◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0653 2019/1/21)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
「金属に注意!!」
今朝、テレビの情報番組で、呼び掛けていた言葉に思わず反応してしまった私ですが、マーケットの話ではなくて、インフルエンザの予防についての話題でした。
先週末時点で、全国のインフルエンザ患者数は163万人と急増し、32都道府県で警報レベルを超えたそうです。しかし、インフルエンザと金属って一体…?
実はインフルエンザのウイルスは、乾燥した環境が大好きで、衣服についたものだと2〜8時間、ガラスや金属面などでは何と24〜48時間ほども生存するんですって!
番組ではドアノブなどに気を付けて…と言っていましたが、私が怖いなぁ…と思ったのは通勤電車。窓、手摺などにはインフルエンザのウイルスがいる危険性が高いってことですよね。インフルエンザ患者が乗っていた場合に「飛沫感染」する恐れも勿論ありますが、ウイルスがついているものを触って感染する「接触感染」の恐れも大きいということです!!
インフルエンザのウイルスが体内に侵入してから細胞に感染するまでの時間って、約30分。最速で20分!口から入ったウイルスを防ぐには30分に1回うがいをしなければ意味がないんですって。だから厚生労働省のインフルエンザ対策からは、すでにうがいの項目は外されています。(でも風邪対策には効果がありますから、うがい手洗いはやりましょうね!)https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html
ならば「接触感染」しないよう、危ないものには出来るだけ触れないようにする上で、こまめにアルコール消毒をするのが一番。携帯用の小さなサイズのアルコールジェルを持ち歩くと良いようです。https://www.tepika.net/
インフルエンザの流行のピークは、例年1月下旬から2月ごろで、これからが本番です。
天気予報をみると、向こう一週間も空気の乾燥した状態が続く見込み。予防に気を付けましょうね。
さて、本日のTOCOMマーケット、米中貿易摩擦の緩和期待で投資家のリスク選好姿勢が強まり、原油は続伸。ゴムも急騰。SRRの期近は1年ぶりに2円台を回復しました。一方、安全資産とされる金からは資金が流出。3日ぶりに反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「不安高まる今年の中国経済」
コメンテーター:後藤康浩さん(亜細亜大学 都市創造学部 教授)
キャスター:山本 郁

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「英国議会でEU離脱案は否決されましたがポンドはすぐに買い戻されました。まさに、“噂で売り、事実で買う”です。メイ首相はなんとか続投、次は離脱代替案の提出となりますが、まだまだ長い道のり。しかし最終的には「合意できる」と見ています。
ユーロ/ポンドを見ると、ドラギ総裁が利上げ観測 後退という悲観的見通しを示したユーロが売られて、ブレグジットで混乱が続くポンドが不思議と買われています。
来週はECB理事会がありますが、利上げ後退を匂わせる内容となればユーロ売りの流れが続くかもしれません。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/01/player-2019118.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190115/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/01/18/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /1/21
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日続伸
米中摩擦の緩和期待や、産油国による減産で需給が引き締まるとの観測から、先週末のNY原油相場が反発。その流れを引き継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りし、その後もNY原油の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年6月限)は、670円高の41,620円。その他限月は400円~940円高。

☆金、3日ぶり反落
米中摩擦の緩和期待で投資家がリスク回避姿勢を緩めたため、安全資産とされる金からは投資資金が流出。先週末のNY金相場安の地合いを受けて、TOCOM金市場の日中取引も安寄りしました。その後、円相場の引き締まりとNY金相場の軟化を眺め、下げ幅を広げました。中心となる先限(2019年12月限)は、25円安の4,503円。その他限月は、27円~25円安。ゴールドスポットは25円安の4,511円。金現物取引100gは20円安の4,570円、1kgは4,550円。

☆白金、3日ぶり反落 
先週末のNY白金安を眺め、TOCOM白金市場の日中取引は大きく水準を切り下げて寄り付きました。その後は決め手材料を欠き、狭いレンジでもみ合った末、始値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2019年12月限)は、38円安の2,825円。その他限月は、42円~35円安。プラチナスポットは44円安の2,825円。パラジウム 中心となる先限(2019年12月限)は、変わらずの4,465円。

☆ゴム、4日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、海外相場高や原油相場の上昇で高寄りし、その後も上げ幅を拡大しました。RSSの先限は一時193.4円に上昇し8カ月ぶりの高値をつけました。また期近は1年ぶりに200円台に乗せて取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年7月限)は4円80銭高の158円00銭。その他限月は2円20銭~4円70銭高。RSS(2019年6月限)は、4円80銭高の191円00銭。その他限月は4円20銭~6円30銭高。

☆とうもろこし、小幅続伸
前週末のシカゴとうもろこし相場が米中貿易協議への期待感から上昇した流れを受け継いでTOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。しかし、その後は材料難で動意乏しく、小幅な値動きで終わりました。中心となる先限(2020年1月限)は30円高の23,080円。その他限月は、30円安~90円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) +3.13%
2位 ゴム(RSS) +2.58%
3位 プラッツドバイ原油 +1.64%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.84%
2位 プラチナスポット -1.53%
3位 白金 -1.33%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,820枚
2位 プラッツドバイ原油10,740枚
3位 白金標準取引 9,645枚

全商品合計取引高(先物) 73,038枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 264.20(前日比:+1.64)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/36961

・ゴムは“逆ザヤに売りなし”の相場
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/36932

・次回OPEC総会の日程が決まる
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/36946

<参考ニュース>
・中国、18年6.6%成長 28年ぶり低水準(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40250830R20C19A1MM0000/

・NY商品、原油が反発 米中摩擦の緩和期待、金は続落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z10C19A1000000/

・銅の国際価格が一段高 (日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40204590Y9A110C1QM8000/

・パラジウム先物、最高値 16年ぶり金上回る 車触媒の不足観測(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40133820X10C19A1QM8000/?n_cid=SPTMG05

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿