◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0712 2019/4/17)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

本を読むのが好きで、文章を書くのが好きな人、ちょっと良い…いえ、ちょっとじゃなくて、結構良いお小遣い稼ぎをしてみませんか?
日本マクドナルドの創業者、藤田田氏の著作『ユダヤの商法』をご存知でしょうか。
あのソフトバンクの孫正義氏が高校生のときに藤田氏の本を読んで感動し、紹介もないまま藤田氏を訪ね面会を求めた…という有名なエピソードの‟本“というのが、この『ユダヤの商法』です。
中古本市場で高値取引されていたこともあり、先週末に新装版として復刊されたところ、amazon本総合ランキングで1位を獲得。また、同時発売となった藤田氏の著作、他5冊を含めた6冊すべてが「経営学」カテゴリでベスト10入りを果たしたそうです。http://www.kk-bestsellers.com/
それを記念して、KKベストセラーズでは「藤田氏の著作6点のいずれかを読んで、書評や要約を投稿またはツイートし、本の魅力を多くの方へ伝えていただいた方々に、総額100万円を贈呈」というキャンペーンを始めたんです。https://kkbestsellers.net/n/nd47a172fb1ce
対象書籍は、『ユダヤの商法』『勝てば官軍』『頭のいい奴のマネをしろ』『金持ちだけが持つ超発想』『ビジネス脳の作り方』『クレイジーな戦略論』
書評は「note」に投稿。対象書籍の内容を最もわかりやすく抽出し、表現した人をグランプリとし、1名に30万円が贈られます。
要約文はTwitterで。各書籍の内容を最も魅力的に要約したツイートをしてくれた人をグランプリとし6名に10万円を。推薦文もTwitterで、「藤田田を知りたくなる、読みたくなる…そんな気持ちにさせる藤田田推薦ツイート」をして、期間中に最も多くRTされた人1名に10万円が贈られるそうです!!
応募期間は6月16日(日)まで。詳しくはnote特設ページhttps://kkbestsellers.net/n/nd47a172fb1ceをご覧くださいね。結果も6月下旬頃に発表されるそうです。
さて、本日のTOCOMマーケット。原油は米国のガソリン在庫の減少観測が広まり需給が引き締まるとの期待から反発しました。ガソリンも上昇しています。ゴムもRSSは原油の上昇を受けて小幅ながら反発しました。金は日米株高で資金が流出しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
コメンテーター:芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第3回「メンタル管理」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190416180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190415/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /4/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反発
米ガソリン在庫に減少観測が広まり、昨日のNY原油が反発した流れを引き継ぎTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後は手掛かり材料を欠き、始値を挟んでの揉み合いとなりました。中心となる先限(2019年9月限)は、680円高の47,680円。その他限月は500円~800円高。

☆金、4日続落
株高で投資家のリスク選好姿勢が強まり、安全資産とされる金からは資金が流出。昨日のNY金相場が約3カ月半ぶりの安値を付けた地合いを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引も安寄りしました。しかしその後、NY相場の戻りを映し下げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年2月限)は、18円安の4,593円。その他限月は、23円~19円安。ゴールドスポットは20円安の4,599円。金現物取引100gは、30円安の4,650円。

☆白金、下落
NY白金相場安を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後はNYの戻りを眺めて下げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年2月限)は11円安の3,177円。その他限月は15円安~2円高。プラチナスポットは11円安の3,165円。パラジウム、中心となる先限(2020年2月限)は11円安の4,657円。

☆ゴム、小動き
TOCOMゴム市場の日中取引は、TSRは決め手材料を欠き、昨日の終値と同値で寄り付いた後もほぼ横這いで推移しました。一方、RSSは上海安を受けて安寄りしましたが、その後、中国のGDPが市場予想を上回ったことや、原油相場の上昇を眺めてプラス圏に浮上しました。中心となる先限、TSR(2019年10月限)は、40銭安の172円20銭。その他限月は、変わらず~20銭高。RSS(2019年9月限)は、40銭高の191円50銭。その他限月は3円40銭安~40銭高。

☆とうもろこし、軟調
昨日のシカゴとうもろこし相場が作付けの遅れへの懸念が薄れたことで下落し、その流れを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は、決め手材料に乏しく、始値付近で小幅もみ合いとなりました。中心となる先限(2020年5月限)は150円安の23,880円。その他限月は、470円~150円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.45%
2位 バージ灯油 +0.94%
3位 バージガソリン +0.91%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.62%
2位 ゴールドスポット -0.43%
3位 金 -0.39%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 39,103枚
2位 白金標準取引 15,219枚
3位 ゴールドスポット 7,803枚

全商品合計取引高(先物) 80,328枚
〃 (オプション) 150枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 292.53(前日比:+1.82)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・マクロ経済の動きと商品価格 3
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38193

・ロシア減産停止!? 改めて生産量を確認する
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38186
<参考ニュース>
・ガソリン店頭価格上昇、147.2円 9週連続(REUTERS)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43838690X10C19A4QM8000/

・原油先物は上昇、北海ブレント72ドル目前 供給逼迫懸念で(REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/global-oil-17-idJPKCN1RT05S

・NY商品、原油上昇 米ガソリン在庫に減少観測 金3カ月ぶり安値(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C19A4000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿