◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0679 2019/2/27)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
ふるさと納税の返礼品は最近「モノからコト」にシフトする傾向にあるようですね。
国内最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を覗いてみると、この時期らしい面白い返礼品が紹介されていました。花粉の飛散が気になるこの季節に花粉の飛ばない場所へ…ということで、北海道や沖縄の体験ツアーです。
https://www.furusato-tax.jp/feature/a/topic_hay-fever?top_body
例えば、北海道豊富町の「サロベツ湿原体験!スノーシューガイド(1~3月)」https://www.furusato-tax.jp/product/detail/01516/448024
北海道厚岸町「道の駅『コンキリエ』殻牡蠣食べ放題、牡蠣剥き体験セットお土産付」https://www.furusato-tax.jp/product/detail/01662/314517
沖縄県 久米島町「ダイビングパラダイス!久米島で体験ダイビング【ペア】」https://www.furusato-tax.jp/product/detail/47361/4456572
実はふるさとチョイスを運営する目黒に本社のある株式会社トラストバンクは、花粉症に悩む社員のために、花粉の時期でも最大限の力を発揮できる環境の提供、さらには従業員が地域に滞在することで、各地の魅力発信のスキルや経験を得ることができると、『花粉症社員向け サテライトオフィス』を開設するのだそうです。
場所は北海道の上士幌町。3月1日〜3月31日の間、住宅4棟を希望する花粉症社員に提供するというもの。
実はこのサテライトオフィスに使われる建物は、北海道上士幌町が移住体験として、同町への移住希望者に提供しているもの。花粉症に悩んでいて北海道に移住したいと考えている方は勿論ですが、北海道に限らず移住体験の支援をしている自治体はたくさんあります。 https://www.iju-navi.soumu.go.jp/ijunavi/(全国移住ナビ)
気になる町を探してみてはいかがでしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケット、前日にトランプ米大統領が原油高に不満を表明したものの、サウジアラビアなど主要産油国が協調減産を続けるとの見方にサポートされ原油・ガソリンは反発しました。昨日反落したゴムも、海外高を受けて反発。金はNY安と円高で反落しました。パラジウムは今日も上場来高値更新です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「国際商品市況の現状と今後の見通し」
コメンテーター:本間隆行さん(住友商事グローバルリサーチ チーフエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期 Lesson11「破産の確率」
コメンテーター:小次郎講師
「破産と聞くとギョッとしますが、これは統計上の理論です。あるルールの下に賭けをするとどれくらいの確率で破産するかを計測するものです。
どんなにエッジの高い局面でエントリーしても、負けが続くと資金を失ってしまうことがあります。
エッジがある局面でのエントリーですから、続けていれば確率的には勝てることが分かっていても連敗することもある、というリスクを前提に投資していかなくてはなりません。
1回あたりのリスクが低ければ、連敗時に資金を飛ばしてしまうことはありません。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/02/player-2019226.html
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190225/
□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/02/22/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /2/27
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
前日にトランプ米大統領が原油高に不満を表明したものの、サウジアラビアなど主要産油国が協調減産を続けるとの見方にサポートされ、昨日のNY原油は小反発しました。その流れを引き継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、材料を欠き小幅なレンジで推移し、やや上げ幅を削って取引を終えました。中心となる先限(2019年7月限)は、640円高の44,240円。その他限月は130円~630円高。

☆金、続落
対ユーロでのドル高で昨日のNY金相場が小反落、加えて為替の円高でTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、始値を挟んでの小幅な値動きをしていましたが、午後に入って円が引き締まると下げ幅を拡大。この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、15円安の4,703円。その他限月は、16円~13円安。ゴールドスポットは17円安の4,710円。

☆白金、期先のみ小幅反落
円高を受けてTOCOM白金市場の日中取引は8日ぶりに安寄りしました。その後、取引中のNY白金の堅調地合いを眺めてプラス圏に切り返す場面もありましたが、円の引き締まりなどを眺めて再びマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年2月限)は、3円安の3,057円。その他限月は2円~9円高。プラチナスポットは15円高の3,053円。パラジウムは中心となる先限(2020年2月限)は12円高の5,032円。一時5,066円を付け、上場来高値を今日も更新です。

☆ゴム、反発
海外相場高と円高の綱引きでTOCOMゴム市場の日中取引は、TSRは小安く、RSSは小高く寄り付きました。その後、海外相場高に押し上げられて堅調に推移しました。RSSは200円を回復して取引を終えています。中心となる先限、TSR(2019年8月限)は2円00銭高の170円80銭。その他限月は、変わらず~1円80銭高。RSS(2019年8月限)は、1円70銭高の200円80銭。その他限月は50銭~2円40銭高。

☆とうもろこし、小幅続落
昨日のシカゴ相場安を引き継いで、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りし、その後も決め手を欠き、始値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2020年3月限)は80円安の24,570円。その他限月は、70円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.47%
2位 バージガソリン +1.29%
3位 ゴム(TSR) +1.18%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴールドスポット -0.36%
2位 とうもろこし -0.33%
3位 金 -0.32%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,958枚
2位 白金標準取引 23,824枚
3位 ゴム(RSS) 8,166枚

全商品合計取引高(先物) 81,578枚
〃 (オプション) 123枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 279.45(前日比:+2.00)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・原油版トランプバズーカ、再来
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37568

<参考ニュース>
・NY商品、原油が小反発 産油国の減産継続を意識、金は小幅続落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X20C19A2000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿