◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0640 2018/12/26)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
発売即4刷!!年末年始は入手困難になりそう…という話題の本『メモの魔力 The Magic of Memos 』ご存知ですか? https://www.gentosha.co.jp/book/b12189.html
今朝、テレビで紹介されていたので調べてみたのですが、凄いですね!
「12月6日の予約開始直後にAmazon総合ランキングで1位を獲得。12月24日の発売前に合計7万部を突破!さらに、発売後の品薄状態を受けて25日には追加で7万部、26日には3万部が緊急重版となり、合計17万部の発行。発売日を迎えてからは各書店で売り切れが続出し、現在入荷待ちの状態…」とのこと。
この本を書いたのは、「SHOWROOM」代表取締役の前田裕二氏。
芸能人から一般会員まで、登録した全てのユーザーが自由にライブ配信できるWebサイト「SHOWROOM」を立ち上げた、今最も注目されている起業家の一人です。
前田氏はその発想力の豊かさが注目されているのですが、その発想の源となるメモ術を紹介したのが『メモの魔力 The Magic of Memos 』なんですって。
前田氏のコメント「メモは、時間当たりの「生」の密度を急激に上げる魔法のツールです。我々が生きていて触れるあらゆる一次情報を素通りせずにストックして、新しいアイデアをどんどん生み出していくには、「世界」と「自分」の間に、何らかの媒介が必要です。それが、メモ、というわけです。」
うーん。単純な私は、今すぐメモ帳を買いに行きたくなりました。
この内容に興味がそそられるのも勿論なんですが、前田氏が、発売にあたって自ら企画したSNSでの読者参加型プロジェクトや、出版記念ライブ配信が話題を呼んだことが驚異的な販売数に繋がっているようです。
やっぱりこれからの時代、成功するにはネットをいかに利用してプロモーションするかが鍵になるんですね。
実店舗の書店では品薄になっていて手に入らないお店もあるようですが、Amazonでは今日はまだ購入出来ました。明日、家に届く予定です。こんなところにもインターネットのパワーを感じます。
別にこの本を皆さんにおススメしているわけではないのですが、出版社によると1月8日から都内一部書店より搬入され始めるそうなので、興味のある方は本屋さんに覗きに行って中身を覗いてから購入して下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、昨日の下落の反動で概ね反発しました。昨日唯一上昇した銀は反落。ゴムもRSSは上海安を受けて続落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson3「何故チャート分析か?」
コメンテーター:小次郎講師
「価格変動のおよそ7割はファンダメンタルズの変化によって引き起こされるため、とても重要なファクターなのですが、個人投資家がそれを知る時にはすでに価格に織り込まれてしまっていることがほとんどです。
テクニカル分析でも、決して将来予測はできません。しかし価格が動き出す初動の動きをチャートの変化で知ることはできます。それが、後に大きなニュースや材料となる事柄を織り込み始めたという兆しかもしれません。
チャート分析の長所はニュースや指標で結果を知るより先にファンダメンタルズの変化を発見することも可能なのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/12/player-20181221.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは締め切りとなりました。沢山のお申込みありがとうございました。
コンテストの期間も残すところあと2日。トップトレーダーの称号は誰の手に!?
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【商品先物】株価下落により金価格上昇となるか?
【金】来年はドル安→金上昇となるか?
【原油】2014年の価格下落時と相似形・今後の原油価格転換点は?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20181225/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2018/12/21/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/12/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、7日ぶり反発
取引中のNY原油相場の戻りを受け、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は反発して始まりました。寄り付き後、円安進行を映して一旦上昇しましたが、再び円が引き締まると始値の水準に値を戻し、小幅もみ合いで取引を終えました。中心となる先限(2019年5月限)は、760円高の33,880円。その他限月は70円~940円高。

☆金、反発
取引中のNY金相場の軟調を受け、TOCOM金市場の日中取引は小安く寄りつきましたが、その後は、NYの上昇を眺めて切り返し、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2019年12月限)は、17円高の4,513円。その他限月は、20円~22円高。ゴールドスポットは23円高の4,519円。金現物取引、100gが10円高の4,560円。

☆白金、反発
NY白金相場安を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしましたが、その後、NY相場の戻りを映して水準を切り上げ、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2019年12月限)は、30円高の2,815円。その他限月は、11円~32円高。プラチナスポットは2円高の2,799円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、73円高の4,018円。

☆ゴム、TSR反発 RSS続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、TSRは高寄りした後小動きで推移し、始値と同値で取引を終えました。RSSは上海安を眺めて小安く寄りつきました。一時プラス圏にタッチする場面もありましたが、上海の軟化と円高で下げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年6月限)は1円30銭高の145円60銭。その他限月は変わらず~40銭高。RSS(2019年6月限)は、2円20銭安の168円00銭。その他限月は2円70銭~60銭安。

☆とうもろこし、6日ぶり反発
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、前日までの急落の反動で高寄りしました。その後、材料を欠き、しばらく小幅にもみ合いましたが終盤に上げ幅を削り、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2020年1月限)は90円高の22,150円。その他限月は、200円~320円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.29%
2位 パラジウム +1.85%
3位 白金 +1.08%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -1.29%
2位 銀 -0.94%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 20,425枚
2位 プラッツドバイ原油 13,794枚
3位 白金標準取引 11,875枚

全商品合計取引高(先物) 68,641枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 236.03(前日比:+3.80)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/36651

・市場とは何か その29
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/36644

・原油価格急落の背景
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36635
<参考ニュース>
・東証14時 下落、1万9000円割れ 値がさ株の売り、指数の重荷に(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS15_W8A221C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿