◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0673 2019/2/19)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今朝、昼食用のヨーグルトを買うために、TOCOM近所のコンビニエンスストアに行ったところ、陳列棚に見慣れないものが…。
「カルビー レンジdeポテリッチ 濃厚バター醤油味」
http://www.family.co.jp/goods/snack/4910985.html
好奇心に駆られて、早速購入しました。
袋の隅に少し切れ目を入れて、あとはそのまま500W~600Wの電子レンジで40秒温めます。袋を破って開いてみると、ほわ~んと湯気が立ち、バターと醤油の香ばしい香りが…。
今まで味わったことのないアツアツホクホクのポテトチップス!パリパリの通常のポテチとは全く違う美味しさです♪♪
電子レンジに対応した包材の開発にかけた時間、およそ2年半。50回以上も改良や試作を重ねてようやく完成したのだそうです。
今日発売のこの「レンジdeポテリッチ 濃厚バター醤油味」のほか、3月12日には「カルビー ピザポテト」のレンジ版、「レンジdeピザポテト」も発売されるそうです。通常の「ピザポテト」よりもチーズが25%増量なんですって!レンジでチンしたら、どうなるんでしょう???今から楽しみで仕方ありません。いずれもファミリーマート限定販売です。
このところ、何かと湖池屋に話題を奪われていたカルビー、今回は一本取りましたね!
しかし、電子レンジに対応した食品、今どんどん増えていますよね。
元を辿ればレトルト食品の草分け「ボンカレー」が2003年にそれまでのパウチを一新してレトルトカレーで初めてレンジ過熱を可能にしましたが、やはり実験を重ね開発に1年以上かかったのだそうです。
日清が出したカップ麺「レンジカップ 行列のできる店のラーメン」もありますね。昨年秋に「厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」と「厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」を発売したら大人気で、来月3月1日に「厚切り叉焼麺 鶏ガラ醤油」と「厚切り叉焼麺 鶏ガラ醤油」がラインナップに加わります。 https://www.nissin.com/jp/news/7545
またソーセージの「シャウエッセン」も昨日HPのTOPページで「手のひらを返します」とこれまで禁じてきた電子レンジ調理を「解禁」しました。
加熱し過ぎて破裂することを恐れてレンジでの加熱を禁止してきたのですが、時代に合わせて手軽に温められるようにと、繰り返しテストを重ねた結果、最適の過熱時間を割り出したのだそうです。3本なら500Wで30秒、600Wで20秒、6本なら500Wで60秒、600Wで50秒です。むしろボイルよりも美味しい脂を逃さずに食べられるとか! https://www.nipponham.co.jp/seq/
電子レンジでないと過熱出来ない食品も増えてきていますものね。やはり時代は電子レンジです。
さて、本日のTOCOMマーケット、円安で概ね続伸しましたが、原油やガソリンはNY相場の軟化を受けて反落し、円安でもカバーしきれず小幅安で取引を終えました。

(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson10「ユニットの計算法」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「不透明感を味方につけるには?!」
コメンテーター:野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「目先のポイントは、4月は基本慎重に!個人投資家にとって一番避けなくてはならないのは致命傷を受けること。
3月1日に発動予定の、米国の中国に対する追加制裁を60日延期することが検討されています。これがもし本当に60日延期になった場合、それは日本の投資家には厄介な状況になります。3月1日から60日後…それは4月30日、初の10連休の最中なのです。
ただでさえ、日本のマーケットだけが休みのGWというのは取引が出来ずに不安な時なのに
そこに追加制裁発動なんて大きなトピックスが飛び込んできたら!そのためには…。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-2019218.html

2月11日放送マーケット・トレンド特別番組
「2019年の相場展望と投資戦略を考える」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-20192019211.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【FX・CX・株】ドルの動きとファンド建玉
【金】2019年の金とドル&ダウ平均の相関は?
【原油】米国の原油在庫増加で上値圧迫か?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190218/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/02/09/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/19
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、6日ぶり小幅反落
取引中のNY原油相場が軟化したことから、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小安く寄り付きました。昼過ぎまで下げ幅を拡大した後、為替が円安に振れたのを眺めて下げ幅を縮めましたが、プラス圏には届きませんでした。中心となる先限(2019年7月限)は、120円安の44,540円。その他限月は350円~100円安。

☆金、小幅続伸
取引き中のNY金相場の堅調を受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後はNY金の上昇一服を受けて上げ幅を縮め、午後はこの日の安値圏で揉み合いました。尚、夜間取引では1年ぶりの高値となる4,708円をつけています。中心となる先限(2019年12月限)は、6円高の4,699円。その他限月は、4円~7円高。ゴールドスポットは6円高の4,699円。金現物取引100gは変わらずの4,750円。

☆白金、続伸 パラジウム最高値更新
取引き中のNY白金相場の堅調を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後も、NY白金相場高を眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2019年12月限)は、14円高の2,874円。その他限月は13円~16円高。プラチナスポットは17円高の2,874円。パラジウム、中心となる先限(2019年12月限)は、55円高の4,767円。一時4,780円を付け昨日に続いて上場来高値を更新しました。

☆ゴム、大幅続伸
海外相場の上昇を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引も高寄しました。その後も、海外の堅調と円相場の軟化を受けて上げ幅を拡大。RSSは一時194円20銭と約9か月ぶりの高値をつけました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は4円40銭高の163円80銭。その他限月は、変わらず~8円80銭高。RSS(2019年7月限)は、6円50銭高の193円50銭。その他限月は5円50銭~7円70銭高。

☆とうもろこし、続伸
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、高寄りし、その後シカゴ相場の堅調や円の軟化を眺め上げ幅を拡大し、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2020年3月限)は300円高の24,370円。その他限月は、変わらず~30円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) +3.48%
2位 ゴム(TSR) +2.76%
3位 とうもろこし +1.25%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油 -0.32%
2位 プラッツドバイ原油 -0.27%
3位 小豆 -0.21%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,313枚
2位 ゴム(RSS) 7,651枚
3位 プラッツドバイ原油 7,168枚

全商品合計取引高(先物) 61,087枚
〃 (オプション) 122枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 278.88 (前日比:+0.06)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・OPEC減産を評価するための基準とは
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37444

・IEAは1月のOPEC11カ国の減産順守率を86%と公表
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37432

<参考ニュース>
・パラジウム高騰 新たな供給不安 ETF解約で残高減(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41312980V10C19A2000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿