◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0713 2019/4/18)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

天丼・てんぷらのレストランチェーン「てんや」では、毎月18日は‟てん(10)や(8)の日”。普段690円の上天丼(並盛、味噌汁付き)が500円で食べられるんですね!
今日、お店の前を通って初めて知りました!もう何年も前からやっていたみたいなのに知らなかったんです。勿体ない。夕ご飯まだの方、行ってみてはいかがでしょう?
こうした外食店で〇〇の日って、他にもあるんだろうな…と思い探してみました。
(サービス券が貰えるとか、スタンプが何倍というサービスは除きます…!)
「銀座コージーコーナー」では毎月18・19・20日、つまり今日から3日間、看板商品のジャンボシュークリームが10%オフです。その他にも毎月4日はシフォンの日で、シフォンケーキが10%oオフ。22日がショートケーキの日(カレンダーを見ると22日の上には必ず15(イチゴ)日が乗っているから)で、イチゴのショートケーキが10%オフ。
同じ理由で、「ローソン」では毎月22日だけプレミアムロールケーキにいちごが入っていることに気付いていましたでしょうか?価格は150円(税込)のままです。
まだありますよ。「ステーキけん」では毎月19日に月替わりメニューが約30%オフ。ちなみに明日は「チーズinハンバーグ」が、普段1,250円が1,060円(税別)で食べられるそうです。
「フレッシュネスバーガー」は毎月20日を‟フレ“の日として、店舗ごとにサービスは違うのですが、例えば、テリヤキバーガー360円を200円で販売する…などのサービスをしているそうです。
「ケンタッキーフライドキチン」は、毎月28日を‟にわとりの日”として通常1,450円のチキン4ピース+クリスピー3つのセットを1,000円で提供しています。
「丸亀製麺」では毎月1日、看板メニューの釜揚げうどん(並)290円が半額以下の140円で食べられるそうです。
○○の日、けっこうあります。是非、今日のコラムをプリントアウトして手帳に挟んで持ち歩いて下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、パラジウムがこのところの安値の反動で急騰。一方、ゴムが海外安と原油安を受けて急落しました。原油は協調減産の継続にロシアが難色を示していることから小幅反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組「大坂堂島米市場を舞台とした江戸時代の市場経済の実態」
コメンテーター:高槻泰郎さん(神戸大学経済経営研究所 准教授)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
コメンテーター:芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員)
「OPECとロシアなど非OPEC産油国による協調減産が継続される中、米政府はイランやベネズエラに対する制裁を強化する構えをみせており、原油供給の抑制が続いていることが原油の下支え要因。需要も中国のPMIや米国の雇用統計など米中の景気指標が好転したことを受け、原油需要の鈍化観測は和らいできています。
リビア内戦の再激化という地政学リスク要因も加わりしばらく原油は底堅く推移しそうですが、今後のOPECプラスの協調減産の行方には注意が必要です。ロシアが、協調減産から撤退する可能性を示唆しているほか、IMFが経済見通しを下方修正したように世界景気の先行きにはやや懸念が残っています。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190417180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190415/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /4/18
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
協調減産の期限延長に、ロシアが反対していることなどから昨日のNY原油相場が下落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、下げ幅を縮小する場面もありましたが、NY相場の軟調や円相場の上昇を受けて大引けにかけて水準を切り下げました。中心となる先限(2019年9月限)は、430円安の47,250円。その他限月は440円~120円安。

☆金、5日続落
中国景気の底入れ期待が広がったことから安全資産の金からは投資資金が流出。昨日のNY金相場は続落しました。その流れを引き継いで、TOCOM金市場の日中取引は安寄りし、その後もNY金の軟化と円の引き締まりを眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2020年2月限)は、27円安の4,566円。その他限月は、28円~20円安。ゴールドスポットは27円安の4,572円。金現物取引100gは、10円安の4,640円。

☆白金 小動き、パラジウム 急騰
昨日のNY白金相場が反発した流れを引き継いで、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、NY相場の下落を眺めて水準を切り下げ、かろうじてプラス圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は1円高の3,178円。その他限月は5円安~10円高。プラチナスポットは13円高の3,178円。パラジウムは急騰しました。中心となる先限(2020年2月限)は111円高の4,768円。

☆ゴム、急落
海外ゴム相場安を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後も、原油相場の下落や円高を眺めて下げ幅を拡大し、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年10月限)は、3円70銭安の168円50銭。その他限月は、7円70銭~2円70銭安。RSS(2019年9月限)は、4円40銭安の187円10銭。その他限月は4円20銭安~90銭高。

☆とうもろこし、小幅続落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小反発して始まりましたが、寄り後は、円の引き締まりやシカゴの軟化を眺めてマイナス圏に沈み軟調に推移しました。中心となる先限(2020年5月限)は20円安の23,860円。その他限月は、180円~10円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +2.38%
2位 中京ガソリン +1.35%
3位 プラチナスポット +0.41%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -2.30%
2位 ゴム(TSR) -2.15%
3位 プラッツドバイ原油 -0.90%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 26,482枚
2位 白金標準取引 11,399枚
3位 ゴールドスポット 7,767枚

全商品合計取引高(先物) 64,837枚
〃 (オプション) 135枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.46(前日比:-2.07)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米シェール主要地区の原油生産量の増加傾向が続いているが・・・
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38206

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 利益確定売り優勢、米在庫減は支え(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A410C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿