
また、生牡蠣は白ワインの方が合いますが、牡蠣のワイン蒸しとかソテーといった温かいお料理には赤ワインも合うんですって!試してみて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケットは、円安を好感して金は小幅ながら反発しましたが、その他は軒並み海外安を映して下落しました。原油は、米在庫の増加でNY原油が一か月ぶりの安値を付けた流れを受けて大幅に反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:後藤康浩さん(亜細亜大学 都市創造学部 教授)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「10月4日、トヨタ自動車とソフトバンクグループがモビリティサービス事業での提携合意を発表。株式の時価総額の2トップの提携に世界が驚きました。約20年前、トヨタはソフトバンクから販売関連のシステム導入で提案を受けた際に断っていた過去があり、両社は相性が良くないと思われていましたが、この提携の背景にあるものは…。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/10/player-20181017.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181015

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/10/10/

【【【TOCOMリアルトレードコンテスト入賞者を悪用したウェブサイトに関するご注意】】】
第1回TOCOMリアルトレードコンテスト2位入賞者の名前を悪用したウェブサイトが存在しています。
入賞者ご本人および当社とは一切関係がございませんので、ご注意ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/10/18
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、大幅反落
昨日のNY原油相場が米在庫の増加を嫌気して下落し、一時、約1か月ぶりの安値を付けた流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後もNY原油の軟調を映し、水準を切り下げました。中心となる先限(2019年3月限)は、990円安の53,660円。その他限月は950円~330円安。

☆金、反発
昨日のNY金相場が、株価の上昇とドル高で反落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は、円安材料が勝り高寄りしました。その後、決め手材料難でもみ合いが続きましたが、取引中のニューヨーク相場の軟調や円相場の引き締まりを眺め、上げ幅を削って取引を終えました。中心となる先限(2019年8月限)は、3円高の4,402円。その他限月は、変わらず~12円高。ゴールドスポットは8円高の4,421円。金現物取引100gは変わらずの4,480円。

☆白金、4日続落
昨日のNY白金がドル高で反落した流れを受けて、TOCOM白金市場の日中取引は、安寄りし、その後、NYの軟調や円相場の上昇を眺めて下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2019年8月限)は、17円安の2,984円。その他限月は、15円~9円安。プラチナスポットは12円安の3,010円。パラジウム(2019年8月限)は、21円安の3,605円。

☆ゴム、TSR・RSS反落
上海相場の軟調と、原油相場の下落を受け、TOCOMゴム市場の日中取引はTSR・RSSともに安寄りしました。その後、円相場の引き締まりなどを眺めて水準を切り下げ、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年4月限)は2円40銭安の149円20銭。その他限月は2円70銭~10銭安。RSS(2019年3月限)は、4円10銭安の165円80銭。その他限月は11円40銭~4円00銭安。

☆とうもろこし、変わらず
シカゴ相場の軟化と円安の強弱両材料が綱引きとなり、昨日の帳入値を挟んだ狭いレンジでの小動きに終始しました。中心となる先限(2019年11月限)は変わらずの24,900円。その他限月は、30円安~210円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴールドスポット +0.18%
2位 金 +0.07%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -2.41%
2位 プラッツドバイ原油 -1.81%
3位 バージガソリン -1.60%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 27,249枚
2位 プラッツドバイ原油 19,240枚
3位 白金標準取引 6,059枚

全商品合計取引高(先物) 72,403枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 303.94(前日比: -3.63)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・9月の原油生産量、イランは減少、OPEC全体は増加
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35474

みんコモ
・9月の原油生産量、イランは減少、OPEC全体は増加
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35474

<参考ニュース>
・NY商品 原油が一時1カ月ぶり安値、米在庫増で 金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y8A011C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿