◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.06922 2019/3/20)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今日はよく晴れて暖かくなりましたね!長崎から全国のTOPを切って桜の開花の便りが届きました。
厚手のコートやダウンはそろそろクリーニングに出しても良さそうですね。
しかし、厚手のコートやダウンって場所をとりますよね。一年の内のわずかな期間しか使わないのに、その他はクローゼットの中で大きなスペースを占めちゃって邪魔な存在。
これが無ければもっとスペースを有効に使えるのに…って思っている方も多いはず。
そこで、最近ではクリーニング屋さんが保管サービスを行っている所も多く、平均的に預かり期間6か月間、衣類10点でクリーニング料金込みで1万円~1万5千円…が相場のようです。https://kaji-hikaku.com/clothes-storage-hikaku
でも中には最大10か月預かりで、しかも無料!なんてところもあるようです。
また、クリーニングが済んでいるものだったら、クローゼットサービスに預けるという手も。
「minikura closet(ミニクラクローゼット)」https://minikura.com/spring2019-closet/ 
寺田倉庫が運営するクラウド収納サービス「minikura」の新サービスで、昨日スタートしたばかりなんです。10点預けて月額450円ですって。
自宅ポストに届く不織布キットに衣類を10点まで入れて送ると、全ての衣類をハンガーに吊った形で広い倉庫内に保管してくれるんです。シワがつきにくく、型崩れさせたくない洋服の保管に便利なサービス。自宅のクローゼットにギューギューに詰め込んで、しわくちゃになっちゃったら残念ですもんね。こんなサービス、利用してみてはいかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、円相場の軟化にサポートされて概ね上昇です。白金・パラジウムは大幅続伸です。白金は3,000円台を回復。パラジウムは昨日に続き上場来高値を更新しています。ゴムは海外安を受けて反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「2018年の金の需要動向とトピックス」
コメンテーター:森田隆大さん(森田アソシエイツ 代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson14「増し玉の仕方」
コメンテーター:小次郎講師
「増し玉というのは、同方向のトレンドが確認できる際にポジションをいくつかに分けて増やしていくことです。
相場に絶対はありませんので、最初から資産の全てを使ってポジションを取ることはお勧めできません。
試し玉と言って、最初にエッジがある局面でポジションを構築した後、そのポジションに利が乗ってきたら、さらに追加でポジションを作るということであって、逆方向のポジションを取ることではありません。それは両建てですね。
では、どのようにポジションを増やしていけばいいのでしょうか。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2019/03/player-2019319.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190318/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/03/15/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /3/20
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
円相場の下落を受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後は、円の更なる軟化とNY原油の軟調と、強弱材料の綱引きで揉み合いましたが、引けにかけてNYの戻りを眺め上げ幅を広げました。中心となる先限(2019年8月限)は、250円高の45,720円。その他限月は40円~260円高。

☆金、続伸
FRBが利上げを見送る姿勢を強めるとの観測が広がり、金市場への資金流入が続くとの思惑で昨日のNY金相場が上昇。加えて円安でTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY金相場の下落と円相場の軟化の強弱両材料が交錯しもみ合いましたが、大引けにかけて水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、13円高の4,674円。その他限月は、8円~13円高。ゴールドスポットは6円高の4,680円。金現物取引100gは10円高の4,730円。

☆白金・パラジウム 大幅続伸
パラジウムの上昇にけん引されて、昨日のNY白金相場が上昇。その流れを引き継いでTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後もNYの堅調推移や円の緩みを背景に上げ幅を拡大し、終値で11日ぶりに3,000円台を回復しました。中心となる先限(2020年2月限)は、83円高の3,070円。その他限月は80円~89円高。プラチナスポットは87円高の3,071円。パラジウムも大幅続伸。中心となる先限(2020年2月限)は100円高の5,311円。昨日に続き上場来高値を更新しています。

☆ゴム、反落
夜間の海外ゴム相場安の流れを受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後、TSRは円の軟化を受けてプラス圏に浮上する場面もありましたが、RSSは上海相場安を眺めて下落。大引けは揃ってマイナス圏に沈みました。中心となる先限、TSR(2019年9月限)は2円00銭安の169円00銭。その他限月は、2円10銭~50銭安。RSS(2019年8月限)は、3円20銭安の192円00銭。その他限月は4円50銭~2円00銭安。

☆とうもろこし、反発
昨日のシカゴ相場が軟化したのを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は続落して始まりました。しかし、その後は明日の休場を控えたポジション調整で、プラス圏に切り返した。中心となる先限(2020年3月限)は100円高の24,230円。その他限月は、80円安~50円高安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +2.92%
2位 白金 +2.78%
3位 パラジウム +1.92%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -1.64%
2位 ゴム(TSR) -1.17%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 26,698枚
2位 白金標準取引 22,321枚
3位 プラッツドバイ原油 4,419枚

全商品合計取引高(先物) 71,622枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 285.29(前日比:+1.55)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・市場内部要因分析
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/37868

・中央銀行の政策と金価格
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/37864

・減産監視委員会が、総会並みの組織に!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/37856

<参考ニュース>
・NY商品 原油が小反落 一時4カ月ぶり高値も利益確定売りに押される(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q9A320C1000000/

・パラジウム国際価格、高値更新 東商取は上場来高値(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42663660Z10C19A3QM8000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿