◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.06921 2019/3/19)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
猫の写真展って結構頻繁に開かれているけれど、「これだけは絶対に外せない!!」って思っている写真展が明日から始まるんです。
「ねこのひょっこり展」 https://www.hyokkorineko.jp/
猫がひょっこりと可愛い顔をのぞかせる奇跡の瞬間“ひょっこりにゃん”を集めた写真展です。
昨年大人気だった「ひょこりはん」をもじっているんでしょうけれど、確かに猫って柱の陰から、タンスの上から、窓の縁から“ひょっこり”するんですよね!
公募で集まった3000点を超えるひょっこり写真の中から厳選した約400作品をはじめ、人気の猫カメラマンの作品や、SNSで話題になっている猫の写真も展示するそうです。
また、来場者の愛猫の写真を、その場でプリント出来る「スマホ de チェキ」を設置して、出力したチェキを会場に飾る「我が家のひょっこりにゃん」というコーナーもあるんだそうです。猫を飼っている方は、是非、自慢の愛猫のひょっこり写真をスマホで撮って会場を訪れることをおススメします!
クリアファイル、ポストカード、手ぬぐいといったオリジナルグッズや、展示作品を一冊にまとめた「ねこのひょっこり展」写真集も会場で販売するそうです。
会場は千代田区外神田6-11-14の「アーツ千代田 3331」
開催期間は明日3月20日(水)~26日(火)の1週間で、時間は11時~20時(最終日のみ17時まで)。入場料は600円(小学生以下入場無料)です。
ちなみに、24日(日)は以前このコラムでお伝えしたように、第3回猫検定が開催されます。私も初級にチャレンジします。もし受かったらここでお知らせしようと思います。期待していて下さい。
さて、本日のTOCOMマーケット、おおむね上昇しましたが、円高を受けて小幅高で取引を終える銘柄が多く見られました。ただしパラジウムは急伸。昨日に続いて上場来高値を更新しています。期先は5,211円、期近は5,659円をつけました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「株式市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:鎌田伸一さん(ラジオNIKKEI 記者)
キャスター:山本 郁

前回の放送から
「株式市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:鎌田伸一さん(ラジオNIKKEI 記者)
「今週まず注目するのは、3月20日27時に行われるFOMC政策金利発表。昨年クリスマスに株価は大きく下落。年明けにアップルショックがありましたが、その後はまずまず堅調に上がって来たと考えられます。
その背景は、パウエル議長が1月のFOMCの声明文に示唆しているようにFRBが利上げを一旦停止する…という、株式市場にとっては有利な金融政策を行うという見通しが原動力となっています。
市場では、今年の利上げはない…と織り込んでいるわけですが果たして今回のFOMCのメンバーの金利見通しは、それに沿った内容になるのでしょうか。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/03/player-2019318.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【FX&CX】ユーロもポンドもゴールドも強い!
【金・白金】年末までに1400ドル超えへ!
【原油】在庫が大幅減少で価格は?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190318/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/03/15/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /3/19
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、小幅反発
主要産油国による協調減産の延長の思惑を背景に昨日のNY原油相場が反発した流れを引き継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後、NY原油の堅調と円の引き締まりという強弱材料の交錯で、始値を挟んでの小幅なもみ合いで取引を終えました。中心となる先限(2019年8月限)は、50円高の45,470円。その他限月は40円~160円高。

☆金、3日ぶり反発
昨日反落したNY金相場の戻りを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY金の堅調を映して上げ幅を拡大しましたが、円相場の引き締まりに頭を押さえられ大引けにやや水準を切り下げました。中心となる先限(2020年2月限)は、14円高の4,661円。その他限月は、13円~20円高。ゴールドスポットは23円高の4,674円。金現物取引100gは10円高の4,720円。

☆白金 反発 パラジウム急伸
NY白金相場の強地合いを引き継ぎ、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後もNY相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しましたが、円の引き締まりを受けて伸び悩みました。中心となる先限(2020年2月限)は、24円高の2,987円。その他限月は21円~37円高。プラチナスポットは32円高の2,984円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2020年2月限)は115円高の5,211円。

☆ゴム、反発
TOCOMゴム市場の日中取引、TSRは小安く寄り付きましたが、RSSは夜間の上海ゴム相場の上昇を引き継ぎ高寄りしました。その後、原油相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しましたが、大引けは円高に頭を押さえられやや上げ幅を縮小して取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年9月限)は1円00銭高の171円00銭。その他限月は、変わらず~2円40銭高。RSS(2019年8月限)は、90銭高の195円20銭。その他限月は70銭~5円40銭高。

☆とうもろこし、5日ぶり小幅反落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、決め手を欠き小幅高で寄り付きました。その後円高を嫌気して下落に転じ、午後はマイナス圏でのもみ合いで取引を終えました。中心となる先限(2020年3月限)は50円安の24,130円。その他限月は、90円~20円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +2.26%
2位 小豆 +1.40%
3位 プラチナスポット +1.08%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.21%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 20,447枚
2位 白金標準取引 8,012枚
3位 プラッツドバイ原油 6,452枚

全商品合計取引高(先物) 47,691枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 283.74(前日比:+0.94)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・IEAはOPEC・非OPEC、ともに2月は減産非順守とした
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37849

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 協調減産延長の思惑で(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z10C19A3000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿