◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0614 2018/11/16)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
『POPEYE』で2012年6月号から今年5月号まで6年間にわたって連載された、クレイジーケンバンドの横山剣さんの人気コラム「僕の好きな車」。
5歳の時に本牧で走る姿を見て顔力に惹かれたという「FORD MUSTANG GT’65」から、幼稚園の頃、UFOのような衝撃的なデザインに腰を抜かしたという「CITROEN DS」、7歳の頃に大人の覚悟を教えてくれた「NISSAN R381」、9歳のとき、セレブが愛する子犬のような、てんとう虫のような小型車に惹かれた「MORRIS MINI COOPER S -1969-」。 23歳のとき、長年焦がれた車を手にし、ただ一度乗り別れた「BMW 2002tii -1984-」などなど、横山さんのこれまでの人生に関わって来た71台の名車・旧車・ダメ車・珍車…との思い出の数々が綴られたこのコラムが立東舎で書籍化され、今日発売になりました♪ http://rittorsha.jp/items/18317407.html
横山さんの車に対する愛情や、時代時代のエピソード、音楽、映画、ファッションなども盛り込まれていて、車にそれほど興味の無い私でも楽しく読み進めることが出来ます。
さらに、コラムで採り上げた車のイラストが添えられているのですが、それが本当に美しいのです。
そのイラストが、なんとTシャツにもなっちゃったんですって。
https://t-od.jp/item/?brand_id=A00071
全71台分あります!!皆さんの憧れの一台もあるのではないでしょうか♪
またサイズも、キッズサイズからXXLまで全9サイズで展開しているので、親子、あるいはカップルでお揃いで着用することも出来ますよ♪
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はこのところの下落の反動で続伸しました。金は英国のEU離脱をめぐる先行き不透明感で小幅ながら続伸。白金も6日ぶりに反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「次回12月の利上げが織り込まれる過程で、足元でもドル高基調が強まっています。
また、来年3回の利上げが想定されていることから、ドル高基調は継続する可能性が
高く、ゴールドはさらなる下落のリスクも。
しかしながら、株式市場が不安定化すれば想定どおりの来年3回の利上げが実施できるかどうかはわかりません。また、欧州は来年9月以降の利上げが見込まれています。
米国の利上げサイクルの打ち止めが見えれば2019年ドル高は終焉し、
ユーロが上昇するサイクルとなりますが、その時はゴールドが上昇となるでしょう。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/11/player-20181115.html

来週の放送予定
11月19日(月)
「中間選挙後のトランプ政権の今後」
岡田晃さん(経済評論家)

11月20日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson15「エッジの見つけ方・後編」
小次郎講師

11月21日(水)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

11月22日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181112

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/11/7/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/11/16
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、続伸
昨日のNY原油相場が最近の相場急落の反動で上昇した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小幅ながら高寄りしました。その後は、NY相場の戻りが続いているのを眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年4月限)は、290円高の46,320円。その他限月は330円~630円高。

☆金、小幅続伸
昨日のNY金相場が英国のEU離脱をめぐる先行き不透明感を背景に上伸した流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、もみ合いを続けましたが、終盤に円相場の引き締まりを眺めて上げ幅を削りました。中心となる先限(2019年10月限)は、2円高の4,411円。その他限月は、1円~9円高。ゴールドスポットは2円高の4,429円。金現物取引100gは20円高の4,490円。

☆白金、6日ぶり反発
TOCOM白金市場の日中取引は、NY白金相場高を受けて高寄りした後、決め手材料難から狭いレンジで推移し、始値の水準で取引を終えました。中心となる先限(2019年10月限)は、24円高の3,060円。その他限月は、21円~28円高。プラチナスポットは27円安の3,077円。パラジウム(2019年10月限)は、54円高の3,842円。

☆ゴム、小幅続落
上海相場の堅調を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、円相場の引き締まり等を眺めて上げ幅を消しました。中心となる先限、TSR(2019年5月限)は10銭安の143円70銭。その他限月は変わらず。RSS(2019年4月限)は、10銭安の157円80銭。その他限月は40銭安~2円60銭高。

☆とうもろこし、3日続落
昨日のシカゴとうもろこし相場が大豆に連れて上昇した流れを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、円相場の上昇をながめて下落し、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2019年11月限)は30円安の24,740円。その他限月は、260円安~80円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.43%
2位 バージ灯油 +1.30%
3位 銀 +0.97%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.12%
2位 ゴム(TSR) -0.07%
3位 ゴム(RSS) -0.06%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 33,112枚
2位 プラッツドバイ原油 16,314枚
3位 白金標準取引 7,226枚

全商品合計取引高(先物) 74,715枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 277.30(前日比:+1.49)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・OPEC減産姿勢は評価されず下落が加速する原油相場
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/35973

・米シェール主要地区の原油生産量は9カ月連続で増加
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/35977

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 戻り期待の買い、ガソリン在庫減も追い風(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W8A111C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿