◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0630 2018/12/11)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
「〇〇ツアー無料ご招待!」ってよくありますよね。以前、あるレストランで食事をしたら、甲州ワイナリー見学日帰りバスツアー無料ご招待の応募券をもらったので、軽い気持ちで応募したら見事当選!同伴者は格安(約1万円)で同行頂けますとのことだったので、友人を誘い同行金額折半で出かけました。ところが、そのバスツアー、ワイン工場の見学はわずか20分ほどで、説明が終わった後1時間、自由見学と称してワイナリーの売店に放置。また地元の物産品売り場で1時間の休憩時間…といった、見学よりも買い物をさせることがメインのツアーで非常にがっかりしたことがあります。平日限定だったので友人なんてわざわざ有休をとって付き合ってくれたのに。まさに“タダより怖いものはない”を身をもって実感することができたある意味貴重な体験でした。
しかし、こんな怖さなんて比較にならないほど恐ろしい事件が!!
昨日、「旅行記を書けば旅を無料ででき、報酬を渡す」というウェブサイト上の募集に応じた日本人男性が、危うく覚せい剤の運び屋にされそうになった…ってニュースがありました。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121000491&g=soc
ツアーの宿泊先のバンコクにイラン人の男が訪ねてきて、ドイツまで運んで欲しいとスーツケースと2,000ドルを渡されたのだそうです。怪しんだ日本人男性が警察に通報して、イラン人が逮捕されたということなのですが、うっかりそのまま持っていたら、タイは覚せい剤には厳しい国。使用せず保有しているだけでも死刑になる可能性があるのです!!
同じようなケースで、2009年、ドバイからマレーシアに知らずに覚せい剤を運んだ日本人女性に、2015年死刑が確定した事件を覚えていますか?もし彼女が本当に無実だとしたら…。
日本大使館でも、他人から荷物を預からないよう呼び掛けていますが、旅行記を書く無料ツアーそのものの背後に国際的な密輸組織が存在している可能性もあるということ。
タダのものには十分に注意して下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は景気の先行き不透明感と世界的な株安を嫌って急反落しました。金は逆に安全資産としての力を発揮して4日続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson1「安定投資家を目指す!」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「米利上げ打ち止めの影響は?」
コメンテーター:清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「利上げ終了が早まることが株価の持続的な上昇をもたらすかという点には、疑問です。
何故なら、金利をあまり上げられなくなる背景には、景気の減速があるはずだから。
パウエル議長があのような発言をしたということは、米国の景気の勢いに対して懐疑的な見方をしているということ。2019年には減税による景気刺激効果が薄れ、米中貿易戦争激化による悪影響も本格化しかねないという懸念などが背景にあるのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/12/player-2018123.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは締め切りとなりました。大勢のご参加ありがとうございました。
コンテストの期間も残り一か月を切りました。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【商品先物】米国長短金利差縮小~不況の前兆か?
【金】米国の利上げペースはスローダウンする
【原油】OPECは嫌々減産→長続きするか?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20181210/
ただ今、レギュラー放送の他に、WGC顧問・森田アソシエイツ代表の森田隆大さんをお迎えして、特別企画「ワールド・ゴールド・カウンシル 2018年第3四半期・需給統計解説」を公開しています。どうぞご覧ください。
https://tocomsquaretv.com/20181127wgcspecial/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/12/07/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/12/11
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、大幅反落
世界的な株安や対ユーロでのドル高を背景にNY原油相場が下落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、急反落して始まりました。その後は、NYの戻りを眺めてやや下げ幅を縮める場面もありましたが、円の引き締まりを眺め始値の水準に戻して取引を終えました。中心となる先限(2019年5月限)は、1,250円安の40,750円。その他限月は1,260円~930円安。

☆金、4日続伸
円安を受け、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、取引中のNY金相場の堅調を眺め上げ幅を拡大。この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2019年10月限)は、21円高の4,526円。その他限月は、17円~19円高。ゴールドスポットは16円高の4,533円。金現物取引、100gが4,580円。1kgが4,560円。

☆白金、下落
昨日のNY白金が株安を映して反落したのを受けてTOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後もNY相場安を映して水準を切り下げ、NY安と円の引緩みの強弱材料の交錯で、マイナス圏でもみ合いました。中心となる先限(2019年10月限)は、24円安の2,839円。その他限月は、23円~20円安。プラチナスポットは20円安の2,846円。パラジウムの中心となる先限(2019年10月限)は、49円高の4,095円。

☆ゴム、小動き
TOCOMゴム市場の日中取引は、海外相場安を受けて安寄りしました。その後、一旦プラス圏に浮上しましたが、大引けにかけて再び軟化。TSRは前日と同値で、RSSは小幅ながらマイナスサイドで取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年6月限)は変わらずの143円40銭。その他限月は50銭安~70銭高。RSS(2019年5月限)は、10銭安の161円40銭。その他限月は40銭~3円20銭高。

☆とうもろこし、4日続落
米中貿易交渉の先行き不透明感やドル高で昨日のシカゴ相場は反落しましたが、円安の方が材料として勝り、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小幅ながら高寄りしました。その後、円の引き締まりと、シカゴ相場の軟調地合いを映して水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2019年11月限)は140円安の23,860円。その他限月は、140円安~600円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.21%
2位 小豆 +0.87%
3位 金 +0.47%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.98%
2位 バージガソリン -1.99%
3位 バージ灯油 -1.77%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,992枚
2位 プラッツドバイ原油 23,667枚
3位 ゴム(RSS) 10,004枚

全商品合計取引高(先物) 81,927枚
〃 (オプション) 140枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 259.81(前日比: -3.66)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・第175回OPEC総会、第5回OPEC・非OPEC閣僚会議の内容
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36383

<参考ニュース>
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿