◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0711 2019/4/16)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
4月から紫外線は夏モードになるんですってね。何でも、年間の70~80%の紫外線は、4月から9月に降り注ぐのだそうです。
https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html
今月に入って、テレビやラジオでも紫外線対策についての話題をよく採り上げていますが、確かに外を歩いていると陽射しが強くなったなと感じます。
女性はUVカットの化粧品や日傘などで対策できますけれど、男性は…特に男性用化粧品に抵抗のある中高年層ですと、日焼け止め乳液を使うなんて考えられないという方も多いようです。日傘男子も徐々に増えて来てはいますが、圧倒的に少ないですよね。
でも、紫外線は、シミやシワが出来るだけでなく、皮膚がんの原因にもなるのです。
https://www.doctors-organic.com/uvr/index.html
やはり、極力紫外線は避けた方が良さそう。実は、日焼け止め化粧品には抵抗のある男性にでも出来る紫外線対策があるんです。それは、舐めるタイプの新しいUV対策サプリ。
金沢の金箔屋(創業1899年・吉鷹金箔本舗)のまかない(作業場)から生まれた自然由来成分による和コスメ「まかないこすめ」から今月発売になったばかりの、その名も『お出かけ前になめる UV対策サプリ』 https://e-makanai.com/user_data/uvsupplement.php
水なしで手軽に摂取できるフィルムタイプのUVサプリで、8時間効力を発揮するので、まさにお出かけ前に一枚舐めるだけ。フィルムには抗酸化成分として有名な「クロセチン」が配合されているんです。「クロセチン」はくちなしから抽出された自然由来色素成分です。
これなら抵抗なく日焼け対策できますよね。
日焼け止めを塗るという方でも、実は日焼け対策は万全ではなくて、紫外線は目からも吸収されるんです。なので、外からと内側からの両方で日焼け対策をするのが理想なんですって。
老化の理由の80%は紫外線と言われています。できればいつまでも若々しくいたいですよね。
さて、本日のTOCOMマーケット、海外安と円の引き締まりで原油・金ともに続落でした。白金とパラジウムも軟調です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第3回「メンタル管理」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「第3次電子マネー戦争の背景にあるものは?」
コメンテーター:関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
「最近、「PayPay」「LINEPay」「Origami Pay」など、スマホ決済アプリが次々と登場しています。実は今「第3次電子マネー戦争」が始まっているのです。
そんな中、スマホ決済サービスの草分け「Square(スクエア)」が日本向けに新しい決済端末を投入すると発表しました。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190415180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【CX&FX】株式市場はリスクオン!
【金】中近東の金【白金】燃料電池車でプラチナは需要増!
【原油】2019年の原油は供給不足状態!
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190415/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /4/16
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、小幅続落
ロシアの増産観測で昨日のNY原油相場は反落しましたが、円安にサポートされ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小高く寄り付きました。しかしその後、NY相場の軟調を受けて水準を切り下げ、前日の終値近辺で推移しました。中心となる先限(2019年9月限)は、60円安の47,000円。その他限月は110円~30円安。

☆金、3日続落
朝方円安に振れていたことからTOCOM金市場の日中取引は小確り始まりましたが、その後円の引き締まりとNY金相場の軟調を受けて徐々に水準を切り下げ、マイナス圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、12円安の4,611円。その他限月は、17円~12円安。ゴールドスポットは13円安の4,619円。金現物取引100gは、10円安の4,680円。

☆白金、軟調
NY白金相場の軟化を受けてTOCOM白金市場の日中取引は小安く寄り付き、その後も決め手材料難から狭いレンジで推移しました。中心となる先限(2020年2月限)は変わらずの3,188円。その他限月は15円~1円安。プラチナスポットは9円安の3,176円。パラジウム、中心となる先限(2020年2月限)は6円安の4,668円。

☆ゴム、軟調
TOCOMゴム市場の日中取引は、TSRは高寄りしましたが、円の引き締まりと共にマイナス圏に沈みました。RSSは上海相場安を受けて安寄りし、その後も円高進行を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限、TSR(2019年10月限)は、40銭安の172円60銭。その他限月は、2円50銭安~10銭高。RSS(2019年9月限)は、1円70銭安の191円10銭。その他限月は2円10銭~1円00銭安。

☆とうもろこし、期先のみ反発
米中西部の降雨により作付けの遅れが見込まれ昨日のシカゴとうもろこし相場が小幅ながら上昇した流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。しかしその後はシカゴ相場の軟化と円相場の引き締まりを眺めて下げ幅を拡大。この日の安値圏に沈みました。期先のみ辛うじてプラス圏で取引を終えています。中心となる先限(2020年5月限)は24,030円。その他限月は、270円~40円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +0.56%
2位 とうもろこし +0.50%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -0.88%
2位 プラチナスポット -0.28%
3位 ゴールドスポット -0.28%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 20,684枚
2位 白金標準取引 13,145枚
3位 プラッツドバイ原油 7,491枚

全商品合計取引高(先物) 56,342枚
〃 (オプション) 110枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.71(前日比:-0.52)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・サウジ以外の減産に参加するOPEC10カ国の動向に注目
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38177

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 ロシアの増産観測が重荷 金反落(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A410C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿