◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0660 2019/1/30)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
TOCOMスクエアすぐ近く、予約しなければ入れない人気のピッツェリア「PIZZERIA IL TAMBURELLO(ピッツェリア イル・タンブレッロ)」があります。予約制ではないランチタイムは行列ができてしまい、生地がなくなると店仕舞いしちゃうこともしばしば。
そのイル・タンブレッロのオーナーの大坪善久さんが監修したピッツアの頒布会が出来たんですって!
「生地まで美味しい本格ピッツァ 6ヵ月頒布会」https://www.lusc.jp/detail/?item=074290
冷凍の状態で届き、オーブントースターで温めるだけでOK。なのに、まるで薪窯で焼き上げたかのようなサクッとした食感と、モチモチとした食べ応えが、家に居ながらにして楽しめるのだそうです。
ピッツアの本場ナポリで修業した大坪さん。具材はもちろんのこと生地作りに大変なこだわりを持っていらっしゃいます。生地の直径は約24cm、食べごたえがありながらも食べやすい絶妙な厚さ。そして冷凍ピッツァで特に難しいとされるのが、「コルニチョーネ」と呼ばれるピッツァの耳?縁?の部分。大坪さん曰く、「縁はつくろうとしてつくものではなく、身体全体を使って生地の中央から端へ空気を押し出すことで自然とできあがります。生地が緊張してしまうので極力負担をかけないようにし、しっかりと空気を流してあげることで、焼き上げる際にコルニチョーネがぶわっと広がります」
そんな大坪さんのこだわりで、縁の部分まで美味しく味わえる本格ピッツアに仕上がったそうです。
月に1回、ナポリのピッツァの代名詞ともいえる「マルゲリータ」1枚、トマトソースベースの「ロマーナ」か「ペスカトーレ」どちらか1枚、さらに「カラブレーゼ」「クアトロフォルマッジ」「ジェノヴェーゼ」等々、毎月異なるピッツァ1枚、計3枚届くそうです。個包装してあり、冷凍のままなら賞味期限は約半年ありますから、パーティーなど特別な日のためにとっておけるのも嬉しいですね♪頒布会申し込み締め切りは2月28日。
もちろん、TOCOMスクエアにお越しになる機会には、是非予約して「PIZZERIA IL TAMBURELLO」のお店のピッツアも味わってみて下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は米国がベネズエラ石油会社へ制裁を科すと伝わり、供給が細るとの懸念で反発しました。金は米中通商協議の不透明感などで上昇。昨日のNY金は一時8か月ぶりの高値をつけ、TOCOMの金も約7か月ぶりの高値水準となりました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
コメンテーター:山内弘史さん(エネルギー情報ネットワーク 共同代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期 Lesson7「タートルズとは?」
コメンテーター:小次郎講師
「タートルズ?!そんなタイトルの亀の映画があったっけ…じゃなくて、タートルズの大実験は、1980年に実際にあった世紀の大実験、実話です。
2人の天才トレーダー、リチャード・デニスとウイリアム・エックハートがある時、賭けをしました。天才トレーダーは教育によって生み出せるのか。2人の意見は対立。その時に2人が食していたのが亀のスープ。だからタートルズ…スープの名だったとは。
2人は新聞広告で20名ほどのズブの素人を集めトレードスキルを伝授。1人当たり1億円の運用資金を与えるという実験を行いました。世界のトレーダーが注目したこの実験、結末は・・・?!」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/01/player-2019129.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190128/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/01/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /1/30
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反発
米国がベネズエラ石油会社へ制裁を科すと伝わったことで供給不安が高まりNY原油が反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引もその流れを引き継いで高寄りし、その後も、NY相場の堅調を眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年6月限)は、780円高の40,850円。その他限月は50円~750円高。

☆金、4日続伸
米中通商協議の不透明感などで昨日のNY金相場が一時は1310.7ドルと約8カ月ぶりの高値を付けた流れを引き継いで、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後も、NY相場の堅調を眺めて水準を切り上げ、午後は約7か月ぶりの高値となる4,609円近辺で推移しました。中心となる先限(2019年12月限)は、33円高の4,608円。その他限月は、33円~38円高。ゴールドスポットは33円高の4,617円。金現物取引100gは30円高の4,660円。

☆白金、反発
NY白金相場の反発と円の緩みを受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後しばらくもみ合いましたが、午後はNY相場の堅調を眺め水準を切り上げました。中心となる先限(2019年12月限)は、14円高の2,877円。その他限月は、11円~15円高。プラチナスポットは14円高の2,874円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、31円高の4,196円。

☆ゴム、3日ぶり反発
TOCOMゴム市場の日中取引は円安を受けて反発して始まりました。その後、海外相場の戻りと原油相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年7月限)は1円80銭高の152円00銭。その他限月は2円70銭安~2円10銭高。RSS(2019年7月限)は、2円80銭高の179円70銭。その他限月は2円90銭安~2円20銭高。

☆とうもろこし、反発
昨日のシカゴとうもろこし安を円安がカバーして、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後はシカゴ相場の堅調な推移を映して水準を切り上げました。中心となる先限(2020年1月限)は150円高の22,960円。その他限月は、80円安~180円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +6.63%
2位 プラッツドバイ原油 +1.95%
3位 ゴム(RSS) +1.58%

値下がり商品(先限、騰落率)
※本日、値下がりした商品はありません
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 45,386枚
2位 ゴールドスポット 12,688枚
3位 プラッツドバイ原油 10,276枚

全商品合計取引高(先物) 91,581枚
〃 (オプション) 121枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 263.04(前日比:+3.43)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・ベネズエラの原油生産量とOPEC内シェア
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37109
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 ベネズエラ石油会社に米制裁で思惑 金8カ月ぶり高値(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q9A130C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿