◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0662 2019/2/1)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
高級コーヒーの「ブルーマウンテン」の存在感が日本で薄れている…という記事を読みました。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40754790R30C19A1QM8000/
ジャマイカからのコーヒー輸入量が、10年前に比べて65%も減っているのですが、この大部分が「ブルーマウンテン」だというのです。
「ブルーマウンテン」は、ジャマイカ共和国にあるブルーマウンテン山脈の標高1200メートル近くという過酷な環境という、極、限られた地域で栽培されているコーヒー豆のブランド。実は私、「ブルーマウンテン」を、一度しか飲んだことがありません。とにかく高級品だったので、社会人になったばかりの頃に思いっきり背伸びをして、新潟市の東堀にあった憧れの「おぐま珈琲店」でブルーマウンテンを注文した…それ一度きり。普段はせいぜい「モカ」か「キリマンジャロ」、それでも一杯6~700円したのではないかと思うのですが、ブルーマウンテンは1,500円だった記憶があります。基本、Wedgwoodのコーヒーカップしか使っていないお店なのですが、ブルマンの時だけ「ジャスパーウエア」という水色の地に白いレリーフが施してある高級なカップに淹れてくれるのも更に高級感を醸し出してくれるポイントでした。
姿を消しているのは「ブルーマウンテン」だけでなく、喫茶店も数が減っているのだそうです。 https://www.sankei.com/west/news/180704/wst1807040001-n1.html
私の思い出の「おぐま珈琲店」も今は長岡市の本店を残すのみ。重い木のドアを押すとカランコロンってベルが鳴り、飴色に光る木のカウンターにサイフォンが並ぶ…そんなセピア色に染まる喫茶店って、数が少なくなりましたよね。
確かにお洒落なカフェや巨大チェーンのコーヒーショップに行くことが多くなりましたが、時にはゆっくりと昔ながらの喫茶店で、「ブルーマウンテン」を味わってみたいものです。
さて、本日のTOCOMマーケット、為替は円安に傾きましたが海外安をサポートしきれず、全体に軟調な値動きに終わりました。原油はNY相場安を受けて反落、金は辛うじてプラス圏で取引を終えました。白金は反発、パラジウムは反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター:林知久さん(投資日報社)
「ドルと金は逆相関関係なので、ドル建ての金価格が上がる時、ドル指数は下がる。ドル指数は1月10日から反転上昇基調に入っていたが、1月27日には急反落して95.86~96.04でギャップダウン。1月10日の安値を試しに掛かっている。
結論から言うと、この1月安値を割れるか否かがNY金の今後を左右すると思っている。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/01/player-2019131.html

来週の放送予定
2月4日(月)
「今年のCESが示す技術見本市としての存在感」
関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)

2月5日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson8「資金管理の基礎、ATR」
小次郎講師

2月6日(水)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)

2月7日(木)
「専門家の目~今注目のコモディティは?」
松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)

2月8日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190128/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/01/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/1
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反落
昨日のNY原油相場が、対ユーロでのドル上昇に押され下落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場日中取引は、大きく水準を切り下げて始まりました。その後も、NY相場の軟調を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年7月限)は、40,090円。その他限月は790円~700円安。

☆金、小幅反発
FRBが利上げと資産縮小を慎重に進める姿勢を示したことに好感し、昨日のNY金相場は続伸。加えて為替市場で円安に振れたことからTOCOM金市場の日中取引は反発して寄り付きました。しかしその後はNY相場の軟調を眺めて水準を切り下げ、かろうじてプラス圏で取引を終えました。中心となる先限(2019年12月限)は、1円高の4,600円。その他限月は、5円安~2円高。ゴールドスポットは変わらずの4,608円。金現物取引100gは10円高の4,680円。

☆白金、反発
昨日のNY白金相場が続伸したことや円相場の軟化を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY相場の下落を眺めて上げ幅を縮める場面もありましたが、午後は始値の水準に戻しました。中心となる先限(2019年12月限)は、17円高の2,872円。その他限月は、9円~21円高。プラチナスポットは16円高の2,872円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、41円安の4,206円。

☆ゴム、反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、海外高と円安で高寄りしました。その後、TSRは堅調に推移。RSSは一時上げ幅を消しましたが、始値近くまで値を戻しました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は151円30銭。その他限月は、変わらず~1円70銭高。RSS(2019年7月限)は、1円20銭高の179円00銭。その他限月は70銭~3円10銭高。

☆とうもろこし、3日続伸
昨日のシカゴ相場が下落したことからTOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は決め手材料を欠き、始値付近で小動きを続けましたが、終盤にシカゴ相場の堅調を眺めプラス圏に切り返しました。中心となる先限(2020年1月限)は10円高の23,000円。その他限月は、140円安~1,070円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京ガソリン +1.12%
2位 ゴム(RSS) +0.67%
3位 白金 +0.60%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン -1.64%
2位 バージ灯油 -1.56%
3位 パラジウム -0.97%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 27,317枚
2位 プラッツドバイ原油 9,635枚
3位 ゴム(RSS) 7,688枚

全商品合計取引高(先物) 65,546枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 261.07(前日比: -2.49)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・東京原油はしばらくもみ合い
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/37159

・弱気な需要だけでなく米国の原油生産増加もポイント
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/37139

・ロシアの1月減産順守の難易度
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37144

<参考ニュース>
・日欧EPA発効、ワイン・生ハム続々値下げ 売り場でアピール(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40762710R00C19A2HE6A00/

・米中、首脳会談へ 中国は大豆輸入を大幅拡大(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40758800R00C19A2000000/

・NY商品、原油が反落 一時2カ月ぶり高値も売りに押される(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R00C19A2000000/

・節約志向で遠のく「ブルマン」 喫茶店と共に姿消す(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40754790R30C19A1QM8000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿