◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0657 2019/1/25)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
今年の恵方は“東北東”。そして今年の節分は2月3日の日曜日。ちょうど休日にあたるということと、またしても“平成最後の”ということで、例年以上に盛り上がっている恵方巻戦線!
ここ数年、恵方巻廃棄問題もクローズアップされており、今月11日、農林水産省が、日本スーパーマーケット協会や日本フランチャイズチェーン協会などに「需要に見合った販売を」と文書で呼びかける事態にもなっているため、予約制の豪華恵方巻に力を入れているようです。
恵方巻と言えば、有名なのが大丸東京店B1の「ほっぺタウン」。
https://www.daimaru.co.jp/tokyo/ehomaki/
150種類の恵方巻とその数もさながら、なんとも豪華な恵方巻が揃っているいるんです。例えば、日本橋 日山の250gのサーロインステーキを巻き込んだ「米沢牛ステーキ巻き」 10,800円(限定数10)や、銀座アスターの「アワビふかひれ恵方巻」 5,000円(限定数5 要予約)などなど。
中でも注目なのが、中島水産「2019年19種の具材の恵方巻き 」15,800円(限定数10)。2019年にちなみ、本マグロやフグ、いくら等々を、海苔と金箔で巻き込んでさらにキャビアと雲丹などの豪華食材19種類を贅沢に使った豪華最高峰!!
伊勢丹新宿店の恵方巻も負けていませんよ。
https://isetan.mistore.jp/onlinestore/foods/ehoumaki/index.html
やはり金箔海苔が目をひく 東信水産の「特選 海鮮十二単巻」12,960円(要予約)
肉好きには堪らない、六本木 炭火焼肉 Anの「黒毛和牛ローストビーフの幸福巻」4,701円(限定数10 要予約)
築地直送の、「鮨 竹若」と「築地魚群」とのコラボ商品「築地スペシャル海鮮恵方巻超豪華版」10,000円も、見逃せません。海鮮巻に加えて、あん肝、蒸し雲丹、煮鮑、いくら、車エビ等々の添え物もあって、これだけで宴会が出来ちゃいます。https://gyogun.net/ehoumaki.html 
自分のお財布で買うのはためらっちゃうけど、ご相伴に与かりたい…誰か購入予定の方、お声かけ下さい♡
さて、本日のTOCOMマーケット、米政府がベネズエラへの追加制裁として原油輸入の制限を検討しているとの報道を受け、原油が反発。金も、NY金の上昇と円の軟化を受けて小幅反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
コメンテーター:芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部主任研究員)
「12月の中国製造業PMIが、国家統計局による製造業PMI(12月30日発表)と同様に業況の改善・悪化の分かれ目となる50を下回り、また、アップル社が10~12月期の売上高見通しを下方修正。これらを受けて、1月3日には、世界的に株価が下落し世界景気減速懸念が強まったため、銅相場は5,725ドルと2017年6月以来の安値まで下落しました。
米欧中などの景気減速、米中の貿易摩擦や英国のEU離脱への懸念などにより、2019年足下は弱含みと思われますが、世界景気が持ち直せば銅価格も持ち直すでしょうか…。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/01/player-2019124.html

来週の放送予定
1月28日(月)
「金、原油相場の行方」
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

1月29日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson7「タートルズとは?」
小次郎講師

1月30日(水)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
山内弘史さん(エネルギー情報ネットワーク 共同代表)

1月31日(木)
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
林知久さん(投資日報社)

2月1日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190121/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/01/18/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /1/25
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反発
ベネズエラ産原油の逼迫(ひっぱく)懸念で昨日のNY原油相場が上昇した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY原油相場の堅調や円相場の軟化を受けて昼前に水準を切り上げ、午後は高値圏で推移しました。中心となる先限(2019年6月限)は、860円高の41,330円。その他限月は130円~860円高。

☆金、小幅反発
対ユーロでのドル高で昨日のNY金相場が下落したことから、TOCOM金市場の日中取引も小安く寄り付きましたが、その後は、NY金の戻りや円の軟化を受けて切り返し、プラス圏に浮上しました。中心となる先限(2019年12月限)は、5円高の4,513円。その他限月は、5円~10円高。ゴールドスポットは7円高の4,527円。金現物取引100gは変わらずの4,570円。

☆白金、3日続伸
昨日のNY白金高を眺めてTOCOM白金市場日中取引は高寄りしました。その後、午前中は円の緩みを眺めて上げ幅を拡大しましたが、午後は軟化して上げ幅を縮めました。中心となる先限(2019年12月限)は、19円高の2,833円。その他限月は、19円~36円高。プラチナスポットは24円高の2,837円。パラジウム、中心となる先限(2019年12月限)は、70円安の4,208円。

☆ゴム、反発
海外ゴム相場の堅調と原油相場の上昇を受け、TOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場の軟化なども眺めて水準を切り上げました。中心となる先限、TSR(2019年7月限)は1円90銭高の154円30銭。その他限月は3円10銭安~1円50銭高。RSS(2019年6月限)は、1円50銭高の182円80銭。その他限月は1円90銭~8円50銭高。

☆とうもろこし、続落
前日のシカゴとうもろこし安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後は決め手材料難で、始値を挟んで小動きし、やや水準を切り下げて取引を終えました。中心となる先限(2020年1月限)は100円安の22,700円。その他限月は、70円安~60円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.13%
2位 バージ灯油 +1.72%
3位 中京ガソリン +1.67%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -1.64%
2位 とうもろこし -0.44%
3位 小豆 -0.43%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 27,157枚
2位 プラッツドバイ原油 10,506枚
3位 白金標準取引 9,861枚

全商品合計取引高(先物) 63,594枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 263.00(前日比:+2.99)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・原油は強気見通しが一部唱えられているが悲観的な材料が潜在化
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/37019

・パーミアン地区は、OPEC第3位級の生産量
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37024
<参考ニュース>
・弱気なドラギに遠のく利上げ、ユーロ下落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40453730V20C19A1000000/

・NY商品、原油が反発 ベネズエラ制裁で輸入減の思惑(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V20C19A1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿