◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0709 2019/4/12)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「夜遅く食べると太る」「朝食を食べないと太る」「糖質は太る」「ダイエットには有酸素運動が有効」などなど…ダイエットの常識とされてきたこれらのことが、全てダイエットの迷信って言われたらどうします?・・・・ショックですよね。
ぎゅるぎゅる鳴るお腹をごまかして必死に眠ろうとした夜や、食欲がまるでないのに朝食を抜くと太るから…と無理やりお腹に詰め込んだり、糖質は我慢…と大好きなご飯やラーメンを遠ざけた日々…あれは一体何だったのか。
実は、これまでのダイエットの常識をバッサリと切る『体重と体型が思い通りになる魔法の食事&トレーニング ついったーでもいっしょにとれーにんぐ』というダイエット本が4月15日に発売されるそうです。https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_1619002/
もともとはツイッターで、メタボなオタク男性をターゲットに、萌え系キャラクターを使って筋トレ&食事法を連載していたものなんだそうです。筆者自身もそもそもアキバ系ということで、関心あることには際限なく情熱を注ぐオタクの特性を生かして海外の学術論文や実験研究を徹底リサーチし、実証に裏付けられたメソッドを紹介し、フォロワーから「マジで効く!」と絶大な支持を得たんだとか。
当初はオタク男性が対象でしたが、今ではフォロワーの7割が女性の人気ダイエットアカウントになっているのだそうです。8万フォロアーが実践し、成功者が続出。
それを今回、本として出版することになったんですって。
ダイエット法…何が本当なのか分からないのですが、「本当は深夜に食べても太らない」「実は炭水化物って太りにくい」「有酸素運動は不要」そんなこと言われたらやっぱり気になりますよね。
はい。ポチってしまいました。もし、効果がでたらここで発表させて頂きます。どうぞご期待ください。
さて、本日のTOCOMマーケット、世界景気減速懸念を円安がサポートして原油は小幅ながら続伸しました。金はドル高によるNY相場安を円安でサポートしきれず反落。白金・パラジウムも反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEI アナウンサー)

前回の放送から
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター:林 知久さん(投資日報社)
「水星逆行期は、「一本調子」「ジグザグ乱高下」「中間点付近で反転」の3パターンに大別されますが、今回の水星逆行は「一本調子」パターン。
逆行は3月28日に終了しますが、金は3月25日、銀は3月21日に月間高値を記録しています。そしてここでも「異市場間弱気ダイバージェンス」が発生し、相場は4月4日まで下落となりました。
しかし、この4月安値で今度は「異市場間強気ダイバージェンス」が発生し銀は14.86ドルを記録して3月7日の安値(14.985ドル)を割り込み、年初来安値を更新したのですが金は1,284.90ドルまでしか下がらず、年初来安値を更新していません。これは重要な買いシグナルなのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190411800004

来週の放送予定
4月15日(月)
「第3次電子マネー戦争の背景にあるものは?」
関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)

4月16日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第3回「メンタル管理」
小次郎講師

4月17日(水)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

4月18日(木)
「大坂堂島米市場を舞台とした江戸時代の市場経済の実態」
高槻泰郎さん(神戸大学経済経営研究所 准教授)

4月19日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190408/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/11/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /4/12
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
世界景気減速懸念で昨日のNY原油相場は反落しましたが、為替の円安にサポートされて、TCOOMドバイ原油市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後、更なる円の引緩みとNY相場の戻りを眺め、小幅ながら上げ幅を広げました。中心となる先限(2019年9月限)は、200円高の47,070円。その他限月は60円~220円高。

☆金、5日ぶり反落
対ユーロでのドル高で昨日のNY金相場が反落し、その流れを引き継いでTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の戻りや円の軟化を眺めて、やや下げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年2月限)は、23円安の4,638円。その他限月は、25円~17円安。ゴールドスポットは26円安の4,642円。金現物取引100gは、20円安の4,700円。

☆白金、反落
世界景気減退懸念で昨日のNY白金相場が下落し、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後は小幅もみ合いで取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は37円安の3,207円。その他限月は40円~19円安。プラチナスポットは14円安の3,200円。パラジウム、中心となる先限(2020年2月限)は46円安の4,674円。

☆ゴム、小動き
TOCOMゴム市場の日中取引、TSRは円安を好感し小確りと寄り付きプラス圏で小動きしました。RSSは上海相場安を受けて安寄りしましたが、その後、更なる円の軟化でプラス圏に浮上しました。中心となる先限、TSR(2019年10月限)は、50銭高の173円00銭。その他限月は、50銭安~変わらず。RSS(2019年9月限)は、40銭高の192円30銭。その他限月は40銭~2円40銭高。

☆とうもろこし、4日続落
米輸出売上高が市場予想を下回ったため昨日のシカゴとうもろこし相場は軟調でしたが、円安にサポートされ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後は、納会を控えたポジション調整でマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年3月限)は100円安の23,740円。その他限月は、550円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン +0.55%
2位 プラッツドバイ原油 +0.43%
3位 ゴム(TSR) +0.29%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.46%
2位 白金標準取引 -1.14%
3位 パラジウム -0.98%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,410枚
2位 白金標準取引 21,762枚
3位 プラッツドバイ原油 10,308枚

全商品合計取引高(先物) 76,142枚
〃 (オプション) 110枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 291.55(前日比:+0.08)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・海外原油の上昇基調に変化の兆し!?
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/38146

・“V字回復”を鮮明とする原油相場
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/38134

・ベネズエラがOPECを脱退する可能性はあるのか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38138
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 世界景気減速や原油供給増の懸念で(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S9A410C1000000/

・原油先物は上昇、OPEC減産や米の対イラン・ベネズエラ制裁で (REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/global-oil-idJPKCN1RO063

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿