◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0638 2018/12/21)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
商業捕鯨の再開に向けて、政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退する方針を固めた…というニュースが昨日飛び込んできました。
和を貴ぶ国ですから、世界と対立するようなことはこれまで余り見られなかったと思うのですが、今回は思い切りましたね!!
私は大賛成です。だって鯨は日本の大切な食文化ですもん。捕鯨禁止の流れでこのまま鯨漁や鯨料理などが廃れていくのは忍びないな…と思っていました。
特に、「鯨汁」。 http://nigata.japanfoods.net/localdish/kujirajiru/
私のふるさと新潟では、蒸し暑い夏を越すためのスタミナ食。新潟の夏には欠かせない郷土料理なんです。鯨の皮付き脂身を薄く切って茄子や玉ねぎと煮た熱々の味噌汁です。
正直言うと、子どもの頃、鯨の脂身が苦手だった私は、小・中学校時代、夏の間1度か2度、給食のメニューにこの「鯨汁」が登場する日は朝から憂鬱で、給食当番の子に私のお椀には鯨を入れないで欲しいとこっそりお願いしたりしたものです。
でも、大人になって、鯨の赤身を食べたり、尾の身や鯨ベーコンを食べたりするようになってからは鯨の脂身も美味しいなって思えるようになってきたんですよね。
今だったら鯨汁、きっと食べられると思うんです。
そして、私は給食で食べたことがないのですが、全国的に給食で鯨と言えば「竜田揚」。
昭和40年代までは鯨の竜田揚げは全国的に学校給食の人気メニューだったそうです。
鯨の竜田揚げを懐かしく思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
県民1人あたりの鯨肉消費量が日本一といわれる長崎県は、鯨との関わりは縄文時代からだそうです。壱岐、対馬、五島、平戸の各地に漁場が点在し、多くの「鯨組」が操業し、沿岸住民に多くの雇用を生み出したため、“鯨一頭で七浦が潤う”と言われていたそうです。こうした大切な伝統文化、守っていきたいですよね。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は世界的な景気先行き懸念で急落。一時36,720円と、1年3カ月ぶりの安値を付けました。一方安全資産とされる金は反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
「世界のゴム需要の動向」
コメンテーター:加藤進一さん(加藤事務所 代表取締役社長)
「米国トランプ大統領が中国に対する1月からの25%追加関税を90日間猶予するとしたことで、天然ゴム相場価格が反発していますが、今から天然ゴムを買ってタイヤを作り、米国に持って行ってもすぐに3ヵ月かかってしまうため、この価格上昇も限定的とみられます。
価格が低迷すると主要生産国らが価格支援策を打ち出すことで価格を支えてきた歴史がありますが、タイ・インドネシアでは政府が輸出量を規制することをあきらめたようです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/12/player-20181220.html

来週の放送予定
12月25日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson3「何故チャート分析か?」
小次郎講師

12月26日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

12月27日(木)
「2019年世界経済のゆくえと投資戦略」
門倉貴史さん(BRICs経済研究所 代表)

12月28日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

12月31日(月)~1月3日(木)
番組休止

1月4日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは締め切りとなりました。沢山のお申込みありがとうございました。
コンテストの期間も残すところ一週間あまり。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181217/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/12/13/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/12/21
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、5日続落
昨日のNY原油相場が世界的な景気先行き懸念を背景に下落した流れを引き継ぎ、TOCOM原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、一時下げ幅を縮小する場面があったものの、NY原油の軟調を眺めて、終盤にかけて水準を切り下げました。尚、夜間取引で一時36,720円と、1年3カ月ぶりの安値を付けました。中心となる先限(2019年5月限)は1,250円安の36,980円。その他限月は1,370円~680円安。

☆金、反発
昨日のNY金相場が対ユーロでのドル安や投資家のリスク回避姿勢から安全資産の金に資金が流入し上昇した流れを受け継ぎ、TOCOM金市場の日中取引も水準を切り上げて寄り付きました。その後、NY金の軟化を、円相場の軟化がサポートして、狭いレンジでもみ合いました。中心となる先限(2019年10月限)は、27円高の4,502円。その他限月は、9~27円高。ゴールドスポットは25円高の4,505円。金現物取引、100gが20円高の4,570円。

☆白金、小幅反発
TOCOM白金市場の日中取引は小高く寄り付きましたが、その後、NY相場の軟調を眺め、上げ幅を縮小。小幅高で取引を終えました。中心となる先限(2019年10月限)は、3円高の2,835円。その他限月は、2円~7円高。プラチナスポットは7円高の2,838円。パラジウムは反落。中心となる先限(2019年10月限)は、25円安の4,063円。

☆ゴム、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は小動きで始まりました。その後、海外相場の軟調と原油の急落を受けて水準を切り下げました。中心となる先限、TSR(2019年6月限)は80銭安の147円60銭。その他限月は1円40銭安~変わらず。RSS(2019年6月限)は、173円10銭。その他限月は1円30銭安~80銭高。

☆とうもろこし、4日続落
昨日のシカゴ相場がエタノール向け需要の減少懸念などを背景に下落したことを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は続落して始まりました。その後も円高を眺めて下げ幅を拡大しましたが、取引中のシカゴの戻りなどを映して、安値圏からは水準を引き上げました。尚、夜間取引で一時22,080円と、今年1月以来11カ月ぶりの安値を付けました。中心となる先限(2020年1月限)は770円安の22,810円。その他限月は、790円~160円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 金 +0.60%
2位 銀 +0.57%
3位 ゴールドスポット +0.56%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 -3.87%
2位 プラッツドバイ原油 -3.27%
3位 とうもろこし -3.27%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 30,512枚
2位 プラッツドバイ原油 19,462枚
3位 ゴム(RSS) 15,684枚

全商品合計取引高(先物) 91,303枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 246.17 (前日比: -4.03)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
https://column.cx.minkabu.jp/36622

・米国がOPEC+の減産効果を半減させる!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36610

<参考ニュース>
・「2万円割れ」まであと6円 日経平均が年初来安値 (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39251510R21C18A2000000/

・円一時110円台、米政府閉鎖懸念に一段高も (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39231140R21C18A2000000/

・NY商品、原油が下落 株安でリスク回避の売り、金は4日続伸(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R21C18A2000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿