◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0616 2018/11/20)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

11月の第4金曜日は「ブラックフライデー」。今年は23日の勤労感謝の日ですね。
ブラックなんて聞くと、1987年に起こった、史上最大規模の世界的株価大暴落の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」を思いおこして、暗いとか怖いといったイメージをお持ちになる方もいらっしゃるでしょうか?
実は真逆なんです♪「ブラックフライデー」は大バーゲンセールの日。感謝祭の翌日で、米国などでは休みとなる企業が多いため、この日からクリスマス商戦がスタートするのです。
「セールによって小売店の売上が増え、どんなお店でも黒字になる」からブラックなんですって。
日本でも、2016年頃からブラックフライデーを商戦に取り入れるお店が増えて来たようです。JALでは昨日からフライング企画として、初日の出フライトの招待券やハワイ旅行が当たるキャンペーンが始まっています。H&Mではもっと早く14日から、トイザらスは16日から割引セールが始まっていたようです。
ZOZOTOWNは今日から、ユニクロは22日から。ゴディバやスワロフスキーでもセールがあるんですね!これはとっても嬉しい♪♪
一般的には11月23日(金)から11月25日(日)までのショップが多いので、お目当てのお買い物がある方は早めに調べておいた方がいいですよ。
さて、アップルがiPhoneの生産縮小を指示したとの報道で、ハイテク株を中心に株が下落したため投資家のリスク回避姿勢が強まりました。また為替が円高ドル安に傾き、TOCOMマーケットは原油やゴムは続落しました。一方、金はNY高を受けて反発。白金や銀も反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson15「エッジの見つけ方・後編」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「中間選挙後のトランプ政権の今後」
コメンテーター:岡田晃さん(経済評論家)
「上院ではトランプ大統領の与党・共和党が過半数を維持。下院では野党・民主党が多数を奪回。いわゆる「ねじれ」の状態になりました。
トランプ大統領はこれから議会運営が難しくなりますが、一方で今の共和党はトランプチルドレン一色。むしろこれまでより政治的な基盤を強くしたという側面も見られるのです。
下院は多数派を民主党に取られましたが実は米国では上院に優先権があり、人事指名の承認権を持っているので、これは非常に重要なポイントになります。
これまで以上に政権幹部をより自分に近い人物で周りを固め、再選を目指して行くと考えられるのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/11/player-20181119.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の内容
【商品先物】ドル安&リスク回避で金は上昇!
【金】中国経済減速で金需要はどうなる?
【原油】シェール採算ラインが36ドルに低下!
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20181119
尚、来週11月27日(火)20時から、ゲストに、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大さんをお迎えして、特別企画「ワールド・ゴールド・カウンシル 2018年第3四半期・需給統計解説」をお送りします。どうぞお楽しみに!

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/11/7/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/11/20
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、続落
昨日のNY原油市場は、最近の相場急落に対する反動で反発しましたが、為替相場が円高に傾いた為TOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY原油相場の軟化を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年4月限)は、620円安の45,440円。その他限月は620円~100円安。

☆金、小幅反発
昨日のNY金相場の続伸を受け、TOCOM金市場の日中取引は反発して寄り付きました。その後は取引中のNY金の軟化と円相場の下落で、強弱両材料の綱引きとなり、もみ合いを続け始値の水準で取引を終えました。中心となる先限(2019年10月限)は、7円高の4,413円。その他限月は、4円~7円高。ゴールドスポットは3円高の4,427円。金現物取引100gは10円安の4,480円。

☆白金、反発
昨日のNY白金相場の続伸を眺め、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後、揉み合いながら、やや上げ幅を広げました。中心となる先限(2019年10月限)は、26円高の3,071円。その他限月は、11円~28円高。プラチナスポットは5円高の3,086円。パラジウム(2019年10月限)は42円安の3,875円。

☆ゴム、4日続落
TOCOMゴム市場の日中取引は小確りと始まりましたが、取引中の上海相場やシンガポール相場の軟調を映してマイナス圏に値を沈め、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年5月限)は1円80銭安の139円40銭。その他限月は3円00銭~1円10銭安。RSS(2019年4月限)は、1円90銭安の153円60銭。その他限月は1円70銭~80銭安。

☆とうもろこし、5日続落
昨日のシカゴ相場が下落した流れを引き継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、シカゴ相場の上昇と円の軟化で下げ幅を縮める場面もありましたが、円相場が再び上昇すると水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2019年11月限)は220円安の24,180円。その他限月は、260円~90円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 +0.85%
2位 銀 +0.19%
3位 プラチナスポット +0.16%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.35%
2位 ゴム(TSR) -1.28%
3位 ゴム(RSS) -1.22%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 17,701枚
2位 プラッツドバイ原油 16,079枚
3位 白金標準取引 6,586枚

全商品合計取引高(先物) 58,458枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 274.79(前日比:-1.79)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・サウジ記者殺害事件、ついに核心へ!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36038

<参考ニュース>
・NY商品、原油が上昇 値ごろ感からの買い 金は4日続伸 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q8A121C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿