◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0635 2018/12/18)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
ペイペイ、使ってますか? 私、まだ使ってはいないのですが実は先週ダウンロードしたばかりなんです。「100億円あげちゃうキャンペーン」の終了直後!もともと、ある割引を目当てに、アプリをダウンロードするつもりでいたのですが、キャンペーン終了のニュースを目にして、忘れていたことを思い出したんです。で、14日に慌ててダウンロード。
その直後、ペイペイクレジットカード不正利用多発で大騒ぎに…。
私の周りでも、不安になってクレジットカードの明細をまめに確認しているという人、結構いらっしゃいます。
もうペイペイやめちゃおうかな…って思ったのですが、折角だから、もともとペイペイを入れる目的となった割引の恩恵を受けなければつまらない…と思ったんです。
それは、吉野家の190円割引。380円の牛丼並だと半額になっちゃうんです。そして、そしてTOCOMのすぐ目の前に吉野家があるんです♪
確かもうキャンペーンは始まっているはず。今日のランチは牛丼だ…って、吉野家のHPを開いてみると、大ショック!!
………吉野家の決算で使えるのは、ペイペイではなくて、オリガミペイでした。https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1158793.html
ややこしいんですよね。みんな○○ペイなんだもん。当たり前なんでしょうけれど。
ペイペイも、オリガミペイも仕組みは同じとのこと。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181218/bsj1812180500001-n2.htm
吉野家のキャンペーンは年内いっぱい。その後第2弾で1月下旬からDEAN & DELUCA、第3弾がケンタッキーフライドチキン。ケンタッキーも人形町にあるんです。
オリガミペイ、ダウンロードするかしないか迷っています。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は世界的な景気先行き不安を背景に大きく下落しました。終値で約9か月ぶりに4万円を割り込みました。その反面、安全資産とされる金は3日ぶりに反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson2「何故トレードルールが必要か?」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「商品相場も激動の1年」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「原油が10月頭に4年ぶりの高値をつけてそこから3割急落するなど、激動だったのですが、相場の上がった下がった以外に、商品相場の各分野の“秩序”が大きく動いた一年だったかと。
原油でみると今日の価格、ドバイ原油59ドルに対し、WTIが51ドル、北海ブレントが60ドルくらい…の位置取り。本来WTIが一番高く、その次に北海ブレント、ドバイの順。ドバイの押し上げ要因としてイランの不安が依然大きく左右しているかと。
また貴金属でも…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/12/player-20181217.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは締め切りとなりました。大勢のご参加ありがとうございました。
コンテストの期間も残り半月を切りました。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【商品先物】絶好のロングエントリーポイント!
【金】2019年は世界で金争奪戦が始まる!!
【原油】2019年の原油マーケットの行方
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20181217/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/12/13/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/12/18
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
昨日のNY原油相場が一時49.09ドルまで下げ、約1年3カ月ぶりの安値を付けるなど世界的な景気先行き不安を背景に大きく下落したのを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引も大きく水準を切り下げて寄り付きました。その後もNY相場の軟調と円相場の上昇を眺めて下げ幅を拡大。終値が約9カ月ぶりに40,000円を割り込みました。中心となる先限(2019年5月限)は1,410円安の39,910円。その他限月は1,580円~730円安。

☆金、3日ぶり反発
昨日のNY金相場が対ユーロでのドル安などを背景に上昇した流れを受け継ぎ、TOCOM金市場の日中取引は小高く寄り付きました。しかし、その後、円の引き締まりを眺めて徐々に上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年10月限)は、2円高の4,502円。その他限月は、1円安~2円高。ゴールドスポットは1円安の4,512円。金現物取引、100gが変わらずの4,570円。

☆白金、3日続落
昨日のNY白金相場が3日ぶりに反発したのを眺めてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、NY相場の軟化と円の上昇を眺めて水準を切り下げマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2019年10月限)は、6円安の2,858円。その他限月は、4円安~変わらず。プラチナスポットは3円安の2,862円。パラジウムの中心となる先限(2019年10月限)は、21円高の4,100円。

☆ゴム、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は海外相場高を受けて本日の高値圏で寄り付きましたが、その後は円相場の引き締まりを受けて徐々に上げ幅を削りマイナス圏で取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年6月限)は40銭安の148円00銭。その他限月は30銭安~10銭高。RSS(2019年5月限)は、30銭安の171円30銭。その他限月は1円10銭安~80銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後は円相場の引き締まりを眺めマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年1月限)は100円安の23,950円。その他限月は、100円安~20円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +0.51%
2位 小豆 +0.51%
3位 金 +0.04%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン -3.59%
2位 プラッツドバイ原油 -3.41%
3位 バージ灯油 -2.90%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,338枚
2位 プラッツドバイ原油 17,724枚
3位 ゴム(RSS) 9,790枚

全商品合計取引高(先物) 68,485枚
〃 (オプション) 150枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 257.00(前日比: -5.18)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・2019年の原油相場見通し2 安値は45ドルか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36537

・2019年の原油相場見通し1  高値は過去12カ月平均ベース65ドルか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36526

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続落 一時1年3カ月ぶり安値、世界景気に懸念 (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y8A211C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿