◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0676 2019/2/22)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

「今日は何の日でしょうか?」
10人に聞いてみたところ「プレミアムフライデー」と答えた方は一人もいませんでした。プレミアムフライデー、3年目という節目の日であるのに。
殆どの方は、にゃん・にゃん・にゃんで「猫の日」と答えました。記念日の中ではメジャーどころですよね。「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる日」だそうです。
いろんなイベントも開催されているようです。
人気の猫作家が作る約222点に及ぶ猫作品を展示販売する「にゃんだふるらいふ展」https://www.creema.jp/event/cat222
猫グッズの展示販売の他、猫モチーフの軽食やスイーツの販売、また猫の役を演じたことのある人気声優井上和彦さんのトークショーなどもある「にゃんだらけ」http://nyandarake.tokyo/
人気の猫クリエーターが集結する合同写真展&物販展「ねこ休み展」https://www.kentei-uketsuke.com/neko/
そして、猫写真の第一人者、岩合光昭さんが初監督をした映画「ねことじいちゃん」も今日から公開になりました。https://movie.jorudan.co.jp/cinema/35978/
映画の全編に猫が登場するんだそうです。猫好きの方にはたまりませんね♪
そして、今年第3回の開催となる「猫検定」(3月24日全国6会場で開催)の受験申込の締め切りが、いよいよ2月25日(月)と迫って参りました。https://www.kentei-uketsuke.com/neko/
受験するかしないか迷っているんです。テキストを丁寧に読めば、初級・中級は8割受かると言われていますが、空前の売り手市場だった就活時、落ちる人がいないと言われていた教員採用試験に落ちている私ですからねぇ…。
ちなみに初級の「練習問題」↓ にチャレンジしてみたのですが、5問中2問も間違ってしまいました…。
https://www.kentei-uketsuke.com/sys/neko/practice3
映画猫侍に出てくる白猫の名前を「雪之丞」と間違い(←ひっかけですよね…)、猫が触られると嫌がる場所、正解は「お腹」を「腰」と間違えました。だって、うちの猫、3匹ともお腹を揉まれるのが大好きなんですもん…。
さて、本日のTOCOMマーケット、米原油在庫の増加を嫌気して原油は小幅反落。貴金属はこの所の高値の反動で全体に下落基調ですが、白金のみ5日続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

前回の放送から
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「OPECプラスの減産に加え、米国のイラン制裁免除が5月初旬で失効することでイラン産原油の供給が不足するとの思惑が先取りし、原油価格は上昇基調を強めています。
トランプ政権は、イランからの原油・石油製品の輸出をゼロにするとしていますが、中国、インド、トルコなどはこれに従わない可能性が濃厚。
昨年中間選挙前に同盟国に対し、イラン制裁に180日の猶予を与えたのも現実には同盟国全てにこれを強要できないという事実を先延ばしにしたもので、今回も結局従わない国があることで先延ばしになるのではないか、とみられています。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-2019221.html

来週の放送予定
2月25日(月)
「じわり強さ増す金相場」
志田富雄さん(日本経済新聞 編集局 編集委員)

2月26日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson11「破産の確率」
小次郎講師

2月27日(水)
「国際商品市況の現状と今後の見通し」
本間隆行さん(住友商事グローバルリサーチ チーフエコノミスト)

2月28日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

3月1日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
2月11日放送マーケット・トレンド特別番組
「2019年の相場展望と投資戦略を考える」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-20192019211.html
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190218/
□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/02/09/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/22
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反落
EIAの発表で原油在庫が増えていたことをきっかけに昨日のNY原油が反落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後は決め手を欠いてしばらくもみ合いが続きましたが、終盤はNYの戻りを受けて水準を切り上げましたがプラス圏には届きませんでした。中心となる先限(2019年7月限)は、40円安の45,260円。その他限月は40円安~90円高。

☆金、続落
この所の金相場高の反動で昨日のNY金相場が下落した流れを受け継ぎ、TOCOM金市場は夜間に大きく水準を切り下げて、日中取引は大幅安で寄り付きました。その後はNY金と円相場がともに動意に乏しく、決め手材料難からもみ合いが続きました。中心となる先限(2019年12月限)は、43円安の4,710円。その他限月は、54円~45円安。ゴールドスポットは46円安の4,711円。金現物取引100gは60円安の4,770円。

☆白金、5日続伸
昨日のNY白金相場が4日ぶりに反落したのを眺めて小動きで始まりましたが、その後NY相場の戻りを受けて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年12月限)は、15円高の2,942円。その他限月は4円安~20円高。プラチナスポットは21円高の2,936円。パラジウム、中心となる先限(2019年12月限)は、29円安の4,837円。

☆ゴム、続落
海外ゴム相場の軟調と円安一服を眺め、TOCOMゴム市場の日中取引は小安く始まりました。その後は決め手を欠き、始値近辺での小動きで推移しました。TSRはやや下げ幅を縮めました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は80銭安の164円50銭。その他限月は、1円80銭安~50銭高。RSS(2019年7月限)は、1円50銭安の193円60銭。その他限月は7円50銭~1円00銭安。

☆とうもろこし、反発
昨日のシカゴ相場が米中貿易摩擦改善への期待感から上昇したのを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後もシカゴ相場の堅調や円の軟化を眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年3月限)は160円高の24,580円。その他限月は、60円~220円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +0.72%
2位 とうもろこし +0.66%
3位 白金 +0.51%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.23%
2位 ゴールドスポット -0.97%
3位 金 -0.91%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 43,962枚
2位 ゴールドスポット 20,735枚
3位 白金標準取引 9,606枚

全商品合計取引高(先物) 96,243枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 282.23(前日比: -0.76)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・原油の上昇基調変わらず
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/37499

・OPECプラスやベネズエラの減産で原油が3カ月ぶり高値
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/37479

・米国の原油生産量に占めるシェールの比率
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37484

<参考ニュース>
・円相場、月内動かず? 予想変動率1年2カ月ぶり低水準(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41601400S9A220C1000000/?nf=1

・日英間の貿易協定、「合意なき離脱」なら失効 英政府(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41596690S9A220C1000000/

・NY商品、原油が小幅安 原油在庫増や米指標下振れで、金は反落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S9A220C1000000/

・米中協議「覚書」へ詰め 貿易・知財・為替を協議(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41565860R20C19A2FF2000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿