◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0678 2019/2/26)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

ただでさえ、進学、就職、転勤等々で引っ越しが多い時期。加えて、レオパレス引っ越しの方もいらっしゃいますよね。
引っ越しされる皆さん、引っ越しの手配出来ましたか?
引っ越し集中日の3月下旬~4月上旬は半数が引っ越し難民になる恐れがあるそうです。
また引っ越し料金も割高に!「引っ越し侍」https://hikkoshizamurai.jp/price/ で
私が今住んでいる家から人形町に引っ越すと仮定して見積もりをとってみたら、3月17日(日)だと、14社が対応可能で、引っ越し料金は最も安い業者で59,280円、平均で180,103円。24日(日)だと、11社対応可能で、安い業者でも90,350円、平均201,145円。31日(日)だと、12社対応可能なのですが、最も安い業者でも114,120円、平均201,443円、最も高い業者では389,210円!!単身世帯でです!家族が多くて荷物がもっと多いご家庭では更に高くなってしまいます。2週間の差でこれだけ金額に差が出てしまうのですから出来ることなら早めの日程で引っ越しされる方がいいです。
そして、もし助成金が使えるならぜひ使って下さい。
「助成金ポータルサイト」の東京23区の引越しに関わる補助金を見てみるとhttps://hojyokin-portal.jp/moving/
区によって様々ですが、特に、高齢者世帯、障害者世帯、ひとり親世帯に該当する場合、補助金が出るケースがあるようです。
特に千代田区では高額で長期間にわたる助成制度が整えられています。親世帯との近居のために住み替える新婚世帯や子育て世帯のほか、子供が大きくなったために区内でより広い家に転居予定の方を対象にした「次世代育成住宅助成」など。是非、参考になさってくださいね。
さて、本日のTOCOMマーケット、南アフリカの白金鉱山でストライキが予定されているため白金は7日続伸。約3か月ぶりの高値をつけました。パラジウムも急伸。一時5,050円を付け、昨日に引き続き上場来高値を更新しています。原油は、トランプ米大統領が原油高に不満を表明したことを受けて大幅続落です。(郁)、

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期 Lesson11「破産の確率」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「じわり強さ増す金相場」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞 編集局 編集委員)
「直近2月20日にNY金は期近で1,344ドルをつけ、昨年4月の1,365ドルの高値以来の水準となっています。
振り返ってみると昨年8月につけた1,161ドルを底に、9月の安値は1,180ドル、10月は1,183ドル、11月は1,196ドル、12月1,221ドル、1月1,275ドル、2月は今日までに1,301ドル。徐々に底値を切り上げてきておりパラジウムのような高騰ではないけれど、底堅くなっているのが分かります。
この金価格の上昇の最大の要因は、米国の利上げの減速。下げ材料が無くなったので買戻しが入ってきているのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-2019225.html
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【貴金属】「白金がさらに上昇する5つの理由」/『商品・為替・株価の動きはこれだ!』/【金】2019年・LBMA金価格予想!/【原油】2019年・EIA原油価格予想!
ゲスト:岡地株式会社・田栗満(たぐり・みつる)氏
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190225/
□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/02/22/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
トランプ米大統領が原油高に不満を表明したことを受けて、昨日のNY原油相場が下落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引も安寄りしました。その後もNY相場の軟調を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年7月限)は、1,530円安の43,600円。その他限月は1,580円~420円安。

☆金、反落
世界株価の上昇で金市場からは投資資金が流出し、昨日のNY金相場は反落しましたが、円安にサポートされてTOCOM金市場の日中取引は小高く寄り付きました。しかしその後、円の引き締まりを受けてマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年2月限)は、4,718円。その他限月は、4円安~3円高。ゴールドスポットは1円安の4,727円。

☆白金、7日続伸
南アフリカの白金鉱山でストライキが予定されているため、供給が逼迫するとの思惑で昨日のNY白金相場が上昇。その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後もNYの堅調を眺めて強含みに推移し、約3か月ぶりの高値水準で取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、3,060円。その他限月は39円~46円高。プラチナスポットは35円高の3,038円。パラジウムもNY高を受けて急伸。中心となる先限(2020年2月限)は、5,020円。一時5,050円を付け、昨日に続いて上場来高値を更新しました。

☆ゴム、反落
昨日の上昇の反動と海外ゴム相場の夜間の下落を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引も安寄りしました。その後も海外安と円の引き締まりで、下げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は1円40銭安の168円80銭。その他限月は、60銭安~80銭高。RSS(2019年8月限)は、2円40銭安の199円10銭。その他限月は3円70銭~2円30銭安。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
昨日のシカゴとうもろこし相場が下落した流れを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も反落して始まりました。その後も、シカゴ相場の軟調を眺め水準を切り下げました。中心となる先限(2020年3月限)は180円安の24,650円。その他限月は、270円安~20円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +1.17%
2位 大豆 +0.02%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -3.39%
2位 ゴム(RSS) -1.19%
3位 ゴム(TSR) -0.82%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 27,128枚
2位 白金標準取引 22,236枚
3位 プラッツドバイ原油 11,822枚

全商品合計取引高(先物) 84,012枚
〃 (オプション) 163枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 277.45(前日比: -5.21)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・白金相場見通し
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/37557

・米国と他の主要産油国との違いとは
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37484

<参考ニュース>
・白金相場下押しするパラジウム高 南アの減産進まず(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41743730W9A220C1QM8000/

・NY商品、原油が反落 トランプ氏が価格上昇をけん制(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A220C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿