◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0639 2018/12/25)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
トランプ大統領も“クリボッチ”だったらしいですね。
http://news.livedoor.com/article/detail/15787106/
初めてトランプ大統領に親近感を覚えました。皆さんはどんなクリスマスイブをお過ごしになられたでしょうか?
クリスマスも今日でおしまい。さあ残り一週間で年越しの準備をしなければならないわけで。12月はなんて忙しいんだろう…と改めて思います。
そんな中、お年始の手土産のお菓子に素敵なものを見つけました!あの亀屋万年堂の「ナボナ」と「ホテルニューオータニ」がコラボした「ニューオータニ ナボナ」!!!
私とナボナの出会いは小学校の頃。少年ジャンプで連載した「リングにかけろ」の主人公の高嶺竜児と菊の姉弟が、家出して上京し警察に保護された時に、大金持ちの三条家と縁があると知った途端に、警官たちが「ナボナを用意しろ!!」と大騒ぎしたシーンがあって、新潟には亀屋万年堂が無かったものですから「どんなに美味しいお菓子なんだろう…」とすいぶん憧れたものでした。
そのナボナと、あのスーパーショートケーキ(1ピース3,000~4,000円もするのに売り切れ必須の大人気スウィーツ)の生みの親、ホテルニューオータニのグランシェフ中島眞介氏が研究を重ねて生み出したこだわりのチーズフレーバーのナボナなんですって。北海道産チェダーチーズをふんだんに使用したクリームで、濃厚な味わいでありながら甘すぎないのが特徴だそうです。チーズの風味が楽しめるのでお酒の御伴にもよさそう。また、健康に悪影響を与えるとされるトランス脂肪酸を、限りなくゼロに近づけて作ってあるということで、男性やお年寄りの方にも喜ばれると思うんですよね。
私がおススメの理由はもう一つあって、パッケージが金色なんです来年は金があがりますようにってゲン担ぎの意味でもいかがでしょう♪
通常のナボナよりちょっと小さめの25g、5個入りで1,000円(税抜き)ですって。2019年1月1日発売開始だそうです。賞味期限は2か月。ネット販売もするそうなので地方にお住いの方でも購入することが出来ますよ。 https://www1.newotani.co.jp/hrt/shopping/index.asp (今日の段階ではまだ「ニューオータニ ナボナ」は掲載されていませんのでご注意を!)
さて、本日のTOCOMマーケット、日米株の急落を受けてほぼ全面安。原油は1年半ぶりの安値を更新しました。また安全資産とされる金も円の引き締まりで軟調に終わりました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson3「何故チャート分析か?」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「注目された今年最後のFOMCはコンセンサスどおりの利上げ、来年の利上げは、3回から2回へ引き下げ、2020年の利上げ回数は1回の利上げ見通しとされました。
来年1回の利上げもあり得る(=利上げが来年で打ち止め)という声もあったところ、「利上げは2020年まで」とされた点が好感されてもよかったのに、ドルが買われることはなく、むしろ長期見通しが3%→2.75%に引き下げられたという景気減速の方にマーケットは反応してしまいました。
本来、利上げペースが遅くなることは、株にとってはプラスに働くのですが・・・?」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/12/player-20181221.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは締め切りとなりました。沢山のお申込みありがとうございました。
コンテストの期間も残すところあと3日。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20181217/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/12/21/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/12/25
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、急落
先週末のNY原油相場が米株安に連動して急落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は売りが先行して始まりました。その後は下げ止まる場面もありましたが、円相場の上昇を受けて、下げ幅を拡大。終盤に一時32,890円と2017年6月29日以来約1年半ぶりの安値を更新しました。中心となる先限(2019年5月限)は3,860円安の33,120円。その他限月は4,150円~210円安。

☆金、軟調
先週末のNY金相場は上昇したものの、為替の円高が材料として勝り、TOCOM金市場の日中取引は軟調にスタート。その後、決め手材料を欠き狭い範囲でのもみ合いで終わりました。中心となる先限(2019年12月限)は、4,496円。その他限月は、9円~6円安。ゴールドスポットは9円安の4,496円。金現物取引、100gが20円安の4,550円、1kgが4,530円。

☆白金、軟調
TOCOM白金市場の日中取引はNY相場安と円高を受けて安寄りした後、円相場の引き締まりを眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年12月限)は、2,785円。その他限月は、50円~35円安。プラチナスポットは41円安の2,797円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、3,945円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、円高進行や原油相場の下落を眺め、続落して始まりました。その後、下値警戒感が台頭しもみ合いました。中心となる先限、TSR(2019年6月限)は3円30銭安の144円30銭。その他限月は2円50銭安~変わらず。RSS(2019年6月限)は、2円90銭安の170円20銭。その他限月は3円00銭~1円80銭安。

☆とうもろこし、5日続落
先週末のシカゴ相場の下落や円高を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りし、その後もシカゴ相場の軟化と円の引き締まりを眺め、下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年1月限)は750円安の22,060円。その他限月は、770円~150円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
※値上がりした商品はありません

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -10.44%
2位 バージガソリン -8.63%
3位 バージ灯油 -7.61%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,898枚
2位 プラッツドバイ原油 22,820枚
3位 白金標準取引 13,631枚

全商品合計取引高(先物) 90,939枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 232.23(前日比: -13.94)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・ゴムは2月以降の減産期と3ヵ国の輸出削減計画に期待
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/36606

<参考ニュース>
・東証大引け1010円安で2万円割れ、下落率今年最大 米株安と円高で(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_V21C18A2000000/

・NY商品、原油続落 1年半ぶり安値、リスク回避で 金半年ぶり高値(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V21C18A2000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿