◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0670 2019/2/14)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
TOCOMから歩いて約20分、東京シティエアターミナルに程近い日本橋浜町に、明日、新しいホテルがオープンします。
「HAMACHO HOTEL&APARTMENTS」
名前の通り、賃貸住宅も共在している複合型ホテルです。昨日、プレス内覧会が行われたので、私も一足早く中を覗いてきました!
「手しごと」と「緑」の見える街が、浜町の街づくりのコンセプト。各階のバルコニー部分に植栽あり、外観からして緑のホテル。もちろん館内もあちこちにグリーンが施されています。
ホテル部分は170室。シンプルモダンで高級感のある造りになっています。スイートルームにあたる「プレミアムテラスルーム」にはカウンターバーやレコードのターンテーブルもあり、実際に部屋に飾ってあるJAZZの名盤レコードを聴くことも出来るんです。それで何と一泊35,000円から!エキストラベッドのあるファミリールームは最大3名までで、14,500円から。大人3人で泊まった場合、1人5,000円弱ですよ!!基本定員2名までのダブル、ツインの部屋。どの部屋にも空気清浄と大型テレビが常設されていて、最も安い部屋が11,000円からとなっています。 https://hamachohotel.jp/
賃貸マンションは30㎡の1Kから63㎡の2LDKまで全108戸。東急住宅リースが管理・運営をします。眺めのよい上層階「EXECUTIVE ROOM」は高級感のあるデザイン。2~4階はガラス張りの内壁などデザイン性が重視された「CREATIVE ROOM」。在宅ワーク支援住宅として、シェアルームとして連名での契約も可能です。昨日の時点で半分以上が既に契約済みとのこと。https://www.tokyu-housing-lease.co.jp/mansion/hamacho_apartments/
1階のダイニングバー「SESSION」は、日本を代表するジャズクラブ「BLUE NOTE」が手掛けており、お料理の提供だけでなく、いずれは「BLUE NOTE TOKYO」に出演するミュージシャンのJAZZの生演奏なども展開していけたら…とのことでした。期待しちゃいますね!
またHOTELからビルを一軒またいで立地する、隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」「WAVES 日本橋浜町」も3月に開業予定!これもまたお洒落で、共同スペースのキッチンには最新の家電が揃っていてお料理するのも楽しくなりそうです。https://antenna.jp/articles/7361375 ここに住んだら、私の一番不安である「孤独死」の心配もないのかなぁ…と思ってしまいました。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はOPECの減産や米中貿易協議の進展期待で大幅続伸。原油もTSR、RSS揃って続伸しました。金はNY相場安を受けて小幅ながら反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
コメンテーター:柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「OPECは1月18日、非加盟国を含めた減産量の国別割当て幅を発表しました。
今後3月18日に減産合意の履行状況を監視するJMMC(共同閣僚監視委員会)を開催。4月17~18日に臨時総会を開催することとなっています。
ロシアの存在感が大きくなっていますが、「OPECプラス」で新たな石油カルテルへのシフトが市場価格に影響を及ぼすものとして、米政権には「OPECプラス」による生産調整が不当な価格操作にあたるとして反トラスト法制定の動きがあるようです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-2019213.html

2月11日放送マーケット・トレンド特別番組「2019年の相場展望と投資戦略を考える」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-20192019211.html
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【FX・CX・株】ドルは強いのか弱いのか?
【金】2018年金需給変化で価格が上昇!?
【原油】ベネズエラ情勢の影響で反発も?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190212/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/02/09/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/14
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日続伸
OPECの協調減産で、サウジアラビアが一層の減産の意向を示していることを好感し昨日のNY原油相場が続伸。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りしました。その後も米中貿易協議の進展などへの期待からNY相場は上昇。加えて円相場の軟化を映し、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年7月限)は、1,090円高の43,470円。その他限月は770円~1,150円高。

☆金、4日ぶり小幅反落
取引き中のNY金相場の下落を受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の戻りと円の軟化を眺めてやや水準を切り上げましたが、プラス圏には浮上出来ませんでした。中心となる先限(2019年12月限)は、2円安の4,659円。その他限月は、5円~1円安。ゴールドスポットは1円安の4,664円。金現物取引100gは10円高の4,720円。

☆白金、3日ぶり反落 
NY白金相場の下落を受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、決め手材料を欠き、始値を挟んで狭いレンジで揉み合いました。中心となる先限(2019年12月限)は、9円安の2,813円。その他限月は12円~6円安。プラチナスポットは7円安の2,809円。パラジウムの中心となる先限(2019年12月限)は、15円高の4,593円。

☆ゴム、3日続伸
海外相場高を受けてTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後も円安や原油の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は3円30銭高の157円40銭。その他限月は、変わらず~4円60銭高。RSS(2019年7月限)は、1円50銭高の184円60銭。その他限月は10銭~1円50銭高。

☆とうもろこし、小幅反発
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は決め手材料を欠き小安く寄り付きましたが、その後、円安を眺めて小幅ながらプラス圏に切り返しました。中心となる先限(2020年1月限)は80円高の24,060円。その他限月は、変わらず~150円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.57%
2位 ゴム(TSR) +2.14%
3位 バージガソリン +2.10%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -0.36%
2位 白金 -0.32%
3位 プラチナスポット -0.25%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 32,175枚
2位 プラッツドバイ原油 18,796枚
3位 白金標準取引 6,632枚

全商品合計取引高(先物) 76,871枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 274.05(前日比:+3.67)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・“OPEC生産大幅減”は、減産非参加3カ国の貢献が大きい
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37352

・World Gold Councilによる2018年の金レポート(その2)
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/37337

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 サウジ減産による需給改善観測、金も続伸(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U9A210C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿